起業の前に知っておこう!損益計算書の利益5つとは?

起業の前に知っておこう!損益計算書の利益5つとは? 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
損益計算書 利益 決算書

会社経営の基本として抑えておきたい5つの利益

会社の事業年度が終了するときに行う決済では、決算書の作成が必須です。

決算書の一つである【損益計算書】には5つの利益が記載され、会社の収益や使った費用を知ることができます。起業をお考えの方には知っておいて頂きたい5つの利益についてご紹介します。

 

1.損益計算書とは?

1年に1度行う決算で作成する決算報告書(決算書)はいくつかの書類で構成されています。

今回ご紹介する「損益計算書」も決算書の一つで、

・決算をした事業年度で会社がどれくらい利益を出したのか

・収益を出すためにどれくらい費用を使ったのか

など会社の収益について5つの利益を使って記載しています。

 

2.損益計算書の5つの利益

損益計算書は「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期利益」「当期利益」の5つの利益で構成されています。それぞれの意味や内容を理解することが会社の収益について把握するためにとても大切です。

それぞれの利益について確認していきましょう。

 

3.会社の収益!売上総利益とは?

粗利益とも呼ばれる売上総利益は、会社が取り扱う商品で得た利益のことを言います。

売上総利益は売上高から仕入高を差し引くことで算出することができ、売上総利益の中から従業員の給与等が支払われます。

売上総利益によって会社がどれくらい儲かっているのか、簡単に算出することで今後の会社の目標設定など日常的に確認して活用することができるでしょう。

 

4.本来の儲けを知る営業利益

売上総利益から人件費等の「販売費及び一般管理費(販管費)」を引いて算出します。

会社が行う本来の業務で得た利益を見ることができ、売上高が高くても販売に必要な費用が高かった場合営業利益は低くなります。

 

5.経常利益は会社全体の利益

経常利益は営業利益+営業外収益−営業外損益で算出します。

会社本来の利益である営業利益から、営業以外の収益である「受取利息・支払利息・手数料」など、営業以外で得る毎月の財務活動の損益を考慮していて

・会社全体の利益がどれくらいか

・会社の経営が安定しているか

を判断する時に確認する利益です。

 

6.税引前当期利益とは?

税引前当期利益は、名前の通り法人税など支払う必要がある税金を支払う前の利益です。計経常利益+特別利益-特別損益によって算出され、通常の営業では発生しない営業車の売却益や退職金の支払いなどを考慮していることが特徴です。

営業利益が黒字である場合でも税引前当期利益が赤字になっていることもありますが、一時的に発生した損益が考慮されていることを忘れないようにしましょう。

 

7.当期利益とは?

当期純利益は税引前当期純利益から法人税を引いて算出します。

決算期における会社の最終的な利益を表す利益です。

 

8.大事な利益はどの利益?

会社経営の基本として決算期に作成する損益計算書に記載される5つの利益である【売上総利益】【営業利益】【経常利益】【税引前当期利益】【当期利益】それぞれが何の利益を表しているか把握しておきましょう。

判断する項目が何かによってどの利益の数字を確認するかが変わってきます。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。