【創業後の融資】利益が出ていない会社で運転資金200万円の融資事例

【創業後の融資】利益が出ていない会社で運転資金200万円の融資事例 起業後の資金調達 – その他
日本政策金融公庫から200万円の資金調達を受けた事例

日本政策金融公庫から200万円の資金調達!

2期連続赤字で債務超過の会社が200万円の運転資金の融資に成功した事例をご紹介します。

  今回、200万円の融資を受けたIさんですが、日本政策金融公庫からの借入に加えて、他の銀行からも借入があり、手元資金もほとんどない状態でした。
そんな中で、通常よりも金額が大きな案件の引き合いがあり、受注に必要な運転資金を確保するためにどうしても融資を受けたいと思い、専門家に相談しました。

  今回のポイントは次の4点です。
・日本政策金融公庫の借入返済実績があった
・役員報酬をしっかりと取っていた
・収益を改善するための事業計画
・新規の取引先や受注などの見込があった
   

日本政策金融公庫の借入実績

 

Iさんの場合、日本政策金融公庫の借入返済実績がありました。

創業時の日本政策金融公庫からの創業融資を利用していて、遅れることなく支払い完済していました。

また、数年前に、再度、事業資金を日本政策金融公庫から借入して、返済中ではありましたが、毎月遅れることなく返済していました。

日本政策金融公庫や銀行では過去の取引実績は評価の対象となるため重要です。今回も、過去の借入返済実績があることは評価されました。

 

役員報酬をしっかりとっていた

 

会社の業績は2期連続赤字で、融資を受けるには厳しい状態でした。

日本政策金融公庫では、会社の業績も見られますが、同時に社長個人の生活が成り立っているかも審査の対象となります。

会社に返済する能力があって、社長個人も生活していくことができるかを見られます。Iさんの場合は役員報酬を出して、個人で生活していけるだけのお金は確保していました。

 

役員報酬をしっかり出していることが評価されるわけではありませんが、会社の業績がかろうじて黒字だったとしても、十分な役員報酬が出ていなければ融資が受けられる可能性は低くなります。

 

収益を改善するための事業計画

 

Iさんは、日本政策金融公庫以外の銀行からも借入をしていて、創業から年々借入金額が膨らんでいっている状況でした。

原因は、収益性の低さにありました。ですから、今回、借入が出来たとしても、今まで通りに経営を続けていけば、また借入をしなければならなくなる悪循環の状況でした。

Iさんは、専門家とのお打合せの中で収益性が低い原因を一緒に考えました。そのうえで、利益率を高めて収益を向上させる具体的な対策を検討して事業計画にまとめました。

具体的には、これまでは、決まった取引先だけに限られた工事内容だけを受注していましたが、今後は新たな取引先や新たな工事内容に手を広げていくという内容でした。

 

現状の確認と分析を行い、収益を改善するための具体的な施策を反映した事業計画にまとめたことは融資で評価されました。

 

まとめ

 

業績が振るわない会社では、融資を受けることは難しいでしょう。

それでも、資金調達をするためにどうすればいいかと悩む経営者は多いと思います。

そんな時に、専門家に相談することで、日本政策金融公庫からの融資の可能性を高めることができます。

また、お打合せを通じて、経営の改善につながるようなことに気づくこともあるかもしれません。

経営の改善が現実的なものであれば、経営をよくすることもできて、融資も受けることができるかもしれません。

 

業績不振で資金繰りで悩んでいる経営者の方は、専門家に相談して、状況を整理して確認することで、融資の可能性は全然違ってきます。

 

少しでも不安を感じている方は、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。