確定申告書の控えを受け取るには?

確定申告書の控えを受け取るには? 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
資金調達には確定申告書の控えが必要

日本政策金融公庫から融資を受けるには「確定申告書の控え」が必要!

資金調達のために日本政策金融公庫から融資を受ける際に、所得の証明として確定申告書の控えを提出するよう求められます。

ここで要求される申告書の控えとは、税務署が受け取った日付を示す収受日付印(受付印)が押されているものです。

直接税務署に持参して窓口で確定申告書を提出すれば、控えはその場で受け取ることができます。ただし、郵送やe-Taxを利用してインターネットで申告した場合には、控えをもらうための方法や注意点がありますので、ぜひ参考にしてください。

1.確定申告書の控えを受け取る方法

(1)郵送の場合

確定申告書を郵送で提出する場合には、提出用と控え用の申告書を同封することで、収受日付印の押された控えが返送されてきます。

税務署などで手に入る確定申告書の用紙は複写式になっているので、原本と控えをそのまま一緒に送付すればOKです。

e-Taxで作成した確定申告書のデータを印刷して郵送で提出する場合には、控えもあわせて印刷してまとめて提出します。

ただし、控えを送付しただけでは不十分です。

返送してもらうためには、返信用の封筒に返送に必要な金額の切手を貼り付けて同封しましょう。また、返信用封筒には、控えの送付先となるご自身の住所と名前を忘れずに記入します。 

(2)e-Taxの場合

e-Taxを使用して申告をした場合、データで提出するため、そもそも控えがありません。そのため税務署の受領印がある確定申告書の控えをもらうことはできないのです。

そこで下記の2点を提出することで、収受日付印が押してある確定申告書の控えの代わりとして利用することができます。

● 受信通知データ

● 申告データ

【受信通知データ確認手順(e-Taxホームページから確認する場合)】

① e-Taxホームページからe-Taxにログインする

② メインメニューのメッセージボックス一覧をクリックする

③ 該当のメッセージを選び、「手続き名」をクリックすると詳細が表示される

(e-Taxホームページ 受付システムの利用方法より引用)

このメール詳細の画面が「受信通知データ」となりますので、申告データとあわせて印刷しておきましょう。

2.確定申告書の控えはどのようなとき必要になる?

所得の証明や融資等の審査を判断するため、確定申告書の控えの提出を求められます。

例えば、保育園の入園手続きや奨学金の申請、家を購入する際の住宅ローンを組んだり、日本政策金融公庫から融資を受けたりする場面で必要になります。

ただし、確定申告書の控えに受付印が押してあったとしても、提出した書類内容の証明にはなりません。 

3.確定申告書の控えを紛失した場合

万が一、確定申告書の控えを紛失してしまった場合には、税務署に再発行の申請をすることが可能です。

申請する際、必要となる書類は下記のとおりです。

● 保有個人情報開示請求書

● 身分証明書(運転免許証や健康保険の被保険者証 等)

● 手数料(300円/通)

● 住民票(開示請求を郵送で行う場合に必要)

申請から再発行まで約1か月程度かかるため、時間に余裕をもって申請しましょう。 

4.まとめ

確定申告が終わっても、資金調達のために融資を受ける際など申告書の控えが必要となる場合があります。郵送とデータ申告した場合では控えの受け取り方が異なりますので、いざ融資を受けたいと思ったときに慌てないためにも、事前にきちんと確認しておきましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。