事業性融資って何?逆に事業性じゃない融資って何があるの?

事業性融資って何?逆に事業性じゃない融資って何があるの? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
事業性融資とは

当サイト(資金調達ノート)を運営している会社は株式会社Solabo(ソラボ)ですが、ありがたいことに、一日に何十件も融資のご相談のお電話を頂戴しています。

そのお電話を受ける時には、受付担当が「こちら、事業性融資のお手伝いをしている会社でして」という説明を毎回しています。 いま、私はこの会社にいるので「事業性融資」の意味を分かっていますが、一般的なひとであれば「事業性融資」という言葉に馴染みがないのではないでしょうか。

そこで今回は、「事業性融資とは何?」というテーマでシンプルに内容を説明していきたいと思います。

1.事業性融資とは?

①事業向け融資の1種である

事業性融資とは、ひとことで言うと「事業向けの設備資金と運転資金を貸してくれる融資」の中で、事業内容や将来性を考慮して審査してくれるタイプの融資です。

文章でこう書くと、何だかわかったような?わからないような気がしますので、図で説明していきますね。

画像

事業向け融資では、設備資金か運転資金の2種類を銀行などから借りることができます。設備資金とは、その名の通り設備を購入するための資金です。

例えば、製造工場そのものであったり、飲食店の場合はお店の中のグリドルであったり、ピザを焼くための窯だったり。通常、設備資金は運転資金よりも高額なため、借りた金融機関に返す機関も運転資金よりは長めに設定されています。

(運転資金よりもプラス2~5年長い)

これに対し、運転資金とは毎月あなたの会社やお店を経営するための使う資金です。例えば、小売店を経営している場合は品物を仕入るための資金やアルバイトさんを雇うための資金、光熱費や店舗家賃が運転資金となります。

②一般的な融資と審査方法が異なる「事業性融資」

事業性融資ではない一般的な事業向け融資では、主に決算書の内容(=財務データ)と保証人・担保の内容によって融資をするかどうかが決められています。

これを学校での成績に例えると、どんなに良い子で伸びしろがあるとしても「テストの点数が低いから」と推薦入試のメンバーから外すような感じです。(雑な例えですが)

しかし、決算書の内容と保証人・担保のみで融資を判断する場合、逆に言えば「決算書の内容さえ良ければ融資に通ってしまう」や「どんなに成長性があり事業内容が素晴らしくても、融資には落ちてしまう」といった懸念点が発生しました。

一般的な事業向け融資の良い点・悪い点は以下となります。

【一般的な事業向け融資の良い点】

  • 企業の財務データを元に融資の判断するため、公正な審査ができる
  • 財務データを元に審査するため、貸す側の金融機関の貸し倒れリスクが低くなる

 【一般的な事業向け融資の悪い点】

  • 今現在は決算書の内容が良くない事業で将来的に成長する事業は融資を受けられない
  • 事業内容を考慮せずにお金のデータのみで判断するため、社会的に必要な融資でも審査で落としてしまうことがある

ここに、事業性融資の内容を含む東京スター銀行の面白い広告画像があります。以下の広告を電車内で見かけたことはないでしょうか?

画像

この広告は事業性融資ではなく不動産担保ビジネスローンという商品なのですが、左側の男性が「この決算書じゃどうせ断られるでしょ、、」とつぶやいているのに対し、右側の男性は「いいえ!~決算書だけでなく不動産担保力も重視します。」とアピールしています。

事業性融資もこの内容に近いものがあり、決算書の内容だけでなく事業内容や将来の成長性があるかどうかを含み「総合的に」判断するのが事業性融資の強みです。

③事業性融資は平成25年6月の「日本再興戦略」をきっかけに始まった

日本ではこれまで長い間、決算書の内容次第で融資をするかしないかを決めていました。その方が画一的な審査ができ、工数(時間)もかからなかったからです。

しかし、「これでは優良な事業が日本では起業されなくなる」と現状を危惧した金融庁は、平成25年6月に「日本再興戦略」を閣議決定し、その中で「事業性評価に基づく融資をするべき」という内容を盛り込んだのです。

2.事業性融資は丁寧な審査だから、書類がたくさん必要になる

事業性融資の審査では、金融機関は「事業計画」や「創業計画」といった計画書を事業者に提出させます。これは、決算書の内容だけではなく事業内容を正確に把握するためです。

具体的に必要となる書類の種類は、以下の記事でご紹介しています。

【法人】

法人が、創業融資を受けるために必要な書類は?

【個人事業主】

個人事業主が銀行からの資金調達!必要書類は何がある?

正直、お金を借りるのにこんなに書類があるのか、!と思う方もいるかもしれません。しかし、前向きに捉えると「多角的な面で審査をするために、こんなに書類を提出させるんだな」と思えるようになります。

3.事業性融資ではない融資とは=事業向け融資で計画書を提出させない融資

以上のことから、「事業性融資じゃない融資ってどんなに?」という問いへの答えが見えてきます。

事業性融資でない融資とは、事業計画書を提出させないすべての融資です。例えば、カードローン。これは、事業計画書ではなく本人確認書類と信用情報のみで判断するため、事業性融資ではありません。

他にも、事業計画書の提出がない事業向け融資はまだまだたくさんあります。

金融庁に急に「事業性融資をやってね!」と命令されても、「え~!どうやってやればいいの?」とやり方が分からない銀行もたくさんあるのです。

まずで、小学校に英語教育を導入しても混乱している現場のようです。

まとめ

事業性融資についてかんたんにご説明いたしました。

事業性融資では計画書などの提出書類が多いのですが、その分、決算書のデータだけで融資の合否を判定するものではありません。

事業性融資で最も有名な金融機関は、日本政策金融公庫です。

当サイトには日本政策金融公庫の事業性融資の攻略法を網羅していますので、ぜひ他の記事もご参照なさってください。

資金調達マニュアルについてもっと見る(一覧ページへ)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。