お金を借りるために用意すべき自己資金額は?

自己資金はいくら必要?お金を借りるために用意すべき自己資金額は? 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
融資 自己資金

融資の審査ポイントの一つ【自己資金】!
どれくらい準備すれば良いのでしょう?

融資を受ける上で自己資金を持っているかは審査の1つのポイントになります。自己資金を全く持っていないのであれば、融資の可能性は低くなるからです。では、一体どのくらいの自己資金を持っていればいいのでしょうか?

 また、自己資金は中身についても重要です。自分で貯めたか、他人から借りたのかも、融資の審査では確認されるからです。今回の記事では、融資を受ける際に必要な自己資金の額と自己資金のポイントについてご説明します。

 

1. 自己資金は創業資金の3割が目安だが

数多くの個人事業主や中小企業に創業時に資金を融資している日本政策金融公庫。このページをご覧のみな様も、資金調達先として日本政策金融公庫を検討されている方も多いのではないでしょうか。

 日本政策金融公庫 自己資金額

その日本政策金融公庫の公式ページ(よくあるご質問)に記載されていますが、「自己資金はいくらあれば融資を受けられますか?」という質問に対して「融資先の自己資金は平均で創業資金の3割程度」という回答となっています。

 

日本政策金融公庫|よくあるご質問

https://www.jfc.go.jp/n/faq/sk_question_c.html

※上記URLをクリックすると、日本政策金融公庫の公式ページにリンクします

日本政策金融公庫 自己資金

 

具体的に考えると、例えば飲食店を開くのに総額で2,000万円必要な場合、3割である600万円を自己資金として用意すれば残りの不足分:1,400万円は融資を受けられる可能性があるということです。

 

しかし、実際に3割の自己資金を用意した事業主の全てが融資に成功しているわけではありません。それ以下の自己資金でも融資に成功している場合も、それ以上の自己資金を用意しても融資に失敗している場合もあるのです。なぜでしょうか?

 

2. 正しい自己資金の貯め方を知ろう!自己資金のコツ

自己資金には正しい自己資金とそうでない自己資金があります。融資に成功するかそうでないかは、以下のコツを抑えているかどうかで異なります。さっそくチェックしましょう。

 

①なんといっても個人でコツコツ貯めるお金が信用度は高い

日本政策金融公庫 自己資金

自己資金はまとまったお金であれば何でもいいという訳ではありません。自己資金には大きく分けて、自分でコツコツと貯めたお金とそうでない場合(親に借りるetc)と2種類あります。自分でコツコツ貯める方法は、主に積立預金やボーナスを使わずにとっておくなどの方法で、時間と忍耐力と計画性が必要です。

 

これに対し、親や知人からお金を借りる場合は、本人の忍耐力も計画性もあまり必要ありません。もちろん、お金を貸して欲しいという本人の信頼度があるので親や知人はお金を貸してくれるのですが、日本政策金融公庫の融資の審査では、個人でコツコツ貯めるお金が一番評価の高い自己資金として考えられます。

 

どのような自己資金なのかを確認するため、実際の融資の審査では個人の通帳コピーを求められます。融資の判断基準として、事業主に資金を返済するための忍耐力・計画性があるかを判断するため提出する必要があるのです。

 

②2番目に評価の高い配偶者の通帳のお金

日本政策金融公庫 配偶者 通帳

では、コツコツとお金を貯めてこなかった起業家は自己資金ゼロで融資に失敗するしか道はないのでしょうか?そんなことはありません。自分でコツコツ貯めたお金がないのであれば、ご自身の配偶者に起業について相談してお金を借りることができるでしょう。

 

配偶者のいる事業主の場合、配偶者の通帳コピーにあるお金を自己資金として提示することができれば、配偶者が起業に協力的であると判断され融資の審査の評価が高くなります。

飲食店や美容院の経営など、夫婦のどちらか片方ではなく、夫婦が一緒に協力することで成功している事業所が多数あります。理想的なのは、夫婦二人で起業のためにコツコツと貯め

るお金です。

 

目的をもって計画的にお金を貯めてきた人の数が一人よりも二人の方が、お金を貸す側としても返済される可能性が上がるので安心です。

 

③一時的に他人名義で振り込まれたお金はNG!

日本政策金融公庫 見せ金

「見せ金」という言葉をご存知ですか?融資を受けたいがために、一時的にカードローンや他人から借金をしてお金を振り込ませ、その通帳を公庫で見せて融資を成功させようとする手法やお金のことです。

 

融資の際の審査では、申込者本人の個人通帳だけでなく融資を申し込んだ年からさかのぼり2年前までの確定申告書または源泉徴収書も提出します。いきなり何百万円単位の大金が通帳に振り込まれても、本人名義の株や保険を解約した一時金として判断されれば問題はありません。

 

しかし、他人名義やカードローン会社の名義で融資の審査の直前に振り込まれた場合、そのお金は見せ金として判断され融資の評価にはつながりません。

 

3.【結論】自己資金ゼロはやる気がないとみなされる!最低100万円は貯めよう

日本政策金融公庫 自己資金

では具体的に、どのくらいの自己資金を貯めればいいのかをお話しましょう。結論から言うと、自分でコツコツ貯める自己資金が100万円以下の場合は、融資に申し込んでも断られる可能性が高いでしょう。

 

融資で一番重要なのは計画性です。最低限の自己資金がないと、計画性がないという判断を下されてしまうからです。

 

4.自己資金でよくある2つの質問

①法人の資本金は自己資金として書けるのか?

法人の事業主の方には「自己資金?法人を設立する時の資本金があるから大丈夫!」と考える方も中にはいらっしゃいます。もちろん、資本金が自分でコツコツ貯めたお金で返済する必要がないのであれば、資本金を自己資金として記入することは可能です。

 

しかし、資本金を見せ金として一時的にどこかから借りた場合は返済しなくてはいけないので、実際の資本金はゼロ円です。また、創業時にはあった資本金を現在は運転資金として使ってしまって場合も、自己資金ゼロ円と判断されます。

 

②融資の面談前に自己資金の一部を使ってもOK?

融資を受けるには、面談の予約をしてから着金するまで平均で1~1.5ヶ月の時間がかかります。その間、事業主としてはいろいろお店で必要な備品などを揃える必要がありますよね。

 

融資の申込で記入した自己資金のうち、創業計画書という書類に記入した項目のものを購入するのであれば、融資の審査前後に自己資金を使っても特に問題はありません。問題なのは、計画書にないものを思いつきで購入してしまい、自己資金が減ってしまうこと。「この事業主は計画性がなく、返済も計画的にできない」と判断されてしまうため、計画外の購入は審査が終わるまで控えましょう。

 

まとめ

融資を受けるには、最低100万円、自分または配偶者とコツコツ貯めましょう。見せ金のようなズルイことをしても、提出書類で結局ばれてしまいます。

 

100万円はそう難しい額ではないはずです。融資を受けて事業を成功させるのであれば、計画が大切です。

 

資金調達で悩むならまずは専門家に相談を!融資専門の無料相談と資金調達Q&Aは

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。