EC事業者様が広告費の分割・後払いサービス「AD YELL」を利用して、事業の運転資金を圧迫せず200万円分の広告予算を確保した事例

~2~3倍の広告投資へ向けて~EC事業者様が広告費の分割・後払いサービス「AD YELL」を利用して、事業の運転資金を圧迫せず200万円分の広告予算を確保した事例 更新日:2022.12.02 公開日:2022.11.24起業後の資金調達 – ECサイト・ネットショップ
タグ

ECサイトを運営していくなかで、広告の成果が好調であるため出稿を増やしたいけれども、予算が足らずキャッシュフローを考えると踏み込めない、または使用用途から融資による資金調達が難しく断念されるケースもあると思います。

広告予算の確保に関するサービスとして、株式会社バンカブルの提供するサービス「AD YELL(アドエール)」があります。AD YELLは広告費を最大4回に分割・後払いが出来るサービスであり、実際に導入して成果を出したEC事業者様が多数存在しています。

今回は、AD YELLを提供する株式会社バンカブルの遠藤さんをお招きし、とあるECサイトを営むA社が事業の運転資金を圧迫させることなく広告予算200万円を確保した事例を紹介していきます。

AD YELL導入前のA社の状況

A社は、昨年創業した単品食品の通信販売をメインに行っている会社です。40代から60代のダイエットや健康に興味を持つ女性をメインターゲットに、ナチュラルフーズ食品を販売しています。

A社はAD YELLを利用する前から試験的に広告出稿を行っていました。SNS上で活躍しているインフルエンサーに、主に自社製品のサンプルを提供し、レビューやコメントをしてもらうという手法で一定の集客と継続率を維持していました。

そこで、今年から広告代理店を介し、本格的に広告出稿を始めました。とくに既存の「SNS」での施策に加えて「アフィリエイト」「LINE」といった手法・媒体を活用して、さらなる集客を目的に据えました。

A社は、当初広告予算を確保するために、銀行融資やファクタリングの利用も検討していましたが、借入額や与信、手数料、資金調達の問題で資金調達に踏み込めずにいました。そのため、借入額の負担を増やさずに、早期に手間なく広告費のサポート受けられるサービスを探していました。

A社がAD YELLを知ったきっかけ

A社がAD YELLを知ったきっかけは、代理店向けサービスであるAD YELL PROを利用していた広告代理店からの紹介でした。広告代理店とやり取りをするなかで、AD YELLを紹介されたのです。

A社はそれまで、株式や借入などによる資金調達の方法を検討していました。検討当時、AD YELLのような広告費の分割・後払いサービスは他になく、事業運転資金の逼迫リスクを低減させつつ、広告投資に力を入れたいと考えていたA社の意向と、AD YELLがぴったりマッチしていたため、利用が決まりました。

AD YELLを利用して200万円分の広告予算の確保に成功した

A社の場合、AD YELLを利用することで当初の希望金額だった200万円分の広告予算を確保することに成功しました。AD YELLでは、サービスを開始する前に独自の収支シミュレーションを行うことで、安定して資金繰りを回せる広告投資金額のアドバイスを行っています。

AD YELLでは、主に「企業情報」「財務情報」「広告や購買実績」等の項目を基に、Web上で完結する審査を行っています。

一定の条件を満たすと、A社のように希望額の予算を確保することができます。一定条件に届かなかった場合でも、広告予算の減額を再考いただくことで資金を確保できる可能性があります。

サービス開始までの流れ

AD YELLを利用するまでの流れはすべてWeb上で完結することができます。用意しなければならない書類も少ないため、最短3営業日で審査結果を受けることが可能になります。

【サービス開始までの流れ】

  • Webサイト上で審査フォームの入力
  • フォーム入力完了時点で審査開始
  • 審査通過通知が届く

AD YELLの利用申請に当たって、原則決算書や財務諸表の準備は必要ありません。審査の内容にもよりますが、担当者との面談も発生しないため、申請から利用開始まですべてオンラインで行うことが可能です。

審査結果は、最短3営業日で通知されます。フォームに入力された内容に不備や審査内容により直接のやり取りが必要な場合は、サービス開始までの日数が伸びる場合があります。

なお、AD YELLの利用開始に際しては、銀行口座の連携と本人確認のためにMoneyTreeとeKYCへの登録が必要になります。とくにeKYCへの登録では、マイナンバーカードもしくは運転免許証と履歴事項全部証明書が必要になるので、予め準備をしておくとスムーズにAD YELLを利用できます。

AD YELLを導入後、広告出稿を増やし新規顧客集客

A社は当初から広告出稿額を増やし、現在総額で1,000万円の広告投資を行い、そのうちの200万円をAD YELLを使って調達しています。AD YELLでは月額200万円の費用を4分割して後払いできるため、資金繰りを安定させながら広告投資が可能になっています。

【AD YELLで月額200万円→400万円の資金調達をする場合の手数料】

 

たとえば、200万円の4分割払いであれば、手数料含めて月515,000万円/回の支払いで広告投資を行うことができます。費用を一括で支払う通常の広告投資とは異なり、売上を立てながら、広告投資費用を支払っていく事が可能です。

また、A社の場合は広告投資を行った結果、新規顧客の集客につなげることができており、さらに分割にする事でフリーキャッシュを生み、今後は現在の2、3倍の費用の広告投資を視野に入れています。集客への投資費用と会社の利益が適正であれば、さらに広告投資を行うこともできます。

AD YELLの特徴

AD YELLは、ECサイトの事業者様が広告投資を行う際の資金調達手段の1つです。A社のように、使用用途により銀行の融資が受けにくかったり、ファクタリングは金利が懸念だと感じている方に利用していただきやすいサービスです。

また、AD YELLを利用して広告投資で事業成長の実績を上げられれば、金融機関から融資を受けられる可能性も上がります。融資で得た資金を基に仕入れや採用強化などを行い、事業を成長させながら、AD YELLを活用することでさらに広告投資を行うことも可能です。

加えて、AD YELLは融資ではなく立替という形を取っているため、現状カードローンやキャッシングのように信用情報に影響が出ません。そのため、AD YELLを利用した後で金融機関に融資を申し込んでも、与信が原因で審査に通りにくくなることはないでしょう。

AD YELLを利用すると、資金繰りを安定させながら広告投資を行うことが可能になります。

突発的な広告集客時に対応可能で、事業成長のスピードを上げるための新しい資金調達手段として、早期に・簡単に広告費確保できるADYELLがEC成長企業のスタンダードになってくるのかもしれません。

ECサイトを運営している成長企業の事業者様は、AD YELLの利用を検討いただけますと幸いです。

-----------------------------------------

■サポート手数料について
●付帯サービスであるクレジットカードまたは請求書払による広告額100に対し3.0(税込、広告額の分割払金とあわせて4分割または一括でのお支払い)
※ECカートシステム等とデータ連携を行う場合は、別途ストアのシステムを提供しているパートナー企業等に対し、データ連携費用が掛かることがございます

■ 専用クレジットカードについて
●月末締め、翌月より各27日口座振替(金融機関休業日は翌営業日)
●分割回数:4回(ショッピング分割手数料:なし)または一括 
●支払期間:4回払いの場合4か月、一括の場合1か月
●使途はご契約法人の事業用広告決済に限定させて頂きます。ADYELLをご契約中のみご利用可能です。 本クレジットは途中解約できません。 利用可能先媒体は、 Google(Youtube含)・Yahoo!・LINE ・Facebook(Instagram含)・Twitter・Tiktok・LinkedIn・CRITEO・INDEED・Apple Search Ads・Pinterestとなりますが、 いずれにおいても決済可能であることを保証するものではありません。
●主な分割返済の例 100万円を4回分割でご利用の場合は以下の通りです ※分割払手数料:0円 ※支払総額:1,000,000円(1,000,000円+0円) ※分割支払金:1,000,000円÷4=250,000円 (なお、分割支払金とあわせ、サポート手数料30,000円(税込)について、7,500円(税込)ずつ4回に分けてお支払い頂きます)
●その他詳細については弊社ドメイン(https://vankable.co.jp/)配下の規約およびサービスサイトをご参照ください


■立替払について
●広告月の月末締め翌月末に立替払、その翌月より各27日口座振替(金融機関休業日は翌営業日)
●分割回数:4回(ショッピング分割手数料:なし)または一括
●支払期間:4回払いの場合4か月、一括の場合1か月 (立替払日から起算)
●使途はご契約法人の事業用広告決済に限定させて頂きます。 ADYELL契約中のみご利用可能です。 原則として本クレジットの途中解約はできません。
●本立替払いの対象となる広告代理等契約がなくなった場合は、立替払の申込撤回されたものとみなします
●主な分割返済の例 100万円を4回分割でご利用の場合は以下の通りです ※分割払手数料:0円 ※支払総額:1,000,000円(1,000,000円+0円) ※分割支払金:1,000,000円÷4=250,000円 (なお、分割支払金とあわせ、サポート手数料30,000円(税込)について、7,500円(税込)ずつ4回に分けてお支払い頂きます)
●こちらは立替払の標準的な条件例です、その他詳細については弊社ドメイン(https://vankable.co.jp/)配下の規約およびサービスサイトをご参照ください

※上記全て、2022年8月時点の情報となります

 

-----------------------------------------

AD YELLの公式サイトはこちら

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
経営支援ガイド » https://inqup.com/