法人カードを作成しよう!申込の審査基準は何?

法人カードを作成しよう!申込の審査基準は何? 起業のための資金調達 – 事業者ローン・カードローン
法人カード 審査 基準

法人カードの審査基準について

会社を設立した場合、法人カードを作成しておくことで経理業務の簡略化ができるなど、様々なメリットがあります。 今回は、法人カード作成の審査基準についてご紹介します。

 

1.設立年数や決算状況は関係ない?

 

法人カードを作成する場合の審査基準として

・設立してから3年以上経っていること

・2期以上の黒字経営をしていること

などがあると言われています。

 

しかし、法人カードの審査基準は明確には公開されていません。

もちろん、安定した黒字経営をしている企業であれば審査に通り安いと言えますが、

明確な審査基準が公開されておらず、申込基準に設立3年以上であること、などと記載されているカード会社はめったにありません。

 

法人カードを申し込む代表者の返済状況などは影響していると言えますが、

設立直後であっても法人カードの作成は可能なので、まずはカード会社に問合せをして申込をしましょう。

 

2.法人カードの審査に通るためのコツは?

 

前述の通り、法人カードの作成に関して明確な審査基準は公開されていませんが、審査を通過しやすくするためにはいくつかのコツを抑えておくことが大切です。

 

①固定電話を契約しよう

設立間もない会社や代表1人で経営している場合、固定電話を契約せずに携帯電話のみで営業している会社も少なくはありません。

法人カードの申し込みをする際、電話番号の記載が必要ですが、携帯電話の番号を記載すると審査に落ちてしまうかもしれません。

固定電話の番号を取得し記載することで、会社としての信用度があがり、審査に通りやすくなるのです。

また、申込フォームには、任意の記入欄もきちんと埋め、所在地などは部屋番号まできちんと記載するようにしましょう。

 

②カードの返済の遅延は絶対ダメ!

法人カードを作成する場合、法人であっても個人事業主であっても、会社の代表者にカードの返済遅延がないか、借入返済の遅延はないか、などがチェックされます。

個人のクレジットカードの利用状況が法人カードの審査に受かるか落ちるかに関わってくるので、普段から気を付けるようにしておきましょう。

 

③個人事業主は開業届けを!

個人事業主で法人カードの申し込みをする場合、必ず開業届けを提出しておきましょう。

個人事業主には開業届けの提出が義務付けられていませんが、きちんと開業届けを提出しておくことで、

社会的に信用を得ることができ、審査に通過しやすくなります。

 

④安定した収入がある?

個人カードを作成する時と同様に、個人事業主が法人カードを申込む場合は安定した収入があることが重要です。

安定して収入を得ている個人事業主でなければ、返済してくれる確信が持てずにカード会社の審査には通りにくくなってしまいます。

創業後1期以上経っている場合は、確定申告をきちんとして収入の証明をしましょう。

 

まとめ

法人カードの作成をする場合の審査基準は明確に後悔されていません。

もちろん、創業後何年か経過し、安定した売上を確保している会社であれば、カード会社も安心して法人カードの発行ができるでしょう。

しかし、創業後スグであってもいくつかのポイントを抑えて申込をすることで、個人事業主も法人カードを作成可能です。

会社を創業したら、まず法人カードを作成しましょう。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。