エンジェル投資家からの資金調達!メリットとデメリットを知ろう

エンジェル投資家からの資金調達!メリットとデメリットを知ろう 起業のための資金調達 – エンジェル投資家・vcからの資金調達
エンジェル投資家からの資金調達!メリットとデメリットは?

エンジェル投資家から出資を受けることのメリットは?

エンジェル投資家は、起業家のスタートアップを支援する個人投資家です。

 まだ実績のない起業家にとって、エンジェル投資家は心強い味方になってくれる可能性がありますが、出資を受けることにどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?

出資を受ける前にきちんと理解してから活用しましょう。

 

1.エンジェル投資家からの資金調達するメリット

(1)返済不要で資金調達が可能

エンジェル投資家から出資を受ける最大のメリットは、「返済不要で資金を手に入れることができる」ということです。

日本政策金融公庫や銀行などから融資を受けた場合、利息をつけて返済する必要があります。

出資は、そもそも返済するものではありません。

あなたの会社が上場やM&Aなどに成功すれば、エンジェル投資家にも利益が生まれます。

たとえ事業に失敗したとしても、これまで築いてきた人間関係や信頼関係は別として、株などの価値がなくなるだけです。

また、エンジェル投資家が事業のアイデアや技術などに納得できれば、出資の際、担保や保証もいりません。

 

(2)会社の信頼向上につながる場合がある

エンジェル投資家には、もともと経営者として実績のある方も多くいます。

あなたの会社の株主として、有力な企業経営者や元経営者などの名前が載ることで、他の投資家や自社の取引先に対して、会社の信用度が増す可能性があります。

 

(3)経営のアドバイスが得られる

エンジェル投資家が持っている人脈や過去の経営経験からの助言など、資金面以外でもあなたの会社にとって有益なサポートを受けられることも期待できます。

また、社外取締役に就任するなど、より深く会社の経営に関わってもらえる場合もあります。

 

2.エンジェル投資家からの資金調達するデメリット

(1)経営に介入される

先ほど、経営経験からアドバイスがもらえるというメリットを挙げましたが、こちらが望んでいなくても会社の経営に首を突っ込んでくるエンジェル投資家も存在します。

エンジェル投資家としては、良かれと思って親切心から助言しているのかもしれません。

しかし、起業家にとっては経営で窮屈な思いや余計な介入と不満を感じる意見もあるようです。

エンジェル投資家から出資を受ける前はもちろん、出資してもらった後も良好な関係を築いていくためにしっかりとコミュニケーションを取っていきましょう。

 

(2)詐欺などの危険性

上場していない企業の株を持っていても、売買は簡単にできません。

裏を返せば、一度投資家が株を手にすると、手放してもらうのも容易ではないということです。

仮に「出資してくれた人が、実は暴力団関係者だった」となると、大手企業との取引や今後株式上場などの場面で、会社にとって深刻な問題になりかねません。

実際に投資詐欺事件なども起きていますので、悪意を持った‟自称”エンジェル投資家には要注意です。

 

(3)消費税の免除が受けられない場合がある

資本金の額または出資の金額が1,000万円以上の法人は、消費税の納税義務免除の対象から外れます。

その場合、設立1期目および2期目でも消費税の納税義務が発生するため、出資額や資本金の額で税制などに影響が出るかどうか、出資を受ける前に意識しておきましょう。

 

まとめ

まだまだ日本では馴染みのないエンジェル投資家ですが、資金調達だけでなく精神的なサポートが得られるなど、メリットも多数あります。

ただし、エンジェル投資家から出資してもらうには、ご自身のビジネスモデルのユニークさや将来性、実現可能であることが大前提となります。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。