【日本政策金融公庫の融資】企業概要書の作成方法!-飲食店編⁻

【日本政策金融公庫の融資】企業概要書の作成方法!-飲食店編⁻ 起業後の資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
企業概要書 日本政策金融公庫

飲食店の企業概要書とは

事業資金として日本政策金融公庫からの融資を受ける場合、事業を開始して2年目以上の方は 「企業概要書」を作成して提出する必要があります。 飲食店経営をしている方が日本政策金融公庫から融資を受ける場合、 企業概要書には何を記載すれば良いのでしょうか? 書き方のコツはあるのでしょうか?

 

1.企業概要書をダウンロードしよう

 

まずは、日本政策金融公庫のHPから「企業概要書」をダウンロードしましょう。

Excelでダウンロードすることで、そのまま入力することができます。

企業概要書

日本政策金融公庫:各書式ダウンロード

 

2.飲食店の企業概要書!3つの記入ポイントとは

 

①【1.企業の沿革・経営者の略歴】

 

企業概要書は、1期目の決算が終了した企業が融資を受ける際に提出する書類です。

経営者個人の経歴の記入はもちろん、企業としての沿革の記入も必要です。

会社としての沿革からも、融資をして良い企業であるかどうかを判断されます。

飲食店を経営している場合、開業前にどのようなお店に勤務していたのか、現在のお店はオープンしてどれくらいなのか、などを記載します。

店長やマネージャーとして勤務していたことがある場合は、役職も記入するようにしましょう。

 

どのような働き方をしてきて、現在のお店はどのようなコンセプトなのか、経営者としてどのような人なのかを知るための項目です。

 

出来るだけ見やすく、簡潔に記入するようにしましょう。

 

②【5.取扱商品・サービス】

 

経営している会社が販売する商品やサービスについて記入します。

この項目は、大きく分けて5つの記入欄があります。

それぞれのポイントを抑えて記入するようにしましょう。

 企業概要書 飲食店⑧

 

◆取扱商品・サービスの内容

経営している飲食店で提供している商品やサービスの内容について記入します。

テイクアウトの取扱い・ランチ営業・ディナー営業・デリバリーなど、飲食店でも提供するサービスの形が異なります。

それぞれ、売上のうちどれくらいのシェアがあるのかを計算して記入しましょう。

 企業概要書 飲食店⑨

 

それぞれのサービスについての説明もできると尚良いですね。

 

◆セールスポイント

経営している飲食店で、何を売りにしていますか?

・経営している地域ではあまり食べることができない食材を使用している

・独自の調理法を考え出した

・特許を持っている

などのセールスポイントを簡潔に記入します。

日本政策金融公庫の融資担当者に、伝わりやすい書き方を意識しましょう。

 

◆販売ターゲット・販売戦略

経営しているお店はどの客層をターゲットにしているのかを記入します。

ターゲット層と、その理由を簡潔に記載しましょう。

企業概要書 飲食店⑩

また、ターゲットとなる客層を呼び込むための販売戦略も簡潔に記載します。

 

◆競合・市場など企業を取りまく状況

今後の見通しや、周辺の飲食店についての記載をしましょう。

近くに同じ業態の飲食店が開業予定の場合は、顧客を奪われてしまうかもしれませんし、

大きな商業施設が完成する予定の場合は、人通りが増えて集客力がUPするかもしれません。

 

◆悩みや苦労している点・アドバイス等

飲食店経営をする上で苦労している点を記載しましょう。

ランチの売上が伸び悩んでいる、アルバイトを雇用したいが、雇用するためのお金がないなど、飲食店ならではの悩みがあるはずです。

 

それぞれの項目について丁寧かつ簡潔に記載するようにします。

記入欄はあまり余裕がなく、沢山の内容は入れることができません。

記載する前に、項目ごとにいくつか記入したい内容を書き出して、枠内に収まるようにまとめておくと良いでしょう。

 

③【6.取引先・取引関係等】

 

企業概要書 飲食店⑪

現在利用している仕入先や販売先について記入します。

飲食店の場合、販売先の殆どが【一般個人】になるでしょう。

一般個人以外には、企業にお弁当を販売する契約をしている場合なども考えられます。

 

その他に仕入先の企業に関しての記入も必要です。

主に利用している企業名と取引内容について簡潔に記載しましょう。

 

3.企業概要書は会社の名刺代わり!その他の準備も忘れずに

 企業概要書 飲食店⑫

企業概要書は1期目の決算を終了した企業が、日本政策金融公庫へ融資を申し込む場合に提出が必要な書類です。

経営している飲食店がどのような業態なのか、どれくらいの期間営業しているのか、

セールスポイントや特徴がどのようなものなのか、簡潔にまとめておきましょう。

 

しかし、日本政策金融公庫の融資では、様々な視点から審査が実施されます。

企業概要書を完璧に作成していても、自己資金が全くない場合や、税金の支払い遅延がある場合、

信用情報にキズがついている場合などには、融資を受けることが非常に難しいでしょう。

 

◆融資を成功させるために

開業後、1期目の決算を終えている場合、融資のための提出書類として【企業概要書】が必要です。

飲食店を経営している場合、今回ご紹介したポイントを抑えた企業概要書を作成するようにしましょう。

しかし、融資を成功させるためには、企業概要書のみでは不十分です。

自己資金を計画的に貯め、融資に必要な書類については漏れが無いように準備しておきましょう。

企業概要書 飲食店⑬

また、融資を申し込む方の金融情報もチェックされます。

これまで金融事故がある場合や、税金の未納がある場合などは融資を受けることが難しくなってしまいます。

CICやJICCのサイトを利用することで、自身の信用情報を確認することができるので、融資を受ける際は事前に信用情報を開示して確認しておくことをオススメします。

その他に、改装費や仕入などの費用が必要な場合は、見積書を準備しておきましょう。

 

【 信用情報が確認できるサイト 】

一般社団法人全国銀行協会「JBA」

指定信用情報機関「JICC」

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関「CIC」

 

◆認定支援機関に相談すると融資が受けやすい?

企業概要書 飲食店⑭

認定支援機関を通すことで、中小企業経営力強化資金を利用することができます。

中小企業経営力強化資金は、無担保無保証・低金利での資金調達が可能な融資制度です。

また、認定支援機関に融資を相談すると、融資審査に必要な事業計画や返済計画の作成サポートもしてくれるため安心して融資を申し込むことができるでしょう。

当サイトを運営している株式会社SoLaboも認定支援機関として、書類作成や面談同席などの融資サポートを行っています。 融資を検討している方はまずはお気軽にご相談ください。

SoLaboにメールで相談する

SoLaboに電話で相談する

まとめ

 

今回は、1期目の決算が終了している飲食店が日本政策金融公庫からの融資を受ける際に提出が必要な【企業概要書】の作成ポイントについてご紹介しました。

日本政策金融公庫のHPでダウンロードすることができる企業概要書は、記入する欄に限りがあります。

セールスポイントや販売戦略が枠内に入りきらない場合は、別の用紙を準備して記入し、添付してから提出するようにしましょう。

日本政策金融公庫の融資を申し込む場合、認定支援機関に相談することで、資料作成のお手伝いをしてくれたり、経営のためのアドバイスをしたりしてくれます。

これから融資を受けて資金調達をしようと考えている方は、一度お近くの認定支援機関に相談することをオススメします。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。