副業のための融資を受けたい!公庫の融資制度は利用できる?

副業のための融資を受けたい!公庫の融資制度は利用できる? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
副業 日本政策金融公庫 融資

副業でも日本政策金融公庫からの融資が利用できます。

日本政策金融公庫(以下、公庫)では事業用の融資を積極的に行っています。

起業や運転資金として融資制度を利用したことがある経営者の方も多いでしょう。

では、サラリーマンとして勤務しながら副業を始めたい!という場合、公庫の融資制度を利用することはできるのでしょうか?

1.副業でも公庫から融資が受けられる!

企業に勤めていながら副業を開始したい方でも公庫の融資制度を利用することが出来ます。

【例:不動産会社勤務、空いた時間で通販サイトを運営】

普段は不動産会社に勤務している方で、個人で会社を設立し通販サイトを運営していた方を例に挙げます。

本業の合間や休日に運営していた通販サイトが軌道に乗り安定した売上を得るようになりました。サイトを運営している自身の会社で公庫に融資を申し込み500万円の借入に成功しました。

今回の例では設立した会社で融資を受けましたが、個人事業主として通販サイトを運営していた場合であっても融資を受けることは可能でしょう。

2.融資を利用できない副業もある

副業であっても融資を受けることが可能ですが、融資制度を利用できない業種も存在します。日本政策金融公庫では事業を行う方のために融資を実施しています。

普段は企業に勤めながら株式投資をしたいので公庫から投資用の資金を借りたい、という場合はどうなるのでしょうか?

株や不動産への投資は事業とは言えず、自身の利益目的であると判断されます。ですから日本政策金融公庫で投資資金の融資を申し込んでも、副業に限らずお金を借りることが出来ません。

3.どのような副業であれば融資が利用できるの?

投資など利益目的の場合は公庫からの融資を受けることができません。では、どのような副業であれば融資を受けることができるのでしょうか?

(1)本気で頑張りたい副業!

公庫で融資を受ける場合、どれくらい事業に対する思い入れがあるかも融資可否の判断基準です。普段は本業の仕事があっても、開始するもしくは既に始めている副業にも真剣に取り組みたいという気持ちが大切です。

公庫から融資を受けて、自分ではなく他の人に業務を全部任せたい!という場合の融資は難しいでしょう。

本業以外の職業である副業であっても、本業と同様業務を行っている場合融資の可能性が格段に高くなります。

(2)将来本業にしたい!

現在企業に勤めていて、副業として事業を実施している場合でも、将来副業が軌道に乗った場合には会社を退職して副業を本業にしたい!という場合も融資を受けることができます。

独立開業が夢であっても、すぐに会社を辞めて起業する場合、これまで安定して受け取っていた給与等が無くなるためリスクが高くなります。

本業を辞めずに、副業として事業を開始することでリスクを抑えることができます。

開始した副業が軌道に乗ったら、公庫に融資を申し込みましょう。事業に対する思いや業績向上について説明し融資を受けることで、会社を辞めて副業を本業にする夢に一歩近づくでしょう。

まとめ

日本政策金融公庫は日本の開業数を増やし経済活動をより活発化させるため、事業向けの融資を積極的に行っています。

副業であっても、事業に対しての想いがあり、売上が見込める場合などには公庫から融資を受けることが可能です。

 

利益目的の投資などの費用は借りることが出来ないので注意しましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。