公庫からの融資で資金調達!団体信用生命保険の加入は必須?

日本政策公庫の融資で資金調達!団体信用生命保険の加入は必須? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
日本政策金融公庫から融資を受ける際に団体信用啓明保険の加入は必要なのかを解説

団体信用生命保険って知っていますか?

日本政策金融公庫の融資制度を利用した場合、団体信用生命保険への加入は必要なのでしょうか?
そもそも団体信用生命保険とは何なのでしょう?

1.団体信用生命保険(団信)とは?

マイホームを購入するとき、多くの方がローンを利用するでしょう。もちろんローンを組んで購入するので毎月返済する必要があります。

しかしローンを返済し終わる前に重度の病気になってしまったり、死亡してしまったりして全額返済できない場合はどうなるのでしょうか。

特に住宅ローンなどにおいては、借入金額も大きくなり返済期間も長期に渡るため、万が一の際に返済が出来なくなってしまう可能性も低くはありません。

団体信用生命保険に加入しておくことで、病気などでローンの返済が出来なくなった場合に返済額の残高を代わりに返済してくれます。

万が一の事態でローンが返済できなくなった場合でも安心です。

 

2.日本政策金融公庫の融資制度は団信の加入が必須?

日本政策金融公庫の融資制度を利用した場合、団体信用生命保険への加入は任意です。

万が一事業主が死亡してしまっても、団体信用生命保険に加入しておくことで残された従業員に負担をかけることはありません。しかし、他の生命保険会社の商品と比較しご自身の状況に合う生命保険が見つかった場合は団体信用生命保険に加入する必要はありません。また、すでに死亡保険に加入している場合も同様です。

 

3.どれくらいの人が団信に加入している?

日本政策金融公庫の融資制度を利用した方の約45%が団体信用生命保険に加入しています。

団体信用生命保険に加入しない理由として

・融資金額が少額のため加入の必要がないと判断した

・他の生命保険会社の保険に加入している

などが挙げられます。

団体信用生命保険への加入は強制ではないので、ご自身で検討して加入するかどうか判断しましょう。

 

4.団体信用生命保険の保険料や詳しい補償内容は?

団体信用生命保険に加入した場合の保険料は、1年に1度返済口座から引き落とされます。また、支払う保険料は借入金額や返済期間によって異なるので確認しておきましょう。

 

5.団信に加入しているのに返済を続けてしまった!

団信に加入しているにも関わらず事業主が死亡した後も返済を続けていた場合、手続きをすることで返済額が戻ってきます。

一度相談してみましょう。

 

まとめ

公庫の融資制度を利用した場合団体信用生命保険への加入は任意です。

他の保険に既に加入している場合や、より手厚い保証をしてくれる保険商品に加入する場合は団体信用生命保険へ加入する必要はありません。

 

また、団体信用生命保険への加入の有無が融資審査に関係することはありません。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。