日本政策金融公庫で追加融資を受けるための条件!返済途中でも借入はできる?

日本政策金融公庫で追加融資を受けるための条件!返済途中でも借入はできる? 起業後の資金調達 – 日本政策金融公庫の融資
日本政策金融公庫 追加融資

絶対二度目の融資を受けた方がいい。

そう思うのに、融資に対して消極的な気持ちになる理由は、あなた今公庫で借り入れしたお金を返済中だからではないでしょうか?

日本政策金融公庫で既に借入がある場合は、完済するまで事業融資を受けることはできないのでしょうか?

 1.【結論】日本政策金融公庫での追加融資は可能

今現在、日本政策金融公庫や別のローンで借入をしていて返済中だとしても、事業融資を申し込むこと自体は可能です。日本政策金融公庫で追加融資を受ける場合、以下のようなパターンが連想できます。 

日本政策金融公庫で

追加融資を受ける場合の状況パターン

日本政策金融公庫での追加融資

現在、

日本政策金融公庫で教育ローンや普通貸付を返済中

可能

現在、

日本政策金融公庫で創業融資を受け借入を返済中

可能

現在、

他社のビジネスローンやリボ払いなどを返済中

可能

 いずれの場合も、日本政策金融公庫での追加融資は可能です。しかし、もちろん審査があります。そして、追加融資での審査は新規の時の審査とは少し状況が異なるのです。

 2.日本政策金融公庫で追加融資を受けるためのポイント

①公庫で教育ローンを返済中で追加融資を受けるには?

日本政策金融公庫では事業融資(ビジネス用のお金を貸してくれること)だけではなく、一般の方向けの融資や教育ローンも取り扱っています。教育ローンの場合、こども一人につき350万円までという原則がありますので、長男の分を返済中で新たに次男の教育費を借りたい、というのは全くアリなのです。

 教育ローンを返済中で事業融資を追加融資したい、という方も多数いらっしゃることでしょう。この場合については、教育ローンの残債が審査の評価の際に「借入」として記録されます。「教育ローンの審査に通ったから、事業融資も通るでしょ」という視点は少し甘いです。教育ローンの審査と事業融資の審査は、基準が根本的に違うのです。

 事業融資の融資はあなたの事業の売上だけでなく経費を差し引いた手残りと将来性などで審査されますが、その際に借入額が大きいと「利益が出ないよね」→「融資しても返済できないかもね」という目で見られ、融資は厳しくなることでしょう。

 事業融資の追加申込をする前に、できるだけ残債を少なくすること。また、返済はきちんと期日通りに行うのが大原則です。保険商品や証券などで現金化できるものがあればそれらをアピールすることが大切です。

 ②公庫で創業融資を返済中で追加融資を受けるには?

画像

創業融資の追加融資はタイミングが大切です。追加融資はできるだけ、以下のタイミングで行うのが望ましいでしょう。

 ・最低でも1期は終えていること

・追加融資前に残債を2~3割は返済済

・これまでに返済が遅延したことはない

 約束をきちんと守った返済をすることは事業所にとってマイナスではなく、むしろプラスイメージです。融資を受けることは悪いことではなく、きちんとした返済実績を作ることは「あの会社はきちんと返す会社」という高評価を形成します。

 また、事業融資を受ける上で「事業計画書」という書類を公庫に提出しますが、その際は「創業融資を受け起業し、順調に事業が伸びている」→「事業が好調なので追加融資が必要」というストーリーが手に取るようにわかる書類として仕上げましょう。

 ・決算書で利益が出ている

 そのため、追加融資を申請するベストタイミングとしての最後の条件は、決算書で利益が出ている直後となります。

 余談ですが、これまで期日に遅れそうな場合は期日を延長してもらう=リスケ(Re-Schedule)が業界的にまかり通っていましたが、これはできるだけ避けた方が無難です。

 ③他社のビジネスローンやリボ払いなどを返済中で追加融資を受けるには?

画像

教育ローンの場合と同様で、事業所の代表者の他社の借り入れは審査の上でマイナス評価となります。原則、融資は売り上げから経費を引いた手残りが赤字かどうかという決算書の額で審査をされますが、借入がある場合は手残りからさらに借り入れ分を差し引かれて審査されます。

 他社からリボ払いなどで借り入れをしていても、追加融資の審査に通る場合があります。それは、融資希望額と借入額のバランスを見ているからです。

・事業での利益がかなり出ている

・これまでの返済履歴でキズがない

・事業の将来性がある

・追加融資の希望額に対し、他社借入額の%が20%以下である

 毎月利益が500万円以上出ている会社の代表者の個人的なリボ払いの残債が50万円あったとしても、審査への悪影響は少ないことでしょう。しかし、毎月の利益が100万円なのにたいしてリボの残債が100万円あるのであれば、おそらく追加融資は厳しいことでしょう。

 まとめ

日本政策金融公庫で創業融資を受けた場合も、ベストなタイミングで臨めば追加融資の審査に通ることも十分可能です。その際は、できるだけ創業後3年以内に申し込むことをオススメします。

3年経過すると、一度目に融資を受けた際のデータが消去されてしまいゼロからのスタートとなるからです。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。