平成29年4月創設!特定求職者雇用開発助成金の長期不安定雇用者雇用開発コースとは?

平成29年4月創設!特定求職者雇用開発助成金の長期不安定雇用者雇用開発コースとは? 助成金・補助金 – 取り組みやすい助成金
平成29年4月創設!特定求職者雇用開発助成金の長期不安定雇用者雇用開発コースとは?
タグ

平成29年4月創設!特定求職者雇用開発助成金の長期不安定雇用者雇用開発コースとは?

特定就職困難者雇用開発助成金は様々な理由で就職が困難な方を積極的に雇用した事業主に対して支給される助成金です。今回は平成29年4月に創設された特定求職者雇用開発助成金の【長期不安定雇用者雇用開発コース】についてご紹介します。

1.長期不安定雇用者雇用開発コースとは?

バブルの崩壊によって訪れた、就職が困難であった時期を「就職氷河期」と言います。

就職氷河期に就職する機会を逃し、今まで安定した職業に就くことが出来ず長期に渡って不安定な就労環境にいる方を、正規雇用の従業員として雇用した場合に受給することができる助成金のコースです。雇用の状態が不安定である労働者を正規の従業員として雇用する事業主を支援することで、正規雇用の就職を促進させる目的があります。

受給するための要件として年齢などの制限があるため確認していきましょう。

2.受給対象の従業員

ハローワークや職業紹介事業者からの紹介で正規の従業員として雇用される日に、以下4つの条件全てに当てはまる必要があります。

3.受給対象の事業主

長期不安定雇用者雇用開発コースを利用する事業主は以下6つの条件を全て満たす必要があります。

その他の要件は厚生労働省のホームページで確認しましょう。

【厚生労働省HP:特定求職者雇用開発助成金~長期不安定雇用者雇用開発コース~

4.受給額

助成金の受給対象である従業員を雇用した日から数えて6ヶ月間を第1期、以後の6ヶ月間を第2期と区分し受給することができます。

中小企業の場合、最大60万円も受給が可能です。

5.助成金申請の流れ

助成金の申請から受給までの流れを確認しましょう。

助成金や補助金は取得までに時間がかかる?

助成金や補助金は、すぐに取得できるものはほとんどありません。

中でも、1年から1年半経過後に取得できるものが多いです。

助成金申請が実行される前に、資金繰りが悪くなってしまう会社が多い傾向があります。

そこで、多くの経営者が助成金とは別に、

金融機関や日本政策金融公庫からの借入もご検討することを推奨しています。

中でも、政府が100%出資している日本政策金融公庫については、

下記サイトで詳しく説明されていますので、情報収集しておくと万が一に備えられるでしょう。

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

まとめ

今回は特定求職者雇用開発助成金の長期不安定雇用者雇用開発コースについてご紹介しました。平成29年4月に新設されたコースで、利用すると最大60万円受給することができ、比較的利用しやすい助成金のためオススメの助成金の一つです。助成金は返済不要の資金調達法とも言われており、受給した助成金の用途は自由です。事業主の方は助成金を上手に活用することで、運営資金に充てることが出来るため、労働者の雇用拡大だけでなく事業主の方にとってもメリットがたくさんあります。

まずは利用しやすい助成金から取り組んでみることをオススメします。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。