エンジェル投資家から出資を受けるためのポイントを知ろう

エンジェル投資家から出資を受けるためのポイントを知ろう 起業のための資金調達 – エンジェル投資家・vcからの資金調達
エンジェル投資家から出資してもらうには?

エンジェル投資家から出資してもらうためには

事業を拡大するために資金調達は欠かせません。

エンジェル投資家から出資を受けるのも資金調達手段のひとつですが、すべての起業家が投資家からの出資を受けられるとは限りません。

今回は、エンジェル投資家から出資を受けるために必要な8つのポイントをご紹介します。

 

1.興味を持ってもらえるビジネスモデル

まずは、エンジェル投資家に「この人の話を聞いてみたい!」と思ってもらわなければなりません。

そのためには、魅力的なビジネスモデルを提案できるか、ということが重要になります。

投資家が興味を持つビジネスモデルには、次のような要素を含んでいるものが多いです。

 

このような条件にマッチするビジネスであれば、自然と業界内でも話題になり、投資家の方から投資したいと言ってもらえる確率も上がるでしょう。

 

2.事業の価値が明確である

あなたの事業が、どのような影響を与え、社会貢献に繋がるのか、その価値を投資家に伝えることが大事です。

何のためにこの事業を行うのか、という起業の原点とも言えます。

投資家は、良いビジネスは勝手に成長し、人々の人生の質を上げ、今までになかった価値を与えるものだということを知っています。

スティーブ・ジョブズがまさにその一人で、まだ一般人にコンピュータが普及していなかった頃から、「各家庭にコンピュータを持つ時代が来る」と投資家に価値を伝え続けてきました。

ジョブズの発想を笑う人も多くいましたが、結果的に多額の出資を受けることができたのです。

日々の業務に追われ忘れがちですが、自分の事業の価値を改めて考える良い機会ですので、明確にしておきましょう。

 

3.事業成功のためにやるべきことが明確である

事業計画書を作成しておきましょう。

どんなに素晴らしいビジネスモデルでも、明確な実行計画がなければ成功しません。

収益を得るためには何をする必要があるのか、どのような人材が必要なのか、根拠のある数字を基に事業計画と予算計画をあらかじめ作っておく必要があります。

また、妥当性のある戦略プランも練っておきましょう。

エンジェル投資家には、実績のある元経営者も多くいますので、事業計画の良し悪しはすぐに判断されます。

もちろん、事業に対する熱い想いをしっかり伝えることも大事です。

 

4.起業したい分野や業界についてリサーチする

起業を考えているのであれば、エンジェル投資家から出資を受ける受けないに関わらず、競合他社にどのような企業があるのかや業界の規模や業績などの動向を十分に調べておきましょう。

起業しようとしている分野や業界について、最低限の知識や情報を踏まえた提案をすることで、より説得力が増します。

 

5.出資することで、どのようなリターンを得られるか明確にする

エンジェル投資家は慈善活動をしているわけではありません。

あなたの事業に出資することで、どのようなリターンを得ることができるのか考えています。

事業を成功させた後は、上場せずに事業を続けていくのか、もしくは上場してキャピタルゲインを得るのか、明確にしておく必要があります。

どちらにしても、投資家にとってどのようなリターンがあるのか、しっかりと説明をしておきましょう。

 

6.多くの協力者を作っておく

どんな事業であっても、自分ひとりではできません。今後事業を拡大させていこうと考えているなら、なおさらです。

一番身近な存在である家族や配偶者、親族はもちろんですが、友人やこれまでに仕事で関わってきた人など、できるだけ多くの協力を得られるように賛同してくれる方を増やしておきましょう。

裏を返せば、身近な人から理解や協力を得られないということは、エンジェル投資家を納得させるのはさらに難しいということです。

 

7.起業家や経営者とのネットワークを作る

事業内容や分野が異なる業種であっても、経営に関する共通の課題も多々あります。

自分が直面した課題を気軽に相談することのできる起業家や経営者との人脈を築いておくことが大事です。

経営者同士の繋がりの中でのあなたの評価が、エンジェル投資家の投資判断に影響する可能性もあります。

実際、エンジェル投資家の持つネットワークを通じて起業家と出会い、投資を行うケースも多いです。

他にもメールやSNSなどで直接コンタクトを取ったり、起業家や経営者向けのイベントやセミナーに参加したりするなど、ネットワーク作りのきっかけに有効な方法です。

 

8.常に準備をしておく!

いつ、どのようなタイミングで投資家と出会えるチャンスが舞い込んでくるかわかりません。

いざ、そのような状況になったときにしっかりと自分の事業を伝えられるように、日頃から準備をしておきましょう。

実際に声に出してプレゼンテーションの練習をしたり、イメージしたりしておくことで、完璧に伝えられるようになります。

声のトーンや立ち居振る舞い、話の構成や順序なども投資家に与える印象を大きく左右しますので、自分のプレゼンテーションを定期的に研究すると良いでしょう。

 

まとめ

エンジェル投資家からの出資を受けることで、事業の拡大に一歩近づきます。

繰り返しになりますが、エンジェル投資家から出資をしてもらうためには、自分の事業をしっかりとアピールできるよう、常日頃から準備しておくことが大切です。

前述した8つのポイントを押さえ、エンジェル投資家と出会う機会に備えておきましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。