あなたの強みを生かせ!起業のアイデアやネタを見つける方法

あなたの強みを生かせ!起業のアイデアやネタを見つける方法 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
起業のアイデアやネタを見つける方法

どうやって起業のネタを探す?

中小企業庁のデータを見てみると、約3割の会社や個人事業主が1年後には廃業するといわれています。
多くの企業が生まれても、続くのはほんの一握りということです。
売上不振や経営者として勉強不足など、事業がうまくいかない要因はさまざまですが、根本的な原因として、あなた自身と事業内容のミスマッチであることが考えられます。
起業のアイデアやネタとして、自身の強みを出せないものをビジネスの軸にすえた悲劇です。

そこで今回は、ミスマッチを生まないため、あなたの強みを生かした起業アイデアやネタを見つける方法をご紹介します。

1.あなたの強みを生かせ!起業アイデアやネタを見つける方法

① あなた自身と向き合う

「本当の幸せは身近にある」という童話『青い鳥』ではありませんが、起業アイデアやネタのヒントは、意外にもあなた自身の中に眠っています。というのも、あなた自身の中にあるものをヒントに起業のアイデアとネタを探さないと、ビジネス上の壁にぶつかることがあるからです。

例えば、資金調達のため金融機関から融資を受けるには、「なぜこの事業をやろうと思ったのか」「この事業に対するあなたの強みは何なのか」「売上の根拠は何なのか」などを面談で説明する必要があります。

あなた自身の特性と絡めて、あなたの強みを説明できるかどうかで、調達できる資金額も、融資の可否も変わってきます。

そのため、まずは自分自身の好きなことや得意なこと、できることを書き出してみましょう。できるだけ多く書き出すために、友人や家族に手伝ってもらってもよいです。第三者の意見を聞くことで、自分では気づいていない強みが発見できるかもしれません。

5分と制限時間を決めて付箋に書き殴るブレインストーミング手法もよい方法です。

幼少期から今まで、仕事でもプライベートでも構いませんので、思いつく限りを書き出しましょう。

▼まずは自分自身について書き出してみましょう。

A:好きなこと、していて楽しいこと(現時点で上手じゃなくても可)

B:得意なこと、さほど努力してなくても上手にできること

C:できること、努力して上手になったこと

 

▼次にあなたの周りの人についても書き出してみましょう。

D:友人や親しくなりたい人

E:友人や親しくなりたい人に、あなたがしてあげたいこと

F:友人や親しくなりたい人と一緒にいて、テンションがあがる状況

② あなたの強みを分析する

A~Fの項目を書き出したら、早速、あなたの強みを分析しましょう。

A:好きなこと、していて楽しいこと(現時点で上手じゃなくても可)

好きなことが上手で、得意なこととなっているのであればBの項目として扱ってください。ただ、残念ながら、現時点で上手ではない「好きなこと」があなたの強みになるのはレアケースです。

好きなことを仕事にしたいという気持ちはわかりますが、事業として行うからには売上がたたなければなりません。

「ラーメンが好きだからラーメン屋を開きました」という方と、「ラーメンが好きだからラーメン屋で5年間修業をして、自分のお店を持ちました」という方では、後者のほうが事業がうまくいく可能性が高いことはわかりますよね。

金融機関から資金調達する場合も同じように判断されます。経験がないけれど好きなことで起業したいという方は、まずは業界を知るために実際に勤務してみるなどの「経験」を積むとよいでしょう。

未経験だと融資は受けにくい?

B:得意なこと、さほど努力してなくても上手にできること

ここで挙がった項目があなたの強みです。さほど努力しなくても上手にできるということは、事業として行ったとしても特に苦にならずに続けられる場合が多いでしょう。

得意なことがそのまま起業のアイデアやネタになるとは限りませんが、何かと組み合わせることで、大きく花開くビジネスの種になる可能性を秘めています。

もちろん、得意なことの業界経験があれば、理想的です。

起業時の融資面談でつまずくことはないでしょう。

C:できること、努力して上手になったこと

あなたの強みと言えますが、注意が必要です。

Bで挙げたさほど努力しなくてもできることと違って、努力して上手になったという自覚は、努力や苦労をあなた自身への負荷、大変さとして認識していたことを示すものです。

融資面談での説明に苦労することはなくても、事業経営をしている内に疲弊し、積もり重なった疲労から事業継続を諦めることになりかねません。

③周りの人からあなた自身を分析する

続いて、友人の分析です。人は自分を映す鏡とはよく言ったもので、周りの人を分析することで、あなた自身を知ることができます。

D:友人や親しくなりたい人

あなたが起業したときにお客様になる可能性がある人です。

「お客様は友人じゃない」と仕事とプライベートを分ける考え方もありますが、基本的に、苦手な属性のお客様を相手にするビジネスがうまくいくはずもありません。扱い方をよく知っていたり、もっと知りたいと思ったりするお客様であれば、ビジネスは長く続くでしょう。

この項目で書き出した人は、どんな属性で、どんなことに喜んでくれる人か思い返してみましょう。

E:友人や親しくなりたい人に、あなたがしてあげたいこと

あなたが強みを出しやすい場面です。

他の人が簡単にできることではなく、あなたならではの「してあげたいこと」が書き出されていれば、それはあなたの強みのある起業アイデアやネタとなります。

他の人でもできる内容であれば、もうひと工夫が必要です。あなたのオリジナリティーを出して、友人をもっと喜ばせるには何が必要か考えてみましょう。

F:友人や親しくなりたい人と一緒にいて、テンションがあがる状況

あなたが、起業してやりがいを感じやすい場面です。

様々な困難を乗り越える必要のあるビジネスを続ける上で、やりがいを感じる場面に出会うことはモチベーションにつながります。この場面に何度も出会えるなら、どんなことがあろうと乗り越えられるという、あなたの強みになりうる要素です。

あなたは、どんな状況にやりがいを感じますか。

④あなたの強みから起業アイデアやネタを見つける

成功する起業アイデアやネタには、発想の妙があります。常識、当たり前を疑うことです。

よく使われるアイデア出しの手法に「オズボーンのチェックリスト」と呼ばれるものがあります。あなたの強みを9つのポイントで見直し、あなただけの起業アイデアやネタを見出しましょう。

1. 転用:ほかの使い方、活用方法は?

2. 応用:ほかの分野に応用すると?ほかの商品・サービスを応用できる?

3. 変更:色や形、個数や回数、範囲などを変更したら?

4. 拡大:大きさ、個数や回数、範囲などを大きくしたら?

5. 縮小:大きさ、個数や回数、範囲などを小さくしたら?

6. 代用:ほかの商品やサービスに代用できる?

7. 置換:順番や時間、方法、場所などを入れ替えたら?

8. 逆転:上下左右、プラスとマイナス、やり方や役割などを逆転させたら?

9. 結合:何かと組み合わせたら?

例えば、ラーメン店を開業すると仮定して考えてみましょう。

1. 転用:昼はラーメン店、夜はダイニングバー

2. 応用: 焼うどんならぬ、焼きラーメン

3. 変更:替え玉何杯でも無料のサービス

4. 拡大:超特盛のバケツラーメン

5. 縮小:一口ラーメンを5種類盛り合わせる

6. 代用:ラーメンの麺が春雨

7. 置換:回転寿司のように流れてくる好きなスープを取る

8. 逆転:深夜に食べても太らないラーメン

9. 結合:美味しいラーメンの作り方が学べる料理教室

一例として挙げましたが、こんなの現実には無理だろうと考えるのではなく、まずは質より量を意識して思いつく限りのアイデアを出すことが大切です。

まとめ

起業アイデアやネタは、あなた自身の中に眠っています。あなたを見つめ、分析し、強みを見出し、起業アイデアやネタを見つけましょう。

起業前に試行錯誤しながらアイデアを出すことで、資金繰りで困ったり、精神的・肉体的な疲弊したりしない、強い事業経営につながるはずです。

まずは、あなたの友人や親族も巻き込んで、あなた自身をちゃんと知ることから起業をスタートさせてみませんか。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。