大学補助金の汚職?!話題の大学補助金「女性研究者研究活動支援事業」とはどんな補助金?

大学補助金の汚職?!話題の大学補助金「女性研究者研究活動支援事業」とはどんな補助金? 助成金・補助金 – 補助金の基礎知識
大学補助金の汚職?!話題の大学補助金「女性研究者研究活動支援事業」とはどんな補助金?

大学補助金の汚職?!話題の大学補助金「女性研究者研究活動支援事業」とはどんな補助金?

助成金や補助金は条件が合えば多額の資金を「返還する必要なく」もらえます。それを悪用するニュースは残念ながら定期的にテレビなどのメディアで報道されています。

今回の記事では、現在ある大学の汚職事件から注目されている補助金「女性研究者研究活動支援事業」についてご紹介したいと思います。

1.女性支援で8,000万円超の補助金!女性研究者研究活動支援事業とは

東京医科大学が女子受験生の得点を一律減点していたニュースが記憶に新しいのですが、助成金ドットコムとしてはこの件で注目を浴びた補助金自体について掘り下げていきたいと思います。

①女性研究者研究活動支援事業は「情報・システム研究機構」が運営

女性の研究者と言うとキュリー夫人や小保方さんしか思いつかない筆者ですが、女性の研究者を支援するための組織「女性研究者活動支援室」がこの女性研究者研究活動支援事業を主催しているということが分かりました。

情報・システム研究機構|女性研究者活動支援室

医学だけでなく、統計学や遺伝学など幅広い女性の研究を以下のアクションにて支援しています。

  1. コーディネーターによる子育てや出産と研究を両立するための相談
  2. 赤ちゃんのいる女性研究者のためのベビーシッター支援
  3. 女性研究者を支援するための研究支援員制度を運営

②文科省の科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」

これらの女性研究者支援事業の一つとして、文部科学省の行う科学技術人材育成費補助金「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」があります。平成27年からスタートしている補助金です。

「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」のダイバーシティとは多様な人材を積極的に活用しようという考え方を指す言葉です。男性も女性も、障がい者も高齢者も、性格や学歴や価値観などの違いを受け入れ、生産性を高めていこうという素晴らしい考えです。

研究は時間が必然的にかかる世界です。長期間研究に身を捧げた結果、子供を得るタイミングを失ってしまう女性研究者もいることでしょう。

この補助金では、女性研究者の研究力向上を目的として、目標・計画を掲げ優れた取り組みを行う大学などを重点的に支援しています。

ちなみに、平成30年度の募集や公募会は既に終了しました。

【平成30年度のダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ公募スケジュール】

3月初旬       公募開始
3月2日(金曜日)  公募説明会
4月中旬       公募締め切り
5月~6月      審査(書面・面接)
7月上旬       選定結果通知
7月下旬       交付手続
8月上旬       交付決定

次年度の募集はまだ公表されていませんが、気になる大学の職員の方は次年度に向けて情報チェックをしていきましょう。

2.大学でも「両立」が補助金のキーワード

中小企業向けの助成金では、近年私たちの仕事・育児・介護などを「両立」することを支援する補助金が豊富に揃っています。メインの助成金は「両立支援等助成金」です。

※以下、当サイトの既存記事も是非ご覧ください。

少子化に歯止めの効果も?男性の育児休暇取得でもらえる両立支援等助成金とは?

大学の補助金汚職ニュースを見て感じたことは、「大学向けの補助金でも女性と仕事の両立がキーワードの補助金があるのだな」という感想です。

まとめ

中小企業だけではなく、大学でも補助金・助成金の汚職は度々ニュースに取り上げられています。国民の税金を使われた補助金は、正しい使い方を期待され支給されています。是非大学の方でも、有効に活用されてほしいものですね。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。