融資の成功確率を上げるためには、職務経歴が非常に大切?

融資の成功確率を上げるためには、職務経歴が非常に大切? 起業のための資金調達 – 起業前に実施しておくべき準備
日本政策金融公庫 職務経歴

これまでの経験が融資審査を左右する

日本政策金融公庫からの融資を成功させるためには、 ・自己資金 ・今までの経験値 この二つが非常に大切になってきます。 今回は、今までの経験値を示すことができる職務経歴の大切さをご紹介しておきます。

1.日本政策金融公庫の面談担当者は、職務経歴のどこをチェックするのか?

 

日本政策金融公庫の融資では、日本政策金融公庫の担当と必ず面談があります。

この面談では、貸したお金をしっかり返済する力があるのかを見ています。

 

金融公庫の担当は、当たり前のことですが、貸したお金を返してくれる方には、お金を貸したいのです!

 

チェックポイント 面談では、お金を返せることをプレゼンすることが大事!!

 

借りたお金をキッチリ返済することができる!とアピールするためには、職務経歴が大切になります。

 

2.融資を受けるにあたって一番理想的な職務経歴とは?

 

思いつきでスタートするビジネスと、しっかり計画してスタートするビジネスでは、成功確率は変わってきます。

創業して、成功させるためには、準備が非常に大切です。

職務経歴を見れば、創業するために必要な準備をできているか確認できます。

 

【理想的な職務経歴の例】

 

飲食店を開業予定の方の理想的な職務経歴

 

飲食店で10年以上の経験がある

お店の店長として、お店を管理運営していた経験あり

仕入れも担当

仕入れ業者の選定業務も行っていた

メニューの企画も行っていた

従業員管理も行っていた

キッチンもホールもどちらも対応可能

お金の管理もしていた

 

など、職務経歴で、飲食店を開業するために必要な能力が身についていることをアピールできれば、融資は受かりやすくなります。

 

3.融資を受けにくい職務経歴

 

今までは、サラリーマンとして広告代理店に勤めていた方が、お客さんから誘われて、ラーメン屋をOPENさせたいと考えたとします。

社会人になってからの職務経歴は、広告代理店に勤務していたのみ。

 

この方がラーメン屋で開業したいから融資を受けたい!と希望して、融資は受けられるのでしょうか?

 

この方の場合だと、職務経歴を見ても、なぜラーメン屋をやりたいのか?ラーメン屋をやるためにどんな準備をしてきたのか?

が全く分からないです。

 

日本政策金融公庫の面談担当者も、この方と面談した場合、儲かりそうという話を聞いたからラーメン屋を開業したいんだ!

と判断し、計画性がないから倒産する可能性が高いので、お金を貸さない!と判断するはずです。

 

4.思い付きでスタートすると思われないことが融資の面談ではもっとも大事!

 

貸したお金を返してくれる方は、しっかり計画的に創業する方です。

計画性がないと判断された場合には、絶対に融資は受けられませんので、融資を100%受けたい!という方はこの点を理解しておくことが大切です。

 

5.職務経歴で印象が悪い方でも融資が通るケースとは?

 

職務経歴を見て、印象が悪い方は、融資を受けにくいですが、自己資金を多くためている方であれば、融資を受けられるケースがあります。

 

自己資金も準備できておらず、職務経歴を見ても、経験がないと判断されてしまう場合には、高確率で融資は受けられないと考えておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

 

倒産しない会社のほとんどは、事前にしっかり準備してから創業しております。

創業しても倒産してしまっては意味がありません。

絶対に倒産させないためにも、事前にできる限り準備はしておきましょう。

 

 

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。