日本政策金融公庫の融資!審査が甘いって本当?

日本政策金融公庫の融資!審査が甘いって本当? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
日本政策金融公庫 審査 厳しい

日本政策金融公庫からの融資を受けよう

開業前の資金調達方法として日本政策金融公庫からの融資を検討している方も多いでしょう。 日本政策金融公庫の審査は通り安いと耳にすることがありますが、本当に融資審査は甘いのでしょうか?融資決定のポイントはどのようなものなのでしょうか?

1.日本政策金融公庫の審査が甘く感じる?

 

日本政策金融公庫の融資審査が甘く感じる人に共通しているポイントとして

【事業計画がきちんと作成されている】というものがあります。

事業計画が雑で、現実的でない場合、審査の担当者からの印象はわるくなり、融資を受けられる可能性は低くなってしまうでしょう。

 

日本政策金融公庫は、中小企業の開業を支援している機関なので、きちんとした事業計画があり計画達成の見通しがある方には積極的にお金を貸したいと考えているのです。

ですから、日本政策金融公庫からの融資審査に通るための大前提として、きちんとした事業計画を作成しておくことが挙げられます。

 

2.銀行よりも借りやすい?

 

日本政策金融公庫の融資は、創業時に利用しやすい資金調達方法であると言われています。

創業時の融資を銀行に申込んだ場合、これまでの事業実績がないため、融資審査に通る可能性は非常に低いと言えるでしょう。

 

創業時の融資は

①日本政策金融公庫

②信用金庫・信用組合

③地方銀行

④都市銀行

の順番で借りやすさを並べることができます。

 

前述の通り、政府が運営している日本政策金融公庫は、中小企業の創業を応援することを目的として設立されたため、

計画性のある事業を開始する方には積極的に融資を実行したいのです。

 

3.実際に日本政策金融公庫に申込む!

 

創業時の融資を日本政策金融公庫に申込んだ場合、審査に通るためには達成可能かつ現実的な事業計画の作成が必要です。

もちろん自身で事業計画を作成し融資を申し込むことも可能ですが、審査に通るかどうか不安になってしまうでしょう。

 

日本政策金融公庫の融資は、認定支援機関を通して申込をすることで、より審査に通り安くなります。

認定支援機関を利用すると、事業計画を一緒に作成してくれたり、アドバイスをしてくれたり、より融資審査に通過しやすい資料作成の手助けをしてくれます。

 

4.信用情報は事前に確認しておこう!

 

日本政策金融公庫の融資では、金融ブラックなどの信用情報は確認されない、という噂もあります。

しかし、日本政策金融公庫では融資を申し込んだ人の信用情報を必ず確認しています。

必ず融資の申込をする前に、CICで自分の信用情報を確認しておきましょう。

 

まとめ

 

日本政策金融公庫の融資審査は、人によって甘く感じることもあります。

しかし、信用情報がブラックの場合や、事業計画をきちんと作成していない場合、融資審査はもちろん厳しくなるでしょう。

事前に信用情報を確認した上で申込を実施し、事業計画の作成サポートをしてくれる認定支援機関を利用して融資を申し込むことをオススメします。

 

 

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。