他社からの借入金ありで1000万円の融資に成功した体験事例

【事業拡大のための融資】既に他社からの借入があるが1000万円の融資に成功した建築業の事例 起業後の資金調達 – 不動産(販売・仲介・内外装・リフォーム)
事業拡大 日本政策金融公庫 融資

日本政策金融公庫から1,000万円の資金調達!

日本政策金融公庫からの融資を受ける場合、既に創業している場合には財務状況の確認があります。
今回は、他金融機関から既に6000万円の借入のあるYさんが日本政策金融公庫から1000万円の融資に成功した事例をご紹介させていただきます。

事業拡大・安定化のために融資を受けたいが、メインバンクでは現状追加融資は難しい場合や、
急な仕入れ、外注費が必要になった時のためにご参考までにお読みください。

日本政策金融公庫の融資の受けやすいタイミング 

基本的に日本政策金融公庫から融資を受ける場合、創業前、創業してすぐが融資を受けやすいタイミングです。

その際には、自己資金と過去の経験(職務経歴等)が重要視されます。

 

創業前、創業してすぐであれば、ある程度予想で売り上げなどをたてて融資を受けることが出来るので、話が進めやすいのです。

 

創業して1年以上経過している場合には、確定申告や決算書などを通して、業績の把握を行った上での審査となります。

1年が経過していない場合でも日本政策金融公庫との面談時には通帳の提出が必要となっており、直近半年分の通帳も確認がとられるので、売り上げが見えてしまいます。

 

そのため、融資を検討されていらっしゃるのであれば、創業前、創業直後にご相談されるのがおすすめです。

 

創業・起業後の融資のタイミング

では、創業後1年以上経過していた場合は、何が判断基準として見られ、融資の可能性が上がるのかご説明いたします。

 

結論から申し上げますと、業績が良ければいつでも融資は可能です。

ただ、業績悪化のための補填、業績安定化、事業拡大のために融資をお考えの方がほとんどかと思いますので、その点について記載いたします。

 

いずれの場合でも、融資を受ける場合に、使用用途が明確であること、融資を受けた後に返済が可能かどうか説得力のある書類、プレゼンが出来るかによって融資が可能なのかが判断されます。

可能性を上げるためには、これからの売り上げ見込み(契約書があるとさらに評価が高いです)を提示しましょう。

 

今回のケース 

Yさんは、法人で創業後、6期を終了しており、その間に信金などから合計して6000万円の借入がございました。

売上は好調で年々増加しており2億5000万円の売り上げがありました。

業績上は好調にみえますが、案件数の増加によって先行して発生する外注費、仕入れ代がかさみ資金が必要でした。

メインバンクへは数社であった借入を借り換えによって一本化したばかりであり、追加融資は難しく、日本政策金融公庫の融資を検討されました。

 

Yさんの場合、契約をすでに結んだ上でかかる費用を融資で賄いたいということで、

受注工事明細表の記載・提出によって日本政策金融公庫側への説得材料とすることが出来ました。

受注工事明細表については下記をご覧ください。

 

【受注工事明細表】※日本政策金融公庫のHPでダウンロードが可能です。

日本政策金融公庫 各種書式ダウンロード

受注工事明細表

 

 

メインバンクが動けば日本政策金融公庫も融資しやすい?

今回、Yさんのケースには融資成功率が上がった要因がもう一点あります。

それは、メインバンクの存在です。他社からの借入をメインバンクからの借り換えにて昨年末に一本化、追加融資を受けました。

ここが日本政策金融公庫からするとプラスとなった要因でした。

 

なぜ、日本政策金融公庫が他金融機関からの融資をプラス要素と捉えるのかというと下記の要素が大きいためです。

 

  • 日本政策金融公庫が政府系金融機関であり、民間金融機関の補填、補足をするという位置をとっているから
  • メインバンクとしている金融機関の借り換え、追加融資があり、融資が可能だと判断し、融資が行われているため

 

上記の2点があり、日本政策金融公庫に返済可能性が高い、融資を受けるのも可能であると判断されました。

 

まとめ 

・売り上げが見込めるものを用意し、提出しましょう。

・メインバンクがある場合には事前に打診しましょう。この場合には併せて日本政策金融公庫からも融資を受けられる可能性が上がります。

 

業績の安定化、事業拡大に必要な資金がある場合には、メインバンクとのお付き合いも含めて上手く付き合って資金を調達しましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。