中小・小規模事業者向けで今は消えた&今もある助成金・補助金一覧表

中小・小規模事業者向けで今は消えた&今もある助成金・補助金一覧表 助成金・補助金 – 助成金の基礎知識
助成金 一覧 表

助成金・補助金について調べていると、「え!この助成金、なくなっちゃったの~!」とショックを受けることが少なくありません。

助成金・補助金は国家予算や時代背景だけでなく、不正受給などの事件でとつぜん打ち切りになることもあります。そのため、事業をする上で助成金・補助金を狙っているのであれば、その募集が今後もあるのか調べることはとても重要なのです。

なお、今もある助成金・補助金でも、支給要件(お金をもらえる条件)は随時変更になっています。最新の情報を厚生労働省の公式ページなどでチェックしておきましょう。

 

1.【従業員のキャリア形成】の助成金

国が主催する助成金は厚生労働省が担当しているため、従業員の雇用やキャリア形成に関わる助成金がたくさんあります。

 あなたが現在雇用している従業員が成長すれば、おのずと事業も成長して利益へとつながります。そのため、助成金を賢く使って従業員のキャリアアップを図ることは事業主としてとても重要です。

 従業員のキャリア形成に関わる助成金は、頻繁に名称や内容が変更になっています。以下の表をご覧ください。

 <消えた&現在もある助成金・補助金一覧・表>

今は消えた助成金・補助金

今もある助成金・補助金

キャリアアップ助成金(人材育成コース)

→人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)に統合<平成30年4月1日>

・キャリアアップ助成金(正社員コース)

・キャリアアップ助成金(賃金規定等共通コース)

・キャリアアップ助成金(短時間労働者労働時間延長コース)

・キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)

・キャリアアップ助成金(選択的適用拡大導入時処遇改善コース)

キャリア形成促進助成金

→人材開発支援助成金へ変更<平成29年4月1日>

・人材開発支援助成金(特定訓練コース)

・人材開発支援助成金(一般訓練コース)

・人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)

・人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

企業内人材育成推進助成金

→キャリア形成促進助成金に統合<平成28年4月1日>

 

 現在、従業員のキャリア形成関連の助成金は主に①キャリアアップ助成金金と②人材開発支援助成金の2つです。

 キャリアアップ助成金と人材開発支援助成金の主な内容ですが、以下の通りです。

 

・キャリアアップ助成金とは

派遣社員を正社員にする、契約社員を正社員にするなど、非正規労働者の正社員化・人材育成・処遇改善などの取組を行う事業主に支給される制度です。

 

詳細は以下のリンクもあわせてご参照ください。

キャリアアップ助成金|厚生労働省

【平成30年度完全版】キャリアアップ助成金の変更点について

 

・人材開発支援助成金とは

労働者が長い勤務生活でモチベーションを保って働けるように、職務に応じた専門的知識などの職業訓練等を計画に沿って行う事業主に支給される制度です。

 

詳細は以下のリンクもあわせてご参照ください。

人材開発支援助成金|厚生労働省

変更点をチェック!人材開発支援助成金 制度導入コースとは?

 

2.【従業員の働く環境改善】の助成金

「ブラック企業」という言葉が日本社会に浸透していますが、働く環境が健全であることは従業員のモチベーションや離職率に大いに関わっています。

 継続的に成長できる事業を目指すのであれば、助成金を使って従業員が気持ちよく働ける環境を整えていきたいところです。

 雇用環境の改善に関わる助成金ですが、現在は「障害者」と「高齢者」と「建設」と「介護福祉」、それから「こころの健康」に関係する助成金がメインになっています。

 しかしながら、人材確保等支援助成金の①雇用管理制度助成コース②人事評価改善等助成コース③設備改善等支援コース④働き方改革支援コースについては、幅広い業種の事業が対象になると思われる助成金です。

 

また、2020年4月より中小企業では時間外労働の上限規制が法律により定められていますが、時間外労働(=残業)の削減に取り組む事業者に支給される助成金には「時間外労働等改善助成金」があります。

 従業員が出産・育児・介護という局面に達した時でも離職せずに仕事と両立しやすくすることでもらえる助成金は両立支援等助成金です。深刻な高齢化や共働きが増えている中、今後ますます有難い助成金となるでしょう。

 

今は消えた助成金・補助金

今もある助成金・補助金

人事評価改善等助成金

→人材確保等支援助成金へ変更<平成30年度>

ストレスチェック助成金

 

・職場定着支援助成金(雇用管理制度助成コース、介護福祉機器助成コース、保育労働者雇用管理制度助成コース、介護労働者雇用管理制度助成コース)

→人材確保等支援助成金へ統合<平成30年4月1日>

心の健康づくり計画助成金

65歳超雇用推進助成金(高年齢者雇用環境整備支援コース)

→平成31年3月29日で受付終了

・小規模事業場産業医活動助成金(産業医コース)

・小規模事業場産業医活動助成金(保険師コース)

・小規模事業場産業医活動助成金(直接健康相談環境整備コース)

職場環境改善計画助成金(Aコース・Bコース)

→令和元年6月30日までで終了

・時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)

・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

・時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)

・時間外労働等改善助成金(団体推進コース)

職場意識改善助成金

→時間外労働改善助成金へリニューアル<2018年4月>

・職場環境改善計画助成金(事業場コース)

・職場環境改善計画助成金(建設現場コース)

 

・障害者雇用安定助成金(障害や傷病治療と仕事の両立支援コース)

→廃止<平成31年3月>

・障害者雇用安定助成金(中小企業障害者多数雇用施設設置等コース)

→廃止<平成31年3月>

・障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)

・障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)

 

障害者職場定着支援奨励金

 

障害者作業施設設置等助成金

 

障害者福祉施設設置等助成金

 

障害者介助等助成金

 

重度障害者等通勤対策助成金

 

重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金

 

・人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)

・人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)

・人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)

・人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)

・人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)

・人材確保等支援助成金(設備改善等支援コース)

・人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)

・人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース(建設分野))

・人材確保等支援助成金(若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース (建設分野))

・人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野))

 

通年雇用助成金

 

・65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)

・65歳超雇用推進助成金(高年齢者評価制度等雇用管理改善コース)

・65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)

 

・両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

・両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)

・両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

・両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)

・両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)

・両立支援等助成金(事業所内保育施設コース)

 

受動喫煙防止対策助成金

  従業員の働く環境改善関連の助成金の概要は、以下の通りです。

・ストレスチェック助成金とは

事業者が資格のある医師と契約して従業員のストレスチェックをさせることで、費用の一部または全部が助成される

ストレスチェック実施促進のための助成金の概要|労働者健康安全機構

社内でストレスチェックしていますか?ストレスチェック助成金とは

 

・心の健康づくり計画助成金とは

事業主が各都道府県にある産業保健騒動支援センターのメンタルヘルス対策促進員からアドバイスをもらい、心の健康職場でのメンタルヘルス計画を作成して実施した場合に助成される

心の健康づくり計画助成金|労働者健康安全機構

 

・小規模事業場産業医活動助成金とは

労働者数50人未満の小規模事業所が専門的知識を持つ医師等に従業員の健康管理の一部または全部を委託する契約を終結した際に、費用の実費が支給される

小規模事業場産業医活動助成金|労働者健康安全機構

 

・時間外労働等改善助成金とは

中小企業が残業を減らすために設備を導入して生産性を挙げたり、労務管理をIT化して無駄な作業を省いたり、外部からコンサルティングを受けて残業時間を改善することで支給される助成金

時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)|厚生労働省

 

・職場環境改善計画助成金とは

事業主が専門家のアドバイスに基づき従業員のメンタルヘルスチェックを行った結果を活かした職場改善計画を作成した場合、計画に基づいた機器や設備の購入の費用が助成される。

職場環境改善計画助成金(Aコース(の概要|労働者健康安全機構

 

・障害者雇用安定助成金とは

「職場適応援助者」と契約し、障害者の職場定着を図る事業者に支給される助成金です

障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)|厚生労働省

 

・障害者職場定着支援奨励金とは

障害者の雇い入れと同時に専門的指導と援助を行う職場支援員を配置する事業主に支給される助成金です

障害者職場定着支援奨励金|厚生労働省

障害者の職場定着を!障害者職場定着支援奨励金とは

 

・人材確保等支援助成金とは

事業主が雇用管理制度(研修制度、健康づくり制度、短時間正社員制度など)の導入を行い、離職率の低下に努めた場合にもらえる助成金です

人材確保等支援助成金|厚生労働省

【2018年新設】人材確保等支援助成金は人事評価改善等より条件が厳しめ?!

 

・通年雇用助成金とは

北海道や東北地方など寒冷の差が激しい地方の事業主が、季節労働者を通年で雇用した場合に助成されます

通年雇用助成金|厚生労働省

季節労働者の通年雇用で助成金を受給しよう~通年雇用助成金~

 

・65歳超雇用推進助成金とは

定年を65歳以上に引き上げたり、高齢者層の雇用管理制度の整備などを実施する事業主に対して支給される助成金です

65歳超雇用推進助成金|厚生労働省

65歳超雇用推進助成金とは

 

・両立支援等助成金とは

男性従業員の育児休業取得を促進したり、仕事と介護・仕事と育児の両立などを推進した場合にもらえる助成金です。

仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主のみなさまへ|厚生労働省

少子化に歯止めの効果も?男性の育児休暇取得でもらえる両立支援等助成金とは?

 

・受動喫煙防止対策助成金とは

望まぬ受動喫煙を防止するための助成金。職場だけでなく、レストランなどの店舗向けの助成金でもあります

受動喫煙防止対策助成金|厚生労働省

受動喫煙を防いで最大200万円受給!受動喫煙防止対策

3.【事業をこれから行う・始めて間もない】事業主がもらえる助成金・補助金

事業を始める際には設備や運転資金などでまとまった資金が必要です。起業や創業でもらえる助成金ですが、実際にお金が手に入るまでには1年~1年半の期間がかかります。また、事業を始めることが前提での助成ですので、事業を始めるお金がないかたには支給されません。

 事業を始めるのに自己資金(ご自身の預貯金)のみで足りない方は、当サイトで日本政策金融公庫などの金融機関からの融資の無料相談(電話・メール)も行っています。是非ご利用ください。 

  <消えた&現在もある助成金・補助金一覧・表>

今は消えた助成金・補助金

今もある助成金・補助金

創業補助金

→地域創造的起業補助金へ名称変更

<平成30年度>

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

 

IT導入補助金(IT・IoT導入補助金)

 

小規模事業者持続化補助金

 

地域創造的起業補助金

 

・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金とは

事業主が複数の中小企業と連携し、データ・情報を共有することで新たな付加価値を作り創造性ある価値を生み出した場合にもらえる補助金です

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募を開始します|中小企業庁

事業所同士で協力し、ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金で資金調達!

 

・IT導入補助金とは

中小企業が生産性向上のために業務効率改善や自動化のためにITツールをITベンダー経由で導入する場合に支給される補助金です。

自治体が独自に行う補助金もあり、その場合は名称が「IT・IoT導入補助金」となっています

IT導入補助金20019|サービスデザイン推進協議会

 

・小規模事業者持続化補助金とは

従業員数5~20人以下の事業所に対して支給される補助金で、使用目的は比較的自由。商工会議所と中小企業庁が連携して実現している補助金です

小規模事業者持続化補助金|日本商工会議所

小規模事業者持続化補助金で資金調達!合格のための申請書の書き方とは

 

・地域創造的起業補助金とは

事業主が立てた創業計画を自治体に持ち込み、認定された場合に申請できる補助金です

平成30年度地域創造的起業補助金

創業補助金と地域創造的起業補助金って何が違うの?

  

4.【緊急時など】事業がつぶれそう・つぶしたくない時にもらえる助成金・補助金

時代のあおりを受けてつぶれそうな事業ってありますよね。その場合に頼りたいのが緊急時に使える助成金です。従業員を休ませた時の給与を助成してくれます。また、事業を後継者に引き継ぐ(事業承継)場合は、手続きや税金でかかる費用を負担してくれる事業承継補助金もあります。

 また、助成金の名前からイメージがつきにくいですが、中高年者(40歳以上)が起業する際にもらえる企業助成金のようなものが「中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)」となります。 

今は消えた助成金・補助金

今もある助成金・補助金

労働移動支援助成金(再就職支援奨励金)

→人材確保等支援助成金(再就職支援コース)へ変更<平成29年4月1日>

雇用調整助成金

 

事業承継補助金

 

中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)

 

・雇用調整助成金とは?

経営が悪化した際に従業員を解雇するのではなく一時的に休業などの対処をして雇用を維持した際にもらえる助成金

雇用調整助成金

雇用調整助成金とは?

 

・事業承継補助金とは?

現在ある事業を後継者にバトンタッチする際にかかる費用(相続税や贈与税の課税など)の一部を助成してくれる補助金です。

平成30年度第二次補正事業承継補助金

以下は、事業承継補助金ではなく事業承継目的の融資制度(通常よりも優待あり)のご紹介です。

事業承継のための資金の融資制度「事業承継・集約・活性化支援資金」を活用しよう

 

・中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)とは

雇用を伴う事業を起こすことにより、自らの就業機会と従業員の雇い入れを実現した際に支給される助成金です

 中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース|厚生労働省

 

5.【新規の雇用】中途採用や高齢者・障害者・若者の雇用での助成金・補助金

通常の雇用ではなく、なかなか雇用されにくい層や雇用が難しい地域や業種などでの雇用を試みる事業主に与えられる助成金・補助金があります。

 

今は消えた助成金・補助金

今もある助成金・補助金

発達障害者雇用開発助成金

→特定就職困難者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)に名称変更<平成29年4月1日>

・中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

・中途採用等支援助成金(UIJコース)

若年者等正規雇用化特別奨励金

→<平成24年3月31日まで>の時限措置

※別名=特定求職者雇用開発助成金

・特定就職困難者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(生涯現役コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(被災者雇用開発コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(障害者初回雇用コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(安定雇用実現コース)

・特定就職困難者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)

建設業離職者雇用開発助成金

精神障害者雇用安定奨励金

三年以内既卒者等採用定着奨励金

→特定就職困難者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)へ変更<平成29年5月1日>

・トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

・トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)

・トライアル雇用助成金(障害者短時間トライアルコース)

・トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)

 

特定求職者雇用開発助成金(長期不安定雇用者雇用開発コース)

→特定求職者雇用開発助成金(安定雇用実現コース)<平成31年4月1日>

・地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)

・地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)

・労働移動支援助成金(再就職支援コース)

→中途採用等支援助成金へリニューアル<平成31年4月より>

・労働移動支援助成金(早期雇入れ支援コース)

 

 

・中途採用等支援助成金とは

中途採用の拡大に努める事業主、また東京圏からの移住者を雇用した事業主に与えられる助成金です

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

 

・特定就職困難者雇用開発助成金とは

ハローワークの紹介で従業員を継続雇用する雇用保険加入事業所に支給される助成金です

特定就職困難者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)|厚生労働省

特定就職困難者雇用開発助成金とは

 

・精神障害者雇用安定奨励金とは

精神障害者の雇用を促進し、精神障害者の雇用と働きやすい職場づくりに貢献した事業主に支給される奨励金

精神障害者雇用安定奨励金のご案内|厚生労働省

 

・トライアル雇用助成金とは

職歴や知識・経験などの不足で就職が困難となっている求職者を、ハローワークの紹介を通じて一定期間試行雇用した事業主に与えられる助成金です

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)|厚生労働省

トライアル雇用奨励金とは?

 

・地域雇用開発助成金とは

求職者の少ない地域で雇用の場を増やした事業主に与えられる助成金です

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)支給申請の手引き

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)で過疎地を改善しよう!

 

・労働移動支援助成金とは

事業の縮小などを根拠に離職させられた従業員の再就職支援を行い事業主に支給される助成金です

労働移動支援助成金(再就職支援コース)|厚生労働省

 

まとめ

事業主がもらえる助成金は雇用や職場改善や起業など、さまざまな種類がありました。助成金の名称だけではイメージがつきにくい内容のものもありますので、自分に関係ある助成金なのか、概要だけでもザっとチェックしておくことをオススメします。

 気になる助成金があれば、早めに申請までの計画を立てましょう。当サイトでも助成金に詳しい担当(特に分煙)などがおります。無料相談が可能です。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。