クレジットカードを利用せずにCICで信用情報を開示する方法とは?

クレジットカードを利用せずにCICで信用情報を開示する方法とは? 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
クレジットカード CIC

信用情報開示の手数料はクレジットカード以外でも支払える?

CICのサイトを利用することで自分の信用情報を簡単に開示することができます。 インターネットで信用情報を開示する場合、手数料の支払いはクレジットカードで行います。しかし、クレジットカードを持っていない方もいらっしゃるでしょう。 では、クレジットカードがなくてもCICを利用して信用情報を開示することはできるのでしょうか?

1.CICで開示する信用情報とは?

信用情報 とは

CICは、これまでのクレジット履歴等のデータが管理されている情報機関です。

金融機関等からの借入を申込んだ場合、申込先の金融機関のほとんどがCICの信用情報を確認してお金を貸すかどうかを判断しています。

信用情報に傷がある、つまり信用情報がブラックの場合は、クレジット会社などから信用してもらえずになかなかお金を借りることが難しいでしょう。

自分の信用情報は、本人がCICに申し込みを行うことで、開示し確認することができるので、借入をお考えの方は一度開示してみることをオススメします。

 

2.信用情報を開示しよう

インターネット 信用情報

信用情報は、パソコンやスマートフォンを利用して申し込みを行うことで簡単に開示することができます。

自宅や外出先でもインターネットが利用できる環境であればどこでも信用情報を開示することができるため非常に便利です。

信用情報の開示には手数料が1,000円かかりますが、インターネットでの開示の場合、手数料はクレジットカード払いのみしか利用できないので注意しましょう。

また、信用情報は個人情報なので、手数料の支払いには自分名義のクレジットカードしか利用できません。

【インターネットを利用した開示手順】

インターネット 開示方法

①確認

利用する前にCICのホームページに載っている確認事項を見ておきましょう。

②受付番号を取得

クレジット会社に登録している電話番号からCICに電話をして【受付番号】を取得しましょう。

③インターネット入力

電話で取得した「受付番号」とお客様情報をインターネットの申し込みフォームに入力します。

受付番号を取得してから入力まで1時間以内で行いましょう。

④信用情報開示

PDFファイルによって信用情報が開示されます。

インターネットによって信用情報を開示できる時間帯は8:00~21:45です。

 

3.クレジットカードがない場合の開示方法とは?

CICの信用情報はクレジットカードがなくても、郵便や窓口を利用することで開示して確認することができます。

(1)郵便による開示

信用情報 郵便

信用情報は定額小為替証書を利用して申し込むことで、郵便によって開示することが可能です。

手順を確認していきましょう。

郵便 信用情報開示

①必要書類の準備

CICのホームページに記載されている必要書類を準備します。

本人が開示する場合や任意代理人、法定代理人、法定相続人などの場合で必要書類が異なるのでCICのホームページで確認しておきましょう。

②定額小為替証書を準備

信用情報を郵便で開示する場合、手数料が1,000円必要です。

ゆうちょ銀行で発行されている「定額小為替証書」を1,000円分準備しましょう。

③CICに郵送

①で準備した必要書類と定額小為替証書をCICに郵送します。

④信用情報開示

必要書類や定額小為替証書をCICに郵送してから10日ほどで信用情報の報告書が「簡易書留・親展」で送られてきます。

(2)窓口で開示

窓口 信用情報開示

CICの窓口に行って直接申し込むことで、クレジットカードがなくても信用情報を開示することができます。

インターネットや郵便で信用情報を開示する場合の手数料は1,000円ですが、窓口で開示する場合の手数料は500円です。

窓口 開示手順

①必要書類の準備

申込書や本人確認書類などの必要書類を準備します。

開示する際の手数料500円も用意しておきましょう。

②窓口に行く

CICの窓口に直接申し込みをしにいきましょう。

窓口での受付時間は月曜日から金曜日の10:00~12:00、13:00~16:00です。

予約していくことはできません。

③本人確認

CICの窓口にはセルフ開示端末が設置してあるので、タッチパネルを操作して必要事項を入力した後、受付カウンターで本人確認をします。

④信用情報開示

受付カウンターで本人確認をした後に信用情報が記載された報告書を受けとります。

 

4.開示した信用情報を確認しよう

インターネットや郵便・窓口で開示した信用情報には何が記載されているのでしょうか?確認していきましょう。

信用情報 記載内容

信用情報の報告書には

①クレジット情報

②申込情報

③利用記録

の3つの項目が記載されています。

①クレジット情報

クレジット情報の項目には、本人の氏名や生年月日、電話番号などの情報と、クレジットに関する契約内容や支払いの状況が記載されています。

毎月の請求に対してきちんと支払いが行われたかどうかを、いくつかの記号を利用して表示しています。

記号ごとの意味については以下の一覧でご確認ください。

②申込情報

クレジットカードの申し込み等を行った時に記載され、申込者の氏名や電話番号、申し込んだ商品、金額が書かれています。

申込情報は、過去6ヶ月間の情報が記載されるので、借入を申込むまでの6ヶ月間でいくつもの申込を行うと記載される量が多くなりあまり印象が良くなりません。

③利用記録

信用情報を、本人が利用しているクレジット会社などが確認した履歴が記載されています。

消費者金融やクレジットカード会社は、利用者の信用情報を定期的に閲覧して、他社からの借入が増えていないかなどの確認をしています。

5.信用情報に傷がついていたら借入はできない?

CICによって開示した信用情報に傷がついていた場合、借入審査を通ることは難しいのでしょうか?

金融機関が融資を行う場合、借入の申し込みをした人の返済能力がどれくらいあるのか、きちんと返済してくれるという信用ができるのかを見て判断しています。

信用情報に返済遅延などの記載が多くある場合、金融機関から信用してもらうことはとても難しくなるので、借入審査にはなかなか通らないでしょう。

しかし、約5~7年で信用情報は更新されるので、どうしても借入が必要な場合は信用情報が更新されるまで待つしかないでしょう。

まとめ

CICで信用情報を開示する場合、郵便や窓口を利用することでクレジットカードがなくても手数料を支払うことが可能です。

クレジットカードを持っている場合は、もっとも簡単に信用情報を開示することができるインターネットを利用することをオススメします。

また、これから事業資金等の借入をお考えの場合は、申込をする前に一度自分の信用情報を開示して確認しておくことをオススメします。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。