日本政策金融公庫の融資で資金調達!新創業融資制度って何?

日本政策金融公庫の融資で資金調達!新創業融資制度って何? 起業のための資金調達 – 日本政策金融公庫からの融資
日本政策金融公庫 新創業融資制度

日本政策金融公庫の融資制度の一つ【新創業融資制度】を利用して起業時の資金調達をしましょう。

新創業融資制度では無担保無保証での融資を実施しており、起業時の代表的な資金調達方法とも言われています。
では、新創業融資制度の特徴やメリット・デメリットとはなんでしょうか? 起業時の基礎知識として確認しておきましょう。

 

1.新創業融資制度とは?

日本政策金融公庫 新創業融資制度

経営者が起業時に一番頭を悩ませる資金調達。

これまでの実績がなく会社資金少ない起業時は、銀行などの金融機関からの融資を受けることは難しいでしょう。

しかし政府が運営している日本政策金融公庫では、起業時や創業して間もない企業に積極的に融資を実施しています。

日本政策金融公庫(以下、公庫)で利用できる創業時の融資制度の一つ【新創業融資制度】では、無担保・無保証での貸し付けを実施しています。

2.新創業融資の利用条件は?審査に通るポイントとは?

新創業融資を利用する場合、新規事業を開始することや創業資金の10分の1以上の自己資金があることなどの要件を満たす必要があります。以下の表で確認しましょう。

新創業融資 要件

また、以下3つのポイントを満たすことで審査に通りやすくなります。

①事業の計画がしっかり立てられていること

新創業融資制度 事業計画

開始する事業計画がしっかり作成されていますか?

未経験の業種で資格も持っていないけど創業したい・・・と言う場合は融資を受けることが難しいでしょう。

美容院を開業したい場合であれば

・美容師の資格を持っている

・美容室での勤務経験があり、技術を身に着けた

上記2つの点が最も重要と言えます。

その他には商品やサービスの提供値段をしっかり設定しているか、毎日の来客数がどれくらいなのかを想定し売上等の計算ができているか、などの点も事業の計画がしっかりできているかの判断材料として大切です。

②計画実行の準備がしっかりできていること

新創業融資制度 自己資金

作成した事業計画を実行する準備はできていますか?

計画の実行には資金が必要です。資金調達として日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用するから資金については心配ない!とお考えではありませんか?

新創業融資制度を利用する場合、創業資金の10分の1以上の自己資金がなければ日本政策金融公庫からの融資を受けることは難しいと言えるでしょう。

創業資金を計画的にコツコツと貯めていることを日本政策金融公庫の融資審査でアピールできるようにしておきましょう。

③計画が実行可能であること

新創業融資制度 事業計画

作成した事業計画は実行可能ですか?

一度も経験したことのない業種でノウハウもないまま作成した計画の信用度は低く、日本政策金融公庫からの融資は受けにくいでしょう。

美容室開業の場合であれば、美容室での長年の経験があり経営についてのノウハウがある場合には日本政策金融公庫からの信用度も上がり、審査に通りやすくなると言えます。

3.新創業融資制度のメリット4つ!

新創業融資制度を利用して資金調達をすることでいくつかのメリットがあります。

新創業融資制度 メリット

(1)無担保・無保証!

起業時の企業である場合、これまでの実績がないためなかなか民間の金融機関では融資審査に通りません。また、審査に通った場合でも無担保・無保証での貸付を行ってくれる金融機関はほとんどないでしょう。

しかし日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用した資金調達では、無担保・無保証での融資を行ってくれます。

最大3,000万円までの資金を無担保かつ経営者の連帯保証人としてのサインなしで調達できるため、経営者にとってとても有利であると言えます。

(2)長期の利用が可能!

日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用して資金調達をした場合、返済期間は設備資金であれば最長15年・運転資金であれば最長7年です。

また、新規事業を創業する場合だけでなく、起業してから7年以内の方であれば利用することが可能です。

(3)固定金利!

新創業融資制度を利用した場合、固定金利かつ比較的低金利で資金調達をすることができます。

また、信用保証協会へ加入する必要もなく金利以外の利息を支払う必要がありません。

新創業融資制度 金利

(4)個人事業主・法人どちらでも利用可能!

起業時の資金調達であれば個人事業主だけでなく法人であっても新創業融資制度を利用することができます。

4.新創業融資制度で最大3,000万円の資金調達!

日本政策金融公庫の新創業融資制度では融資の上限は3,000万円ですが、一般的に初回の融資の場合上限1500万円ほどになるでしょう。

また、融資の上限は自己資金の9倍までですが、実際には3倍~5倍ほどであると想定しておきましょう。

5.審査期間はどれくらい?

日本政策金融公庫から資金調達をする場合、融資の申し込みをしてから面談、結果連絡、入金といった流れになります。

基本的に面談から2週間程で審査結果が出て契約書類が届きます。

契約書類返送後に口座に入金されます。

申込をしてから着金されるまでの期間は約1ヶ月と考えて良いでしょう。

6.公庫の融資は専門家に相談しましょう

日本政策金融公庫の融資は認定支援機関と呼ばれる期間を通して申込みをすることによって、融資金額が高くなったり、審査に通りやすくなったりすることがあります。

ご自身で融資を申し込む前に、融資の専門家である税理士などに一度相談することをオススメします。

まとめ

今回は日本政策金融公庫の新創業融資制度についてご紹介しました。

多くの金融機関では起業したばかりの企業に無担保・無保証での融資は実施してくれません。起業時に上手に資金調達をすることは会社経営において非常に大切です。

 

日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用して賢く資金調達をしましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。