起業セミナーはこう使え!効果的に起業セミナーを活用する4つのコツ

起業セミナーはこう使え!効果的に起業セミナーを使う4つのコツ 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
起業セミナーを効果的に使うコツをお教えします。

起業にご興味のある方であれば、一度は起業セミナーへの参加を検討していることでしょう。

ネット検索すれば、無料で起業のノウハウを学べるセミナーが多数掲載されています。しかし、ただ起業セミナーに参加しているだけであれば、事業は前に進みません。

今回の記事では、より効果的に起業セミナーに参加するための4つのコツについて考えてみました。

 1.起業セミナーとは?

①ゼミナールが語源

起業セミナーについて語る前に、まず「セミナー」とは何でしょうか。セミナーは別名ゼミナールとも言われており、一人の大学講師と少人数の生徒により一つの課題を研究する教育方法を指しています。つまり、セミナーとは大学のゼミとは似た意味で使われている言葉です。

 ②活発なセミナー、静かなセミナー

大学のゼミのように、参加者も積極的にワークショップや質問で参加する起業セミナーがあります。例えば、福井県産業情報センターでは過去に「3時間でつくる!!お手軽 創業計画書」というタイトルで参加者とアドバイザーが一緒になって創業計画書を練るという参加型の内容のセミナーが実施されました。

一方で、講師一人がマイクで話し続け、生徒側は単に話す内容を聞いてパンフレットを眺めるのみ、といった静かな雰囲気の起業セミナーもあります。ストアカ、こくち~ずなどのWebサイトや検索でこういった起業関係のセミナーはたくさん見つけられます。この場合は、講師の人柄とトークスキルと起業に関わる経歴がセミナーの質に大きく影響します。

 ③無料のセミナー、有料のセミナー

起業セミナーの料金の話もしましょう。無料のものも多くありますが、有料の起業セミナーも沢山あります。無料のものは初心者向けのものが多く、起業に関して全くわからない、といった人をターゲットにしています。経営者向けのものは年間で何十万円も支払うセミナーもありますが、ゲストや内容はそれだけ充実しているので一見の価値はあります。

2.起業セミナーに行くとどういうことが学べるか

起業セミナーは冒頭でお伝えした通り、非常に多くのジャンル・主催者により企画されています。まずよくあるのが、①起業したいけど何をすればいいかわからない人向け、のものです。自分に何が向いているのか、起業をしたらこんな毎日になる!といった精神論が入ります。次に、②会社設立・法人系の内容です。法人を立てるためにはどうすればいい?税金はどうすればいい?といった内容で、税理士や公認会計士によってレクチャーされます。

③つ目は資金調達・融資系のセミナーです。融資を受けたいけど、このスペックで融資は通る?事業計画書が書けないけどどうすれば?とお困りごとに対する内容です。この内容については、今ご覧頂いている資金調達ノートでもメールや電話で無料相談を実施しています!

④つ目は集客に関するもの、特にSNSを利用した集客についてです。この他にも、飲食業の方向けの内装のセミナーや助成金・補助金セミナーなど内容はさまざまです。

3.無料の起業セミナーと有料の起業セミナーがあります

起業セミナーは大まかに分けると【無料】と【有料】の2つに分類されます。どちらかと言うと無料の方が初心者向けで内容は会社設立や起業とは?という概論が多いです。 まずは、無料のセミナーからいくつかご紹介いたします。

 ①【無料】シェアオフィス・バーチャルオフィスが開催する無料セミナー

「起業 セミナー」で検索すると上位に出てくるKnowledge Society(ナレッジソサエティ)の提供する起業セミナーです。内容を見ていくと、司法書士の方による法人設立方法のレクチャーや経営コンサル会社の代表による事業計画のチェックや融資の受け方のレクチャーなど、かなり実用的な内容です。

 東京都千代田区のシェアオフィス・バーチャルオフィス 九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

 Knowledge Societyの事業はシェアオフィスとバーチャルオフィスの提供です。セミナーに参加する方は起業を検討している方ですので、セミナー参加者がシェアオフィスなどを探している場合は「ぜひ当社で契約しませんか?」ということになるでしょう。

 起業が直接本業ではないけれど、起業に近しい業種が集客目的でセミナーをやるのは最近よくあるパターンです。あなたが今この記事を読んでいるWebサイト「資金調達ノート」を運営している企業(=SoLabo、ソラボ。融資コンサルタントが主な事業)もよくセミナーを開いていました。

 本業が経営ではなく別の事業をしている会社が開く無料セミナーは、別の事業で何をしているのかを一応前もってチェックしておく方が良いでしょう。そうしておくことで、万が一セミナーで勧誘を受ける場合の心の準備ができるからです。

 ②【無料】内容充実!創業手帳が提供する無料セミナーは主催者をチェックしよう

起業・創業にご興味のある方であれば一度は訪れたことがあるであろうWebサイト、それが創業手帳です。以下のWebサイトから申し込めば、無料で創業手帳という冊子が郵送されます。

 創業手帳|起業/開業/経営 セミナー開催予定

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

 創業手帳が創業に関わる情報サイトで一歩突き抜けているのは、この「冊子を郵送する」という試みを行ったことから始まっている気がします。冊子を送ることで単にWebサイトを閲覧している人の個人情報を取得し、どのような人がWebサイトを見ているのかを具体的に理解できるようになるからです。Webサイトとして非常に成長した創業手帳では、主に東京で多くのセミナーを開催しています。

 <創業手帳の実施するセミナー例>※出典:創業手帳のセミナー情報一覧より抜粋

  • 2018年11月27日(火) 【東京】少人数限定!融資・補助金・出資を狙う 創業手帳セミナーin新橋
  • 2019年1月16日(水) 【東京】創業手帳セミナーin九段下~資金調達・販路拡大~
  • 2019年2月5日(火) 【東京】東京都の低利融資を活用しよう!融資勉強会 in赤羽
  • 2019年2月22日(金) 【東京】少人数限定!要点を押さえる飲食店開業セミナーin京橋

 セミナー内容は主に、①創業初期の方向け・起業を目指す方や学生向けの内容のものと②資金調達・融資に特化した内容のもの、そして③飲食店開業や女性限定などの限定的なものの3つに分けられます。①は主催者が創業手帳株式会社、それ以外は創業手帳と関連する別企業や専門家となります。漠然と起業したい方は①のセミナーを、希望する内容がはっきりしている方はその内容を選択しましょう。

 ③【無料】社会起業大学の主催する起業したいけどモヤモヤしている人向けのセミナー

起業にリスクがあるのは、皆さんご存知です。しかし、現在の日本では働き方改革や経済の低成長などさまざまな問題があるため、起業への漠然とした興味を持つ潜在層は非常に多いと思います。

 そんなモヤモヤを解決できるセミナーを、朝日新聞デジタルの&Mというサイトから見つけました。

&M|【無料セミナー】 「もどかしさ」を武器にする。今から独立・起業を始めるためのとってもシンプルな5つのアクション(5月開催)

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

 こちらのセミナーでは実際に会社設立する方法などが伝授される実際的な内容ではなく、起業したいけど動き出せない方が何をすればいいのか、といった頭の中を整理するための内容、という印象です。では、有料のセミナーもご紹介しましょう。

 ④【有料】東京都が主催のTOKYO創業ステーションに掲載されているセミナー

日本政府だけでなく、東京都も起業を積極的に推進しています。TOKYO創業ステーションは東京都の丸の内に窓口を構える東京都民のための総合創業相談窓口です。セミナー参加料は2千円程度です。

TOKYO創業ステーション|TOKYO起業塾とは

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

 TOKYO創業ステーションに掲載されているセミナー(起業塾)はとても人気があり有料ですが、すぐに満員御礼になります。【入門コース】と【実践コース】が明確に分かれているので、より自分が参加したい内容をダイレクトに選べます。

⑤【有料】ドリームゲート主催の起業・経営セミナー

ドリームゲートは政府系の起業プロジェクトです。小泉内閣の経済財政諮問会議の場で、平沼経済産業元大臣から本プロジェクトの概要を発表さっれ、ドリームゲートのWebサイトがオープンしました。セミナー参加料は4千円程度です。

立ち上がれニッポン|ドリームゲート セミナー情報

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

ドリームゲートが主催するセミナーの内容ですが、以下のように多岐にわたっています。

  • 5000名の起業家を担当した日本公庫の融資課長が伝授 『満額融資を受けるために必要な、事業計画書の書き方』
  • 賢い起業家が実践する!補助金・助成金の使い倒し方
  • 何も決まっていない何から始めたらいいかわからない人限定~サラリーマンを辞めずに身の丈のシゴト複業をつくるモヤモヤ相談プライベートセミナー「最初の第一歩」

タイトルを見ているだけでモチベーションが上がりますよね。ドリームゲートのセミナー講師は経歴が素晴らしく、なんと元補助金事務局審査員もいるほど。助成金・補助金について知りたい方もチェックすべきセミナーがあります。

 3.セミナーに行く事自体が目的にならないために!起業セミナーを活用する4つのコツ

①(起業セミナーを効果的に活用するコツ1)起業セミナーに行く目的を考える

自分は起業セミナーに単にノウハウ提供を求めているのか、交流を求めているのか、をよく考えて参加するセミナーを決めましょう。

 ちなみに、セミナーの広告で「最速で」「億万長者になれる」「何か月で〇〇万稼げる」といった踊り文句がある場合はたいてい課題広告の可能性があると思います。課題広告の運営会社を調べるとあまり評判がよくなかったからです。

現状がイヤだな~、と考える起業希望者は、裏を返せば、自分の話を聞いてくれる人を求めている人とも言えます。起業したい人の話を聞いて、別の契約を勧めることを考える業者も中にはいますので、怪しいと感じるものにはむやみに手を出さない方が賢明です。

 ②(起業セミナーを効果的に活用するコツ2)セミナーで目的達成できたかを自己分析する

セミナーの参加費は無料でも、毎日のようにいけば交通費がかさみます。セミナー主催者から声をかけられ、気づいたら起業セミナーの常連、になっていても、あなたには何のトクもありません。

 セミナーに行く前に、今回の参加目的をしっかり考えメモしましょう。会社設立のこの部分が分からない、事業計画書のこの部分が分からない、と事前に資料を準備し、セミナーで質問する、くらいの方が有意義です。セミナー参加後、今回のセミナーに参加した意味はあったかな?と自問自答することも忘れずに。

 ③(起業セミナーを効果的に活用するコツ3)質の良いセミナーを選ぼう

前の方で少し触れましたが、人が集まるところにはどうしても質の高い・低いが存在します。セミナー主催者はどのような運営会社なのか、どのような専門家なのか、その人の経歴はどうか?など、少々厳しめにチェックしましょう。そうすることで、参加する意味のあるセミナーを選ぶことができます。

 ④(起業セミナーを効果的に活用するコツ4)起業セミナーと就職セミナーの共通点を知る→客観的に参加する

大学時代によく就職フェアやセミナーのチラシを配られませんでしたか?就職セミナーと起業セミナーって、少し似ていると感じます。それは、セミナーに参加する側は情報を得たいという希望を持っており、セミナーを主催する側はそういった人とコンタクトを取りたがっているのです。また、セミナーを主催する側は「うちは良い企業だよ」と企業アピールをしています。

 起業セミナーをする主催者も形は違っても、参加者に対して何らかのアピールをしています。主催者がLINEPAYの場合は「起業したらLINEPAY決済を導入してほしい」とアピールしますし、主催者が税理士の紹介をしたい場合は「起業前後にうちが紹介する税理士を契約してね」とアピールします。

起業セミナーの主催者の言いなりになってはいけない、という訳ではありません。客観的な視点を持ち、「今この士業の先生を紹介してもらった方がいいかも」と思うのであれば問題ありません。しかし、相手からの営業をすべて受け、あなたの思い描く起業への段取りがスムーズにいかなくなるのは思わしくありません。

 4.【結論】起業セミナーを使うための極意

以上から考え、起業セミナーを使うための極意を考えてみました。

 <起業セミナーを使うための極意>

  • どの内容が知りたいのか、セミナーに参加してどうなることを期待しているのか考えて参加する
  • 起業セミナー通いはほどほどに。期間や予算を決めて絞る
  • できるだけ質の良い起業セミナーを選択する
  • ためになることは手書きでメモを取る

まとめ

起業セミナーは就職セミナーと同じで、行きすぎず、要点を絞って効率よく参加しましょう。

参加することで、新たな視点ができたりモチベーションが上がったりとメリットもたくさんあります。

自身の資金調達の悩みを相談→ 資金調達に関するQ&A

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。