飲食店業界居酒屋の開業で500万円の融資に成功した体験事例

【起業前の融資】飲食店(居酒屋)の創業融資で500万円借りることができた事例 起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
日本政策金融公庫 居酒屋

日本政策金融公庫から500万円の資金調達!

横浜市で居酒屋を開業したいと考えたTさんが、500万円の融資を受けることができた事例をご紹介します。

自己資金を150万円程貯めていらっしゃったTさんでしたが、相談をいただいた当初事業計画はかなりざっくりとした内容でした。居酒屋をやりたいということで、2年程店舗を探していて、ようやく目ぼしい物件が見つかったという状況でした。内装の見積もりは依頼されていましたが、実際にどういうお店にするのか(お店のコンセプトや強み、メニュー、仕入先など)はあまり決まっていませんでした。

おそらくこの状況で日本政策金融公庫へ行っていたら、事業計画の部分で指摘を受けて、減額されるか、もしくは融資自体を受けられなかった可能性があります。

しかし、今回専門家に依頼したことで、ご希望額での融資に成功しました。これから飲食店を創業される予定の方は参考にしてみてください。

 

融資に成功した要因①専門家と事業計画を立てた 

Tさんはもともと飲食店を開業したいという思いはありましたが、具体的なイメージができていなかったため、今までの飲食店での経験を聞きながら、どういったお店にしたいのかを専門家と一緒に落とし込んでいきました。 

Tさんはパートととして10年以上の飲食店での経験がありましたが、店長としての経験はなく、店舗経営は初心者でした。

(※社員だけでなく、アルバイト・パートとしての経験も評価されます。)

 

そのため、今までの経験と専門家に相談するだけでなく、知人の飲食店の店長にも協力をしていただいて、平均単価やメニュー、仕入先などを決めていきました。またTさんには開業予定地周辺の飲食店や人口統計を調べていただき、メニューや来店客数の参考にしました。

専門家と一緒に作成した事業計画を基に日本政策金融公庫の面談に望み、担当者へ説明しました。根拠があって、かつ具体的な数字で事業計画を作成したため、担当者にも理解してもらい、結果としてTさんはご希望通り500万の融資に成功しました。

なるべく詳細に、具体的に、また根拠のある事業計画を立てることで日本政策金融公庫の担当者には理解してもらえます。そのため飲食店の場合、メニュー、お店のコンセプトはもちろん、周辺の飲食店の状況、顧客ターゲット、仕入先を明確にしておきましょう。

 

融資に成功した要因②ご家族が協力的だった

Tさんご家族が非常に協力的であったことも融資に成功した要因の1つであると言えます。まずご主人ですが、ご主人名義の通帳、源泉徴収票、ご主人名義の生命保険(積立型で解約返戻金があるもの)を準備していただき、Tさんの創業に対して理解した上で、協力的でした。また娘さんと息子さんもいらっしゃり、2人とも学生であったため、空いた時間にお店を手伝ってくれる予定ということでした。

今回ご家族から資金の援助だけでなく、お店の手伝いもしてくれるということで日本政策金融公庫の担当者にはプラスで評価してもらいました。ご家族・親族の協力を得られることで審査が有利に働く場合があります。しかし、あくまでプラス要因ですので、ご注意ください。

 

まとめ

着実に自己資金を貯めていたことは日本政策金融公庫の担当者に評価されます。しかし、自己資金があるだけでは融資を受けることができず、しっかりとした事業計画を立てる必要があります。

創業が初めてでどのように事業計画を立てて、資料を作成すればいいかを不安に思っている方は多いと思いますが、一度専門家に相談されてみるのがいいと思います。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。