飲食店開業で1,600万円の融資を成功させた体験事例

【飲食店開業融資】世田谷区で開業、1,600万円借りた事例 起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
日本政策金融公庫からの融資に成功した飲食店の事例をご紹介

日本政策金融公庫から高額融資を受けることに成功したOさんの事例

飲食店を開業される際に、1,000万円以上借入できるケースはあまりありませんが、今回は、1,600万円という高額の融資を開業時に成功したOさんの事例をご紹介していきます。

1,600万円の融資を日本政策金融公庫から受けることに成功したOさんの事例

代表者様が貯めたお金は、650万円でした。

高額の融資を成功させるためには、やはり自己資金が非常に大切です。

初めて飲食店を開業される方で、1,000万円以上借りられるケースは少ないですが、Oさんは、3年前から少しずつ貯金していた点と、Oさんの経験値が素晴らしかった点と、事業計画がよかった点を評価されて1,600万円の融資に成功しました。

 

Oさんが日本政策金融公庫からの高額融資に成功した理由

Oさんが日本政策金融公庫から1,600万円という高額融資に成功した理由は、計画的にお金を貯めてきた点と、過去の経験を活かし、店舗コンセプトやメニュー案を準備していた点、事業計画書の作成を資金調達の専門家に依頼し、完成度の高いものを提出したためでしょう。

 

評価ポイント1 評価される貯金とは?

創業融資では、自己資金が多ければ、融資成功確率もあがり、借りられる金額も上がりやすいです。

また、自己資金が多いだけでなく、いつから貯めたかも評価のポイントになります。

Oさんの場合には、3年前から、計画的に貯金していたことが評価され、高額融資に成功しました。

計画性が高い方は、倒産しにくいといわれているため、3年間計画的に貯金していると非常に評価が高いです。

 

評価ポイント2 過去の経験

Oさんは、20年以上、飲食店で修行してから独立しました。

この20年以上の飲食店経験の中で、高級料理店や、カジュアルなイタリアンなど、5か所で経験してから、独立しました。

独立するために必要な能力を、過去の勤務経験で身に着けたことをプレゼンしたことが、評価され、高額融資に成功しました。

 

評価ポイント3 事業計画書の作成を専門家に依頼

創業融資を日本政策金融公庫から借りる場合、専門家(認定支援機関)に依頼しなければ、支店決裁権が1,000万円なので、1,000万円超の融資はかなり厳しくなります。

もちろん、本店決済になって、融資に通過する方もいますが、支店で決済できないと、本店でさらに厳しくチェックされますので、融資が受かりにくくなります。

つまり、実質専門家に依頼せずに、創業融資を受ける場合には、1,000万円が上限となります。

しかし、専門家(認定支援機関)を経由して、中小企業経営力強化資金という制度を利用して、融資を受けた場合には、支店決裁権が2,000万円までひろがります。

よって、Oさんの事例では、認定支援機関を経由して融資を申し込んだため、1,000万円を超えて融資を受けることに成功しました。

 

飲食店を開業するために一般的に必要になる金額の例

≪設備資金≫

・内外装工事費用

※1坪30万円程度

※30万円以上投資する場合には、どんなお店にするかのコンセプトを伝えられるようにしておかなければ厳しいでしょう。

 

・厨房機器 

※居抜き物件か、何を購入するかで大きな差がでます。

※思ったよりも借入額が少なくなった場合には、リースで契約できる会社を選ぶという選択肢もあるでしょう。

 

・店舗の保証金

※場所によって、3か月~12か月と変動します。

※東京の一等地や、新しい物件では、12か月取られることが多いです。

 

≪運転資金≫

月商の3か月分程度

※毎月の売上が100万円と考えている方は、300万円程度が運転資金として必要となります。

 

設備投資額が多い場合には、開業時でも高額の融資を受けやすい!?

Oさんは、

保証金 330万円

内外装工事費 972万円

厨房機器 300万円

 

設備投資だけで、合計1,602万円が必要でした。

設備投資に投資することが明らかな場合には、使い道が明確ということで、高額な融資を受けやすいです。

運転資金だけで、高額の融資は受けにくいということを覚えておきましょう。

 

融資の専門家からのアドバイス!飲食店は融資を受けやすい?

日本政策金融公庫は、以前から多くのデータがあるビジネスに対する融資が比較的通りやすいです。

飲食店や美容室など、昔から多くのお店があり、かつ、わかりやすいビジネスモデルなので、融資を受けやすいことが多いです。

自己資金が計画的に貯められていて、過去の経験も豊富であれば、多くの方が融資を受けられるでしょう。

 

まとめ

開業時に1,000万円を超える融資は簡単ではありません。

しかし、①自己資金+②過去の経験+③プロに依頼する

という3つでプラスの評価を受けることができれば、1,000万円を超える融資が成功することもあります。

高額融資を成功させたい場合には、事前の準備が大事になるということを覚えておきましょう。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。