補助金の申請って難しそう?補助金の申請書・処理・流れを解説します!

補助金の申請って難しそう?補助金の申請書・処理・流れを解説します! 助成金・補助金 – 補助金の基礎知識
補助金 申請

補助金とは、国や企業が条件に合った個人・企業へ支給する返済不要のお金のことを言います。

よく知られている補助金には「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」などがありますが、これらの補助金を受け取るには、大前提として「申込書を申請しないと」もらえません。

今回の記事では、多くの人が苦手だと感じるであろう補助金の申請を補助金・助成金の記事ばかり書いている筆者がクローズアップして解説していきます。この記事を読み終える頃には、なんとなく補助金の申請について詳しくなっていることでしょう♡

 1.補助金の申請とは?

①補助金の申請は2~3回の提出書類や現地確認が必須

補助金はご存知の通り、放っておいても自動的に振り込まれるお金ではありません。まず、補助金には目的があり(例、中小事業者を助けたい)、補助金ごとに条件が設けられており(例、従業員人数10人以内の小規模事業者)、その条件をクリアした人のみが申請することができます。

 申請とは、通常①申請書に必要事項を記入して(必要であれば印鑑を押印して)②提出先に期限内に提出することです。しかし、補助金の申請の場合はそんなにシンプルではありません。そんなに簡単に返済不要のお金がもらえるわけはないのです。

画像

画像

上記の画像は補助金事務所と補助を受ける事業者(あなたのこと)の申請書のやりとりを図にしてみました。補助金に申し込む事業者は、申請時と補助金をもらう段階で提出する補助金交付申請書の2種の書類を補助金事務所に提出します。しかし、これは比較的シンプルで簡単な補助金の申請の例です。

画像

分煙補助金(2019年10月末までの申請でないと間に合わない)の場合は、以下のように①交付申請書②実施報告書提出③補助金提出書提出、と3回にわたって書類提出をしなければいけません。また、補助金事務所の担当者が現地確認であなたの事業所を訪れることもあります。一連の作業と審査を通過してはじめて補助金がもらえる仕組みです。

②補助金の申請は、対象経費を使った領収書や人を雇うなどのリスクも

画像

国が行う補助金とは100%キャッシュバックです。

日本国が、「キミが使った事業の経費のこの部分を一部支払ってあげるね♡」というのが中小企業庁や自治体の募集する補助金の趣旨ですので、補助金の提出書類の中には「〇〇にいくら使ったのか」という証拠書類である領収書などを添付書類としてつけることになります。(補助金で100%まかなえます!といううたい文句は多くの場合詐欺の可能性があります)

 また、補助金の申請書や提出先などの細かいルールは補助金によって異なります。申請前に事前相談が必要な補助金もありますし(例、民間アスベスト除去等補助金)、お金をもらったあとも提出書類が必要な補助金(例、ほとんど)もあります。地域的創造的起業補助金の場合は、「1名以上を雇用する」という事業主にとってお金がかかるものが条件の場合もあります。

 そのため、一概に「補助金の申請ってこんな感じ」とひとくくりにすることができません。あなたが補助金の申請をしたいのであれば、どの補助金なのかを確認し、その補助金の公式ページを穴が開くほど読み込みことです。(難しい言葉もありますが)

 2.補助金の申請書の種類

補助金には多くの種類があるとお伝えしましたので、補助金の種類についても触れていきましょう。助成金とは違い、補助金には一般の企業(サントリー)が開発者向けに募集しているものもあります。そうした細かい補助金も含めると、種類はざっと3,000種類以上にのぼります。(数えるのもムリです)

 そのため、ここではよく検索されていて話題となる補助金の一部だけをご紹介します。補助金は大きく分けると「個人向け」と「事業者向け」の2種類に分けられます。

 「個人向けの補助金」として児童扶養手当、幼稚園就園奨励費、ZEH補助金などがあります。これに対し、「事業者向けの補助金」では軽減税率補助金(一般向けじゃあないんです!)、IT導入補助金ものづくり補助金などがあります。

画像

補助金の存在を知っているかいないかで、年間で受け取るお金は0円~何十万円以上にも差がでます。まずは、どんな補助金があるのかな?とネット検索するだけでも、あなたは賢い消費者・事業者と言えるでしょう。

 資金調達ノート(当サイト)では、補助金に関する記事をたくさん公開しています。補助金にご興味のある方、ぜひ以下のリンクもあわせてチェックしてみてください。

 資金調達ノート|補助金の基礎知識の資金調達マニュアル

 資金調達ノートは「これから起業する方や事業を行っている方を精一杯応援する!」Webサイトという立ち位置ですので、この記事では「事業者向けの補助金」の申請についてのみお伝えさせていただきます。

 3.補助金を申請するための条件・資格

事業者向けの補助金を申請するためにはその補助金で決められている条件・資格をクリアしなければいけません。そうでないと、せっかく時間をかけて申請書を記入しても「条件を満たしていないので」と審査に不合格となって、お金はもらえなくなってしまいます。

 では、補助金に申請するための条件ってどんな条件があるのでしょうか。

 【補助金の名前と必要な条件の一例】

補助金の名前(募集している団体名)

必要な条件・資格

軽減税率補助金(中小企業庁・中小機構)

もう申請は終了しました

キャッシュレス補助金(経済産業省)

業界ごとに①5000万円~3億円以下の資本金②常時使用する従業員の数が50人~300人以下

IT導入補助金(経済産業省)

IT導入補助金事務局が認定した「IT導入支援事業者」が登録するITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する、日本国内で実施される事業であること

ものづくり補助金(中小企業庁)

・革新的サービス

・ものづくり技術

・高度生産性向上型

のいずれかに当てはまる事業をする事業者

小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)

・卸売業・小売業・サービス業

→常時雇用の従業員5名以下

・製造業その他・サービス業(宿泊・娯楽業)

→常時雇用の従業員20名以下

地域創造的起業補助金(中小企業庁)

産業競争力強化法で認定された市区町村に計画を持ち込み、特定創業支援事業を受けたと認定されること

事業承継補助金(中小企業庁)

後継者承継支援型:

以下の(1)、(2)、(3)を満たす者です。

 

(1)2016年4月1日から、補助事業期間完了日(最長2019年12月31日)までの間に事業承継(代表者の交代)を行ったまたは行うこと。

(2)取引関係や雇用によって地域に貢献する中小企業者等であること。

(3)経営革新や事業転換などの新たな取組を行うこと。

事業再編・事業統合支援型:

以下の(1)、(2)、(3)を満たす者です。

 

(1)2016年4月1日から、補助事業期間完了日(最長2019年12月31日)までの間に事業再編・事業統合を行ったまたは行うこと。

(2)取引関係や雇用によって地域に貢献する中小企業者等であること。

(3)経営革新や事業転換などの新たな取組を行うこと。

 補助金に申請できる人の条件は、補助金によってさまざまです。単に従業員人の人数だけが条件になっている簡単な補助金(キャッシュレス補助金、小規模事業者持続化補助金)もあれば、「産業競争力強化法で認定された市区町村に計画を持ち込み」という、読んだだけで難しく感じるハードルの高い補助金(地域創造的起業補助金)もあります。

 4.補助金の申請の流れ

あなたが補助金をもらえるための必須条件を満たしているのであれば、次のステップに進むことができます。申請の流れをざっと把握しておきましょう。

①申請書を準備する/経由が必要な場合は事業者を探す

補助金の申請は申請書一枚を提出すればいいのではありません。いえ、補助金の種類によっては申請書が紙の申請書ではなく電子申請の場合だってあります。

 参考までに以下をご覧ください。

 【補助金の名前と必要な申請書類の一例】

補助金の名前(募集している団体名)

必要な申請書類

軽減税率補助金(中小企業庁・中小機構)

もう申請は終了しました

キャッシュレス補助金(経済産業省)

キャッシュレス事業者を決めて加盟店登録

をします。加盟店登録には業種の許可証(飲食店であれば飲食店営業許可証)が必要です。キャッシュレス補助金にはキャッシュレス事業者経由で申請します。

IT導入補助金(経済産業省)

IT導入支援事業者経由による申請が必要。すべて電子申請による。申請者にはポータルサイト上の「申請マイページ」が与えられる。

ものづくり補助金(中小企業庁)

ミラサポの会員登録をしてから、会員ページから「電子申請システム」から電子申請を行う。

小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)

日本商工会議所の小規模事業者持続化補助金ページよりダウンロードできす

https://h30.jizokukahojokin.info/files/7715/5601/5400/koubo_h30.pdf

地域創造的起業補助金(中小企業庁)

産業競争力強化法で認定された市区町村に計画を持ち込み、特定創業支援事業を受けたと認定されること

事業承継補助金(中小企業庁)

認定経営革新等支援機関へ相談し、認定経営革新等支援機関から確認書を受領してから、添付書類を揃えて申請書を提出する

 上記をご覧いただくとおわかりいただけるように、申請書をWebサイトからダウンロードできる場合もあれば、ミラサポという中小企業庁が運営する助成金・補助金サイトから電子申請する場合もあります。

 補助金の申請でしくじりたくないのであれば、あなたが狙う補助金の公式ページ(つまり、多くの場合はミラサポ)でダウンロードできる公式の補助金交付要綱を熟読しましょう。

 5.補助金の申請書の提出先

補助金の申請先は、たとえ経済産業省や中小企業庁が募集しているからといって、経済産業省や中小企業庁に直申込ではありません。

 【補助金の名前と申請書提出先の一例】

補助金の名前(募集している団体名)

提出先

軽減税率補助金(中小企業庁・中小機構)

もう申請は終了しました

キャッシュレス補助金(経済産業省)

キャッシュレス加盟店支援事業者

IT導入補助金(経済産業省)

あなたではなく、IT導入支援事業者があなたの代わりに申請します

ものづくり補助金(中小企業庁)

https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/31mono-renkei_taku201911.html

平成31年度は上記のリンクにある各事業者(各自治体の地域ブロックごと)

小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)

各商工会議所

地域創造的起業補助金(中小企業庁)

自治体

事業承継補助金(中小企業庁)

電子申請(申請マイページ)

 6.補助金の申請の期限

補助金の募集時期と締め切りは、だいたい毎年春から夏にかけて行われている場合が多いです。秋・冬の募集は二次募集とか特別な場合が多いとお考えください。

 【補助金の名前と締め切り期限の一例】(2019年12月現在)】

補助金の名前(募集している団体名)

必要な申請書類

軽減税率補助金(中小企業庁・中小機構)

もう申請は終了しました

キャッシュレス補助金(経済産業省)

2020年4月末まで申請可能

IT導入補助金(経済産業省)

毎年5月~6月が申請期間

※2019年度の募集が終了

ものづくり補助金(中小企業庁)

3月初旬~5月中旬

二次公募締め切りは平成30年度では8月19日~9月20日でした

小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)

2019年は4月25日~6月12日

地域創造的起業補助金(中小企業庁)

2019年は7月27日~5月22日

事業承継補助金(中小企業庁)

2019年は4月12日~5月31日

 IT導入補助金のように毎年募集されている補助金もありますが、軽減税率補助金のように期間限定の補助金もあります。事業系の補助金には国家予算が組まれています。東京都で実施している補助金の場合も、元をたどれば国が東京都に予算をわたして実現しています。

 予算には当然限りがありますので、補助金も毎年かならず募集されるものではありません。補助金への申請を希望する事業者は、事業を運営すると同時に、補助金の最新情報を常にチェックする必要があります。

 最新情報のチェックはコチラ!

未来の企業★応援サイト

※上記リンクをクリックすると、中小企業庁運営のミラサポサイトへとびます

 7.う~ん、めんどくさい!補助金申請を代行業者に頼むとどうなるの?

画像

補助金申請は長期間で申請方法もさまざまなので、多くの人は「補助金の申請=めんどくさい!」と感じるわけです。

 そこで、代行業者を探す人も多いかもしれません。代行業者とは、社会保険労務士の資格を持って書類作成代行やアドバイスを行う業者のことです。 

当サイトを運営する株式会社SoLaboでも、補助金の書類作成代行は行っていませんが、信頼できる業者さんの無料紹介のみであれば行っています。

 まとめ

補助金の申請とひとくちに言っても、どの補助金の申請なのかで申請時期や申請方法は異なります。

しかし、補助金の申請では原則2~3回以上の書類提出が必要です。(電子申請も含む)

また、自分からダイレクトに補助金事務所に申請できる場合と、キャッシュレス加盟店支援事業者などの第三者を経由しなければいけない場合の2パターンがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。