信用金庫の融資審査は通りやすいの?

信用金庫の融資審査は通りやすいの? 起業のための資金調達 – 銀行/信用金庫からの融資
信用金庫の融資は審査が通りやすいってホント?

審査に通りやすいイメージはあるけど、実際は?

資金調達手段のひとつとして挙げられるのが、信用金庫からの融資です。

銀行や日本政策金融公庫、消費者金融など、さまざまな資金調達先がありますが、信用金庫の融資審査は通りやすいのでしょうか?

 

1.信用金庫の融資は通りやすい?

信用金庫は、大手銀行の融資に比べると審査に通りやすいです。だからと言って、信用金庫の審査が甘いという訳ではありません。

信用金庫と銀行では、組織の形態が違います。

銀行は株式会社であるため、株主の利益が優先されます。

そのため、取引相手も大手企業がほとんどです。

それに対して、信用金庫は地域の方や地域密着型の企業が会員となり、地域繁栄を目的として活動する金融機関になります。

主な取引先は中小企業や個人です。また、一定の地域限定で活動しており、それぞれの地域で起業する方にとっては非常に強い味方となります。

 

2.信用金庫から融資を受けるには?

信用金庫から融資を受けるためには、下記の要件を満たす必要があります。

前述した要件を満たし、出資をすることで会員になることができます。

ここで言う「出資金」とは、株式会社においては株式に該当するものです。

信用金庫によって、出資金の最低取扱口数を決めていますので、融資を受けたいと考えている信用金庫のホームページで確認しておきましょう。

また、信用金庫の仕組みについてこちらの記事にて解説しておりますので、ご参照ください。

信用金庫の仕組みとは?

 

3.融資審査でプラスとなる要因は?

信用金庫に限らず、銀行などの金融機関においても融資審査の際には、「返済が可能かどうか」という点を重視しています。

年収や勤続年数はもちろんですが、現在の取引状況や過去の返済実績からも審査されます。

例えば、自動車ローンやカードローンなどの借入がある場合、これまでに遅延することなく返済をしていれば、返済実績が良好と判断されます。

逆にたびたび返済が遅延していたり、未納が続いていたりすると、マイナス要因となるので注意しましょう。

また、取引状況については、給与の振り込みや公共料金の引き落とし、定期預金などに利用していることで、審査においてプラスの要因となります。

融資の際、提出する申込書には取引状況を記入する欄がありますので、多く埋まっている方が良いでしょう。

 

まとめ

銀行に比べると認知度は低い信用金庫ですが、地域密着型の金融機関であるため、中小企業や個人事業主の方にとって、オススメの資金調達先です。

あわせて、こちらの記事もご参照ください。

信用金庫からの融資!手順をご紹介します

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。