審査激甘の事業者ローンはどこ?ブラックでも借りれる?

審査激甘の事業者ローンはどこ?ブラックでも借りれる? 起業後の資金調達 – 事業者ローン・カードローン
事業者ローン 審査 甘い

自分でお店を持っているけど、お金が足りなくなってきた。でも、決算書の提出など面倒な融資でなく事業者ローンで手軽にすぐお金を借りたい。

こんな方が探しているのは、審査ができるだけ甘いローンでしょう。

事業者ローンで審査が甘いローンはあるのでしょうか?

 1.【結論】審査激甘の事業ローンはなし!審査スピードの速いローンはある

いきなり結論ですが、審査激アマの事業者ローンはありません。ネット記事で「事業者ローン」と称して個人のカードローンのことを指しているものもありますが、原則、個人向けのカードローンで借りたお金を事業用に使ってはいけないという利用規約があります。

 ①審査は早いのは断然消費者金融の事業者ローン

審査が速くて、すぐに着金する。こんなローンをお望みであれば、事業者ローンの中でも消費者金融系を選ぶとよいでしょう。個人事業主であればアコムをおすすめします。アイフルもアコムも無担保・無保証人で借りられます。 また、総量規制の対象外ですので年収の1/3を超える借入も可能です。一時的な資金繰りの改善には効果があります。

ローン

名称

アイフル

「事業サポートプラン」

アコム

「ビジネスサポートカードローン」

対象者

個人事業主または法人

業歴1年以上の

個人事業主

融資限度額

最高500万円

最高300万円

必要書類

【個人事業主】

・本人確認書類

・事業内容確認書

(アイフル独自)

・確定申告書

【法人】

・決算書2期分

・商業登記簿謄本

・代表者の本人確認書類

・本人確認書類

・直近1期分の確定申告書B(写し)

・収入証明書

担保

原則不要

不要

連帯保証人

原則不要

不要

審査スピード

即日対応可

即日対応可

金利

3.00~18.00%

12.00~18.00%

返済期間

最長10年

120回まで

最長8年7か月

89回まで

 アイフルでは事業者向けの融資として「事業サポートプラン」があります。また、消費者金融の最大手アイフル(東証一部上場)らしく、審査と着金のスピードがとても速いです。最短で、午前中朝イチに電話して、夕方までの着金もあるようです。

 もう一つ消費者金融系ではアコムがあります。アイフルと比べると、金利や返済期間で見劣りがするかもしれません。しかし、比較すると提出書類がシンプルになっています。そこはメリットになりますね。

また現在、他の消費者金融で有名どころの「レイク」は新規募集が終了しています。2018年4月、提携機関の新生フィナンシャルから新規ブランド「レイクALSA」をリリースしています。 但し、レイクALSAは事業資金には対応していません。

 ②ビジネスローンのビジネクストとビジネスパートナーも審査早め

事業者ローンはさまざまな種類がありますが、近年、好調に業績を上げているのが以下2つの事業者ローンです。 

ローン名称

ビジネクスト「事業者ローン」

ビジネスパートナー

「スモールビジネスローン」

対象者

法人または個人事業主

法人または個人事業主

融資限度額

50~1,000万円

50~500万円

必要書類

【個人事業主】

 ・ご本人様を確認する書類

 ・確定申告書

 ・当社所定の事業内容確認書

※その他必要に応じた書類

【法人】

健康保険証(裏表)のコピー

いずれか1点のコピー

・運転免許証(裏表)

・パスポート(自宅住所と顔写真のページ)

・住基カード 等

決算書一式のコピー2期分

(以下の書類も必要になります)

確定申告書第一表

製造原価報告書

(製造業に関わる場合)

株主資本等変動計算書

個別注記表

勘定科目明細書

試算表

(作成している場合)

【個人事業主】

・事業主本人確認書類

・印鑑証明書(個人のもの)

発行後3ヶ月以内のもの

・確定申告書(原則 直近2年分)

・当社所定の借入計画書 等

【法人】

・代表者様の本人確認書類

・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)

※発行後3ヶ月以内のもの

・印鑑証明書(法人・個人のもの)

※発行後3ヶ月以内のもの

・決算書(原則直近2期分)等

担保

不要

原則不要

連帯保証人

原則不要

原則不要

審査スピード

3営業日後

審査結果通知

翌営業日審査結果

通知可能

金利

8.00~18.00%

9.98~18.00%

返済期間

最長5年

60回まで

最長5年

60回まで

 2.ブラックでも借りれる事業者ローンってある? 

アコムやアイフルよりは少し日数はかかりますが、日本政策金融公庫の場合は審査に2週間はかかります。そのため、急いで事業資金が欲しい方には頼りになる存在かもしれません。日本政策金融公庫と同様、申込時には決算書や確定申告書などの提出が必要です。

「他社借入が100万円ぐらいあっても、ビジネスパートナーで90万円借りられた」「ブラックでもかりれるビジネスローン!」などと、ネット上では様々なブラックでも借りれる事業者ローンについての口コミが溢れています。

 ブラックとは、クレジットカードやローンの延滞・遅延を繰り返し、自己破産などの履歴がある方のことを言います。通常、それらの延滞情報はCICなどの信用情報機関に管理されていますので、どんなに情報を隠したところで審査の際にブラックの方は足切りとなってしまうのです。

 ブラックの方がお金を借りたい理由は、返済できないからです。しかし、返済に困って高金利のお金を借りて返済しても、焼け石に水かもしれません。ブラックな方にお金を貸す金融機関は、たいてい闇金や高金利など、あとから借主が損をすることが多いためです。借金の額にもよりますが、一人で悩まず、まずは身近な人に相談してみましょう。また、ブラック履歴があるけれど手元にお金はたくさんある方。事業成績が良い方は、むしろ日本政策金融公庫(審査2~3週間)での融資の方が金利低めで銀行への印象も良くなるのでおすすめします。

 まとめ

 審査激甘の事業者ローンには裏があります。闇金か、またはかなりの高金利です。広告に「6%~18%」とある場合、100万~200万円借りる際はだいたい18%の金利になると自覚しておきましょう。

一時的な資金繰りのためには、アコムやアイフルなどの事業者ローンを利用するとよいでしょう。1か月以上時間をかけられるなら、日本政策金融公庫の事業融資が最も低金利(2%前後)なのでオススメです。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。