銀行からの融資額を最大まで引き上げたい!取るべき手段とは?

銀行からの融資額を最大まで引き上げたい!取るべき手段とは? 起業のための資金調達 – 銀行/信用金庫からの融資
銀行からの融資額を最大まで引き上げる際に取るべき手段とは

融資額を上げるためには事前準備が大切!

自分で事業を立ち上げる際や、既存の事業を拡大したい際に資金を調達しなければなりません。
資金調達先のひとつとして、銀行からの融資を検討する方も多いのではないでしょうか。
しかし、銀行からの融資であれば自分の希望する金額を必ずしも借りることができるとは限りません。
そこで今回は、銀行からの融資額を最大まで引き上げるための方法に関して説明していきます。

1.融資枠のある銀行融資

会社を経営する以上、リスクにさらされるのは仕方のないことです。

経営者からすれば、リスクを回避するためにできるだけ銀行の融資枠を多く持っておきたいと考えます。

そこで、まずは融資枠のある銀行融資に関して説明します。

(1)手形割引

手形割引とは、会社が取引の際に受け取った手形を銀行が買い取り資金を調達する方法のことをいいます。

手形割引の場合、その手形が不渡りになれば会社がその手形を買い戻す必要があります。

(2)手形貸付

会社が取引で受け取った手形を担保に銀行から融資を受けることを手形貸付といいます。その際に、担保となる手形を貸付手形といいます。

(3)当座貸越

当座借越とは、融資の限度額を定めて、限度額の範囲内であれば好きな時に融資を受けたり、返済したりできる制度のことです。

当座借越では融資の枠内であれば、借主は返済しなくても問題がありません。そのため、返済されずに放置されるリスクの高さから審査が厳しいという特徴があります。

2.銀行からの融資枠を最大にする方法

銀行は融資をする際、相手がどれだけ信用できるかという点から融資額を決定します。

そのため、日ごろから銀行に対してご自身の信用力向上につながるよう心掛けることが大切です。

(1)銀行の担当者に経営状態に関する情報提供を頻繁にする

銀行が融資をする際にもっとも気にするのが、貸したお金が将来しっかりと返済されるかどうかです。そのため、相手の返済能力が融資の額に直結すると言っても過言ではありません。

いざというときに銀行から必要な融資を受けられるようにするために、日ごろから銀行の担当者からの信頼を築く必要があります。その際に有効なのが銀行に積極的に情報開示をすることです。

創業間もない企業の場合、上場企業のように内部情報が豊富に公開されていないことや、会社の存在自体がマイナーなため返済能力がどれだけあるのかわかりにくいという特徴があります。

そのため、融資を申し込んだ際に銀行による貸し倒れのリスク回避のために実際の返済能力よりも低く見積もられてしまう可能性があります。そうすると、希望していた融資金額よりも低い金額しか融資を受け取ることができなくなってしまうのです。

融資金額を低く設定されないためにも、経営者は以下のようなことを日ごろから行っておきましょう。

  • 試算表を定期的に提出する
  • 資金繰り計画を提出する
  • 1年間の経営計画を提出する
  • 知り合いの会社など営業成績に紐づいた紹介をする 等

上記で上げた例以外にもさまざまな方法が存在しますが、銀行との付き合い方を見直すだけで銀行からの信用力の大幅な向上につながります。

(2)割引手形枠の仕組みを理解する

手形割引をする場合、割引手形枠を計算する方法を把握しておけば、融資金額交渉の際に有利になります。

割引手形枠は「平均月収×手形比率×手形の支払い日までの期間」で計算することができます。

例えば、平均月収1,200万円、手形比率が50%、手形の支払日まで3ヶ月の場合、割引手形枠は「1,200万円×50%×3ヶ月」で1,800万円となります。

つまり、最大で1,800万円までは手形によって枠を広げることができる可能性があるということです。

そして、割引手形枠が900万しかない銀行に対して、「弊社には手形枠では1800万円分の手形を保有してますので、融資金額を1,800万円まで枠を広げられないか」と交渉することができます。

銀行とのやり取りを有利に進めていくためにも、融資枠がどのように計算されるか知っておくのも有効です。

(3)担保を入れる

もちろん担保がなくとも銀行からの融資を受けられることがあります。

しかし、担保を用意していた方が、貸し倒れのリスク低下から銀行から受けられる融資の金額が大きくなります。

担保として有効なものとしては、「不動産」「定期預金」などがあげられます。

担保は返済が滞ってしまったとしても換金することで、損失のリスクを減らすことが目的です。

そのため、なるべく資産価値の高いものを担保と入れることで銀行からの融資額を上げることができます。

まとめ

銀行から融資を受けられるかどうかは、今後の経営に大きくかかわってきます。

希望の融資額を受けられるように、銀行の担当者と頻繁にやりとりをしたり、手形をもとにうまく交渉したり、担保があるのであれば担保を入れることを検討したりと、しっかりと事前準備をしておきましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。