起業前に知っておきたい事業者ローンの仕組みとは?

起業前に知っておきたい事業者ローンの仕組みとは? 起業のための資金調達 – 事業者ローン・カードローン
事業者ローン 資金調達

事業者ローンで資金調達!

会社を設立すると、設備投資や事業拡大のための資金など、様々な場面で資金が必要になるでしょう。 また、起業後に倒産しない会社経営をするためには十分なキャッシュを確保しておくことがポイントです。起業前にできうるだけ多くの資金調達方法について知っておきましょう。 今回は知っておきたい資金調達方法の一つである事業者ローンについてご紹介します。

 

1.事業者ローンとは

 

事業者ローンはビジネスローンともいわれ、事業目的のためのローンのことを指します。

金機関で販売している商品には個人向けのキャッシングもありますが、個人向けのキャッシングは投資・ギャンブル、事業目的としては利用できないのです。

ですから、個人事業主などが事業用の資金を調達するためには、ビジネスローンとも呼ばれる「事業者ローン」を利用することになります。

 

これまで銀行の商品としての事業者ローンがほとんどでしたが、近年、銀行以外の金融機関が実施している事業者ローンも増えています。

 

2.銀行の事業向け融資と銀行ビジネスローンは何が違うの?

 

銀行が企業向けに実施している融資制度には「プロパー融資」と「信用保証付き融資」があることはご存知ですよね。

保証協会を利用しないプロパー融資と比較して、返済を保証してくれる保証協会に加入する「信用保証付き融資」を利用することでより多くの企業が銀行の融資制度を利用できるようになっています。

 

しかし、信用保証付きであっても、個人事業主や起業したばかりの零細企業はなかなか審査に通らず、銀行からの融資を受けることができません。

そこで、個人事業主や起業したばかりの零細企業の方向けに「事業者ローン」が登場しました。

無担保で資金調達をすることができ、審査基準も比較的易しいため個人事業主や零細企業であっても銀行を通した資金調達が可能になりました。

 

事業者ローンを取り扱う金融機関は銀行だけではありません。近年では事業者ローンを専業としている会社もあります。

取扱う期間によって特徴が異なるので確認していきましょう。

 

3.事業者ローンを取扱う6つの機関とは?

 

(1)やっぱり安心?銀行の事業者ローン

ほとんどの銀行で事業者ローンを取扱っています。

各銀行によって様々な種類の事業者ローンを取り扱っていて、ご自身の使い道に合わせて商品を選択することが可能です。

また、銀行の商品である、という面で安心して利用することができるでしょう。

 

しかし、銀行の他の融資より利用しやすいと言っても、審査条件が甘いとは言えません。

債務超過や納税状況など、他の機関が提供している事業者しかし、銀行の他の融資より利用しやすいと言っても、審査条件が甘いとは言えません。

債務超過や納税状況など、他の機関が提供している事業者ローンと比較して厳しくチェックされます。

 

(2)信用金庫の事業者ローン

信用金庫でも事業者向けのローン商品を取り扱っています。

地域密着型の金融活動を中心としていて、地域の個人事業主や中小企業へのサポートを積極的に実施している信用金庫。

 

信用金庫の商品を利用して事業資金を調達するためには、利用する信用金庫の会員になることが条件です。

銀行の事業融資と比較して、地域密着型の融資が中心の信用金庫の融資制度は利用しやすいと言えます。

 

また、信用金庫では「一般融資」「制度融資」「代理貸付」などの事業向け融資を実施しており、

「制度融資」では地方自治体や信用保証協会と提携して融資を実施するため好条件での融資を受けることが可能です。

 

(3)銀行より融資を受けやすい?信販会社の事業者ローン

商品の購入などの際の支払いを立替ておき、立替た金額を分割で返済してもらう仕組みで金融商品を販売している信販会社でも事業向けのローンを実施しています。

銀行などの事業者ローンと比較して、融資の申請に必要な書類が少ないことや、融資審査も早く終了することがポイントです。

また、融資を受けた金額の返済期間が長めであることも多く、余裕を持った資金繰り計画を作成することができるでしょう。

 

しかし、利用しやすい事業ローンである反面、金利が高めに設定されていることが多いので、申し込む前に要件をよく確認しておきましょう。

 

(4)事業者ローン専門の金融機関を利用する

事業者ローンを中心に取り扱う業者の商品を利用して、事業資金を調達します。

多くの場合、無担保無保証での融資を実行しており、インターネットでも申込による審査も可能です。

 

会社によって金利や返済期間などに差がありますが、審査が早く終了することや、来店せずに申込が可能なことから銀行などの金融機関と比べて申込みやすいと言えるでしょう。

しかし、事業の内容や経営状況によっては保証人が必要なこともあります。

申込要件を確認した上で申込をしましょう。

 

(5)銀行と提携した事業向けローン

銀行と提携している消費者金融業者などの事業向け商品を利用して融資を受けます。

提携している業者には、銀行の子会社であるローン会社や消費者金融が多く、ローンの審査が最も早く終了すると言っても過言ではありません。

しかし審査が甘いという訳ではないので注意しておきましょう。

 

(6)よく聞くノンバンクって何?

事業者ローンについて調べると、ノンバンクという言葉をよく目にしませんか?

銀行や信用金庫以外の金融機関から融資を受ける場合を全て「ノンバンク」融資と言います。

上記で説明した信販会社や消費者金融、ローン会社からの融資もノンバンク融資です。

 

ノンバンクの事業者ローンを利用するメリットは、審査期間が短いことや、銀行よりも利用要件が易しい場合が多いこと等が挙げられるでしょう。

銀行の場合、会社経営が赤字の場合は融資を受けることがほぼ不可能です。しかし、ノンバンクであれば赤字経営であっても融資を受けることが可能です。

 

銀行を通していないことから、信用度が低く感じるかもしれませんが、ノンバンクの中には銀行の子会社であるローン会社も含まれます。

金利や返済期間については利用する会社ごとに要件が異なるので、申し込む際によく確認しておきましょう。

 

4.事業者ローンで資金調達!

 

事業を行う場合、十分なキャッシュを持っておくことは非常に大切です。

資金繰りの方法として出来るだけ多くの資金調達方法を知っておきましょう。

今回ご紹介した事業者ローンは銀行以外の機関でも取り扱っていることが多く、ノンバンク融資と言われています。

 

ノンバンクの事業者ローンを利用することで、最短2日ほどの審査期間で融資を受けることも可能です。

もちろん、銀行からの融資を受けることができるのならば銀行融資を利用した方が安心して利用できるでしょう。

 

しかし、個人事業主や零細企業・中小企業にとって銀行の審査に通ることは簡単とは言えません。

事業者ローンを利用した場合、ノンバンク融資を利用することで個人事業主や中小企業の方であっても比較的利用しやすい資金調達方法であると言えます。

 

ノンバンクの事業者ローンを利用する会社によって審査期間や金利、返済期間等の差があるので、ご自身が利用する状況などに合わせて吟味して選択することをオススメします。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。