日本政策金融公庫の融資結果の連絡はどのような方法でくる?

日本政策金融公庫の融資結果の連絡はどのような方法でくる? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
日本政策金融公庫 審査 結果

日本政策金融公庫で資金調達!

日本政策金融公庫からの融資を受けて資金調達! 融資審査の結果はどのようにして知らされるのでしょうか?

 

1.結果は原則郵送!

 

日本政策金融公庫の融資審査結果は原則郵送で知らされます。

融資の面談を実施し、融資実行が決定した場合、現地調査が実施され必要書類の準備ができると、約2週間で書類が届きます。

 

【流れ】

①融資の必要書類を提出

②日本政策金融公庫の融資担当者と面談

融資の必要書類を提出して約1週間後に面談が実施されます。

③融資結果の連絡

面談実施から約10日~2週間後に郵送で融資の結果が届きます。

面談実施後に開業地の確認や様々な調査が実施されるので、申込をした方によって審査期間が前後します。

融資審査に落ちた場合は電話か郵送で連絡がきます。

④必要書類に記入して返送

融資を受ける場合、届いた書類に記入して返送しましょう。

また、融資審査に通った場合であっても資金調達の必要が無くなった場合には断ることもできるので、日本政策金融公庫に直接連絡してください。

 

2.融資審査に通った!契約書類には何がある?

 

融資審査の結果が郵送で届き、晴れて融資審査に通過した場合、同封されている契約書類に記入し返送する必要があります。

また、ご自身で準備する必要書類もあるので、確認していきましょう。

 

①借入証書

借入証書に署名捺印をします。

借主・連帯保証人の署名は必ず本人がするようにしましょう。

 

②収入印紙

200円の収入印紙と、約1万円の収入印紙の準備が必要です。

借入の金額によって必要な収入印紙の金額は異なるので、国税庁のHPで確認しておきましょう。

また、借主の実印での割り印を押すことを忘れないようにしましょう。

 

③印鑑証明書

借主と保証人、それぞれ1通ずつの印鑑証明書の準備が必要です。

法人での申込の場合、会社の印鑑証明書も必要になります。

 

④預金口座振替利用届

口座振替を利用するために必要で、複写式になっています。

1枚は日本政策金融公庫に提出し、もう一枚は利用する金融機関に提出します。

金融機関の確認印が必要なので、忘れないようにしましょう。

また、日本政策金融公庫で融資を受ける場合、インターネットバンクは利用できないので注意が必要です。

 

⑤送金先口座の通帳コピー

送金先口座の通帳を開いた1ページ目にある、預金種類・口座番号・支店等が記載された部分をコピーして提出します。

利用する通帳は借主の名義である必要があります。

 

⑥同意書

同封されている同意書に署名して返送します。

 

⑦団体信用生命保険の申し込み

団体信用生命保険を利用して融資を受ける場合、融資の契約をする際に申し込みをしておく必要があります。

途中から加入することはできないので注意しましょう。

 

これらの書類を準備し、日本政策金融公庫に返送しましょう。

その他に準備が必要な書類がある場合もあるので、日本政策金融公庫の指示に従うようにしてください。

 

3.まとめ

 

日本政策金融公庫の融資を申し込んだ場合、面談後約2週間で結果が郵送されてきます。

現地調査などが必要なので、結果が出るまでの期間に差が出ることもあります。

また、三月や九月などは、日本政策金融公庫への申し込み数が増加するので、審査に時間がかかってしまう場合があるでしょう。

しかし、融資の専門家である認定支援機関を利用して、日本政策金融公庫の融資を申込むことで審査期間が短くなる場合があります。

また、事業計画書の作成などについてもアドバイスを実施してくれるので、一度認定支援機関に融資の相談をしてみることをオススメします。

国が認定する専門家「認定支援機関専門家一覧」はこちら→

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。