信用金庫の融資審査は通りやすい? どのような事業者が利用すべきか

信用金庫の融資審査は通りやすい? どのような事業者が利用すべきか 2018.05.22起業のための資金調達 – 銀行/信用金庫からの融資
信用金庫の融資審査は通りやすい? どのような事業者が利用すべきか

地域密着の信用金庫から融資を受けるポイントとは

資金調達手段のひとつとして挙げられるのが、信用金庫からの融資です。

数多くある資金調達手段のひとつとして挙げられるのが、地域に存在する信用金庫からの融資です。

融資には、都市銀行をはじめとする民間金融機関や政府系の日本政策金融公庫など、さまざまな機関がありますが、信用金庫の融資審査は通りやすいのでしょうか?

どのような事業者におすすめできるのかを詳しく解説します。

信用金庫の融資審査は甘くない

信用金庫の審査は甘くありません。

信用金庫は地域の方や地域密着型の企業が会員となり、地域繁栄を目的として活動する金融機関です。主な取引先は中小企業や個人ですので、幅広い事業者が利用できる仕組み作りがなされています。
とはいえ、審査自体は他の金融機関と同様に行うので、返済能力が低いと判断される人や事業計画ができていない人に貸すほど審査が甘いわけではありません。

当サイトは事業性資金の融資を受けられるか、自己資金や過去の返済状況から無料診断可能です。信用金庫の融資を受けられるか確認したい場合、無料診断をお試しください。

金融機関から融資を受けられる?
無料診断
電話で無料相談
【受付】平日9:00~19:00

信用金庫の審査において重視されるポイント

信用金庫の審査においては、返済能力と事業の準備が重視されます。

返済能力に関しては、利用中のローンや過去の返済実績を信用情報から確認されます。また、事業の準備に関しては事業計画と自己資金から、事業の見通しを審査されます。

返済能力やないと見なされたり、事業の準備が不十分と見なされたりすれば、信用金庫の審査に通ることはできません。信用金庫から融資を初めて受ける際の進め方については動画でも解説していますので、下記動画をご確認ください。

創業融資ガイド|信金から初めて融資を受ける時どう進める?

信用情報は利用中のローンと返済状況がチェックされる

信用金庫の審査において、信用情報の中では利用中のローンと返済状況がとくにチェックされます。

利用中のローンの中では、主にカードローンやキャッシングなどの無担保融資の借入があると審査に影響します。一方、住宅ローンや自動車ローンなどの有担保融資の残債があっても、審査に不利にはなりにくいです。有担保融資は債務不履行になっても資産を手放せば返済の目途が立つためです。

また、利用中のローンの返済状況も審査ではチェックされます。利用中のローンを現在延滞中の人や、過去に債務整理をした人は返済能力が低いと見なされ、審査に通るのが難しくなります。

金融機関から融資を受けられる?
無料診断
電話で無料相談
【受付】平日9:00~19:00

事業計画ができていれば信用保証が得られる

事業計画ができていれば、信用保証協会からの保証が受けられます。

信用金庫から初めて事業資金の融資を受けるときには、信用保証協会の保証を受けるのが一般的です。信用保証協会の保証が受けられると、債務不履行になったときに信用保証協会が代位弁済してくれるため、信用金庫は貸し倒れのリスクを抑えて融資ができるためです。

信用保証協会の保証を受けるには、事業計画が妥当であり、融資を受ければ事業が成功すると納得してもらう必要があります。事業計画において、開業前なら自己資金が重視され、開業後なら事業計画書の作成が審査で重要になります。

自己資金や事業計画書の準備が不十分だと審査落ちの原因になるので、融資を受ける前にできるだけ準備を進めるのが良いでしょう。

信用金庫から融資を受けるには会員になる必要あり

多くの信用金庫が融資の対象を「会員」限定としている場合が多いため、会員になるためには下記の要件を満たす必要があります。

【信用金庫の会員になる条件】

信用金庫の営業地域に居住している

信用金庫の営業地域に勤務している

信用金庫の営業地域に事業所を持っている

信用金庫に出資金を支払う

(事業者の場合)従業員数が300人以下

(事業者の場合)資本金が9億円以下

上記の要件を満たし、出資することで信用金庫の会員になることができます。

「出資金」とは、株式会社においては株式に該当するものです。信用金庫によって、出資金の最低取扱口数が異なるので、融資を受けたいと考えている信用金庫のホームページで確認しておきましょう。

信用金庫から融資を受けるメリット・デメリット

メリット:困ったときに資金繰りを相談する関係性を構築できる

前述の通り、信用金庫は地域の経済活性化を目的にした金融機関です。そのため、多少経営が苦しい場合でも融資の相談を受けてくれる可能性があります。

信用金庫とのパイプを持っておくことは長期的に見てメリットがあります。

デメリット:申込から着金までに時間がかかる

信用金庫の場合、申込から着金までにかかる期間は約2ヶ月~3ヶ月です。

信用金庫との間に信用保証協会という機関が入り、信用保証協会での審査も実施されるので、その分の時間が余計にかかります。

事業融資なら最初に日本政策金融公庫を利用するのがおすすめ

(1)日本政策金融公庫の融資は低金利で審査期間も信用金庫より短い

創業のための事業資金の借り入れをするなら、まず最初に日本政策金融公庫からの融資を検討するのがおすすめです。理由は信用金庫より金利が低く抑えられ、審査期間も短縮できるからです。

日本政策金融公庫とは、政府の出資機関で、中小企業や個人事業主の事業に対して融資している公的な機関です。公庫から融資を受けた場合、金利は2.0%前後となります。

日本政策金融公庫の審査も甘くはありませんが、中小企業や個人事業主への融資が主な業務なので、事業実績のない企業や事業主でも融資を受けやすいというメリットがあります

日本政策金融公庫の審査で重視されるのは、自己資金と事業計画です。希望融資額の1/10以上あるようでしたら、あとは事業が軌道に乗るだけの事業計画があると、融資を受けやすくなります。

当サイトでは、現状の自己資金や既存の借入を考慮して、日本政策金融公庫で借り入れできるかを無料で診断可能です。事業資金の借り入れをしたいけれど、審査が不安という方はぜひ下記からお問い合わせください。

日本政策金融公庫から融資を受けられる?
無料診断

電話で無料相談
【受付】平日9:00~19:00

(2)公庫で融資を受けたら、信用金庫を入金口座に指定するのもアリ

日本政策金融公庫の融資審査に通過すると、借入金は融資申込者名義の口座に振り込まれることになります。

融資を入金する口座はどの金融機関でも問題ありませんが、将来利用するかもしれない信用金庫を指定すれば、信用金庫の通帳に「公庫の融資に通った」という記録が残り、日本政策金融公庫の審査を通過した事業者だと判断されるメリットがあります。

■関連記事
日本政策金融公庫の審査は自分1人でいくと50%以上の確率で落ちる!?

まとめ

銀行に比べると認知度の低い信用金庫ですが、地域密着型の金融機関であるため、中小企業や個人事業主の方におすすめの資金調達先です。

日本政策金融公庫の融資とあわせて検討しましょう。

■関連記事
信用金庫からの融資!手順をご紹介します

資金調達マニュアルについてもっと見る(一覧ページへ)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
経営支援ガイド » https://inqup.com/