研究のための助成金一覧~キャノン財団の場合

研究のための助成金一覧~キャノン財団の場合 助成金・補助金 – 助成金の基礎知識
研究のための助成金一覧~キャノン財団の場合
タグ

研究のための助成金一覧~キャノン財団の場合

助成金は厚生労働省の主催する雇用関係のものだけではなく、大学などの研究チーム向けのものも非常に充実しています。ネットで研究系の助成金を探そうとすると一覧を見ればいいのですが、一覧だけでも多くの種類があり自分の求める助成金情報にたどり着くまでに多くの時間を要します。

今回の記事では、研究系の助成金の一つであるキャノン財団の助成金をご紹介します。     

1.【キャノン財団】~大学・研究所向けの助成金

キャノン財団はご存じキャノン株式会社が創立70周年時に設立された財団です。カメラやプリンターなどの映像機器を始めマルチメディア機器など幅広く手掛ける製造メーカーのキャノンですが、その特色を助成金にも生かし、主に科学技術系の総合的研究プロジェクトを支援しています。

①どんなプロジェクトを助成してくれるのか?

科学技術系の総合的研究プロジェクトと言っても、文面で見ると非常に抽象的ですよね。キャノン財団の助成金をもう少し掘り下げて知るために、この助成金の以下2種類の公募プログラムをみていきましょう。

(1)公募プログラム①:産業基盤の創生

産業とは人々が暮らすために必要なあらゆるモノ(ex.ビル、お米、インターネット、スーパー)やコト(仕事全体)です。その基盤を生み出すようなプロジェクトということは、日本人全体に影響を及ぼすようなかなり大掛かりなプロジェクトとみてよいでしょう。つまり、夕方のニュースに取り上げられてもおかしくないようなレベルの研究です。

ICT、エレクトロニクス、ロボティクス

健康、医療、生命科学

マテリアル

デバイス

プロセス

バイオテクノロジー などなど

産業とはヒトとヒトに間で起こるものなので、この助成金を得るための研究は独りよがりのものではなく人類の役に立ち応用できるものでなくてはいけません。

具体的には、過去に以下のようなプロジェクトに対して助成がなされました。

・名古屋大学(構造を単純化した人口DNAの創生)

→二重らせん構造を持つDNAを人工的に創ることにより安定的で色々な機能を組み込むことに成功しました。この研究は人口核酸という形で医薬に応用が可能です。遺伝子でがん細胞があったとしても人口でないDNAは酵素で分解されますが、人口DNAは酵素で壊されることがなくガン治療にも効果を発揮します。

・国立研究開発法人 産業技術総合研究所(機能性リン化合物を工業生産するための触媒プロセス、および新製造法の開発と製品化)

リンに着目した研究者はキャノン財団の助成を得てビニルリン類というダイオキシンの発生要素と言われる塩素を含まない化合物の生成に成功しました。

リン化合物は除草剤や殺虫剤というイメージが世間では多いのですが、実は抗生物質や肝炎の治療薬にも代用できる幅広いポテンシャルを持ちます。他にも助成を受けながら研究を続けていましたが、キャノン財団の助成のおかげで最終的に製品化までいくという大きな成果を得ました。

(2)公募プログラム②:理想の追求

理想の追求。ますます抽象的な研究テーマですが、ご安心ください。公募テーマ②では毎年キャノン財団よりお題が与えられます。

2018年の研究課題は「食に関する研究」です。産業と同じく私たちの生活に欠かせない大きなテーマですが、飢餓や飽食・食料安全保障・食の安全性と流通、そして近頃話題の食の第六次産業などがサブテーマとなっています。

・食の第6次産業とは?

農業や漁業に携わる人達が流通や小売りまで総合的に高く経営をして価値を高め報酬を上げていこうという造語。6という数字は第一次産業と第二産業と第二産業を足した数字で、農業経済学者の今村氏が提唱した。

②「産業基盤の創生」プログラムの助成金の概要は?

  • 【助成対象】国内の大学および大学院(付属機関含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、その他公的研究機関等に勤務し、当該機関で実質的に研究できる人

※日本国内に居住していれば国籍は問わず

  • 【助成金額】1件あたり2,000万円(上限申請額)
  • 【助成期間】1年間または2年間
  • 【選考方法】一次選考(書類選考)および二次選考(面談)
  • 【募集期間】2018年の場合:6月(秋に一時選考会)

詳細はこちらをご参照ください。

キャノン財団|研究助成プログラム「産業基盤の創生」

③「理想の追求」プログラムの助成金の概要は?

  • 【助成対象】国内の大学および大学院(付属機関含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、その他公的研究機関等に勤務し、当該機関で実質的に研究できる人

※日本国内に居住していれば国籍は問わず

  • 【助成金額】1件あたり3,000万円(上限申請額)
  • 【助成期間】原則3年間
  • 【選考方法】一次選考(書類選考)および二次選考(面談)
  • 【募集期間】2018年の場合:6月~7月半ば(秋に一時選考会)

詳細はこちらをご参照ください。

キャノン財団|研究助成プログラム「理想の追求」

2.他にはどんな研究系の助成金があるか?

公益財団法人「助成財団センター」が毎年研究系の助成金の公募ガイドを出版しています。全711団体、1368プログラムが掲載されているので、ご自身の目的にあった研究助成がきっと見つかります。

助成財団 研究者のための助成金応募ガイド2018

まとめ

研究には莫大な時間がかかり、時間をかけた研究には莫大な資金が必要です。我々の生活を根本から変えていく研究のための助成金は積極的に活用していただきたいものです。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。