【EC物販・事業安定化のための融資】副業でパソコンのパーツ販売 融資希望額300万円融資成功!

【EC物販・事業安定化のための融資】副業でパソコンのパーツ販売 融資希望額300万円融資成功! 起業後の資金調達 – ECサイト・ネットショップ
日本政策金融公庫から副業のための資金として300万円の調達に成功した事例

日本政策金融公庫から300万円の資金調達!

副業でも融資は受けられる!
最近は会社にお勤めになりながらご自身で事業を始められる方も多くいらっしゃいます。特にネット物販での融資のご相談も多い状況です。ご相談の内容としては「取引量を増やしていきたい。商品仕入れの為に余剰で資金を持っていたい。」等の資金需要で融資についてのご相談を頂くことがあります。
今回、ご相談されたIさんも同じような悩みを持っておられました。
夏のボーナス前にまとまった数の商品を仕入れ、売りやすい時期に販売しきることで大きな売上を作る機を逃したくないとのご相談でした。
しかし、Iさんはこの事業を副業で行っていた為に日本政策金融公庫から副業でも融資してもらえるのか、自身のこれまでの経歴と他の金融機関からの借入、事業を開始してからの事業成績でどのくらいの融資をしてもらえるのか不明点や不安をお持ちでした。
しかし、融資希望額300万円の融資を成功させることが出来ました。
どの様にして融資を成功させることが出来たのかご紹介いたします。
 

1.副業の融資は「社内規則」と「本気度」がポイント

 

Iさんは会社にお勤めになりながら、副業としてインターネットを通じてパソコンのパーツの販売する事業を行っていました。

日本政策金融公庫の面談担当者が“副業“での融資を審査するときに、必ず確認することがお勤めの会社の社内規則に”「副業可の記載」もしくは「副業に関する記載なし」”であることが条件としてあります。

今回は、社内規則に記載なしであったため副業に関する審査についてのクリアできました。

 

(1)副業における懸念点

日本政策金融公庫で融資を受ける際に、副業での融資は審査が厳しくなる場合があります。

副業と本業を比較した場合、どうしても副業は“片手間”で行っていると思われてしまうところがあります。

その結果、経営者の熱意と計画性を正確に理解されない場合があります。

 

(2)副業からスタートして最終的には本業にするケースは評価が高くなる?

本業として事業の融資を受ける際にも、「過去の経験」は重要なポイントとなります。

未経験の分野で起業を検討されている方が、経験を積む方法のひとつとして副業を始め、

事業拡大のタイミングで融資を受けるという場合には、副業で積んできた実績を経験として評価してもらうことが出来ます。

 

この場合には、副業をスタートする段階での融資は「未経験分野」ということで難しくなる可能性がありますが、副業で始める事業と同業種での経験がある場合には、経験を上手にアピールすることで融資成功の可能性が高まります。

これから未経験の新たな事業を始めたいとお考えで、創業のための資金の融資を検討しているという方は、まずは自己資金で副業をスタートして事業の実績を作るという方法も経験を積むひとつのやり方として覚えておいてください。

弊社にご相談を頂く方の中にも、実績と経験を積むために副業として半年~1年間の実績を作った後に融資の相談をされる方もいらっしゃいます。

 

2.「通帳の動き」から様々な情報が見られています!

 

今回、もっともイレギュラーであった出来事は離婚歴についての質問があったことです。

離婚歴を聞かれた背景には、Iさんの通帳のお金の動きがありました。

日本政策金融公庫の面談担当者は、通帳の動きをよく調べています。

今回のIさんの通帳では、毎月、一定の金額が特定の個人に振り込まれていました。

それなりの金額が毎月、特定の個人に振り込まれているということから、「振り込んでいる資金はどのような資金なのか」ということを確認するために、面談時に離婚歴についての質問をされたという訳です。

結果として、Iさんは通帳のお金の動きは離婚による養育費の支払いであることを面談時に説明することになりました。

この質問は、決して離婚がダメということではありません。

 

日本政策金融公庫の担当者は、経営者が月々に支払っている金額はどれくらいかなど、

お金の動きを確認するための質問です。日本政策金融公庫は金融機関ですから、お金を貸すことが仕事です。

しかし、貸したお金は返してもらう必要があります。

 

経営者が月々に支払っている金額が、経営者の収入と比較してあまりにも多い場合には、

返済が滞る可能性があります。そのため、通帳のお金の動きは重要な審査ポイントとなります。

今回のIさんは、きちんと事情を説明することができ、返済能力もしっかりあると判断されたため、融資審査に影響することはありませんでした。

 

(1)通帳=自己資金「見せ金」は通用しない!

通帳は、自己資金の判断としても重要な役割をしています。

自己資金の詳細については、今回の記事では割愛させていただきますが、日本政策金融公庫の融資面談では、直近半年分の通帳を提示する必要があります。

もちろん、面談直前にきちんと記帳した通帳が必要です。

この際、面談直前に大きな金額の入金があるなどの記録が記載されると、そのお金は「見せ金ではないの?」と思われてしまう可能性があります。

 

もし、ご家族などに資金の支援をしてもらう場合には、資金援助についてきちんと説明できるようにしておく必要があります。

(場合によっては、振り込まれた方の通帳の提示も必要となることがあります。)

 

(2)他の金融機関からの借入状況も融資審査には大きく影響します!

他の金融機関から借入があるかどうかも融資審査には重要な審査ポイントです。

主に金融機関からの借入額と月々の返済額、返済状況について確認されます。

その理由は、2.でも記載した通り、日本政策金融公庫から融資を実行した後に日本政策金融公庫からの借入返済額と他の金融機関からの借入金のどちらも返済可能であるかを判断しなければならないためです。

 

面談担当者は、日本政策金融公庫から融資した資金が、本当に事業の為だけに使われるかどうかを審査しなければなりません。(借換目的では借りることは出来ません。)

その為にも、他の金融機関と日本政策金融公庫からの借入金返済額とその他支払われるべき月々のお金の合計が、事業の売上と勘案し、経営者が十分に生活できるだけの利益が残るかどうか、バランスが取れているか等の返済能力を審査する重要なポイントです。

 

3.個人事業主としての事業実績も審査のポイントになる

 

昨年(2017年度)から個人事業主として事業を展開されておられた為、昨年の1月から12月にかけての売上を確認されます。

今後の業績が上向きになるとプレゼンが出来ました。日本政策金融公庫の審査では、過去の売上が徐々に上がっている状況は、今後の事業成績を図る上でプラスとして判断してもらえます。

また、融資を申し込んだ時点が2期目の半年を経過していた為、1月から6月までの試算表の提出を求められます。

1月~6月の売上も安定した売上を確保できていたことも評価としてはプラスとして働きました。

 

4.経営者としての返済能力が審査通過のカギになった!

 

Iさんのお勤め先の収入と副業での利益で十分な収入があった為、経営者としての返済能力があると判断してもらえました。

認定支援機関の融資アドバイザーに相談しながら今後の事業計画を策定に際して、業績が向上していく根拠を示す資料として取り扱う商品や売れ行き等の具体的な数字を揃えて必要な資料作成致しました。

その結果、融資審査を通過することができ、300万円の融資を成功させることができました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のIさんのケースではご自身の過去のご状況も踏まえて十分な返済能力を示すための資料と説明を準備できたことが融資を成功させるためのポイントでした。

日本政策金融公庫の融資を受けるに際して、ご不明点やご不安点がある方は必要な準備や説明について、認定支援機関の専門家に相談しながら進めてみてはいかがでしょうか。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。