起業後に利用できる資金調達方法「エクイティファイナンス」って何?

起業後に利用できる資金調達方法「エクイティファイナンス」って何? 起業後の資金調達 – 起業後に実施しておくべき準備
エクイティファイナンス とは

新株発行による資金調達方法とは?

企業の株式資本であるエクイティを増加のために、新株を発行することで資金調達をする「エクイティファイナンス」とは一体何なのでしょうか? 仕組みや活用方法を知っておきましょう。

 

1.エクイティファイナンスとは

 

エクイティファイナンスの【エクイティ】とは、株式資本のことを指します。

エクイティファイナンスでは、会社が新しい株式を発行し増資を目指す資金調達方法です。

この資金調達には「直接調達」と「関節調達」の2種類の方法があります。

 

(1)直接調達

不特定多数の投資家から直接資金を受け取る方法

(2)関節調達

不特定多数の投資家から、銀行等の金融機関を通して間接的に資金を受け取る方法

 

エクイティファイナンスを利用して資金調達をした場合、新株の発行によって資金を調達するため、借入と違って返済をする必要がありません。

 

2.エクイティファイナンスを利用する状況とは?

 

では、エクイティファイナンスはどのような状況の資金調達で利用されるのでしょうか?

新株を発行して資金調達をする場合、株式の発行数の増加に伴い、1株ずつの価値が下がってしまいます。

よって、エクイティファイナンスを利用した資金調達は以下の状況下で利用されることが多いと言えます。

①資金調達によって利益増大が見込める時

②株式資本の増加による会社の体質強化が必要であると判断される時

③株式資本の増加が事業発展のために必要であると判断される時

 

3.エクイティファイナンスの3つの種類とは?

 

新株発行による資金調達であるエクイティファイナンスには3つの種類があります。

(1)新株発行

投資家である株主に対して新株を発行して資金調達をします。

新株の発行は、取締役会によって決定され、株式を公開している会社の場合、発行可能枠を超えないようにしなければいけません。

新株の発行には、これまでの株主に割り当てる「株主割当」と、第三者に割り当てる「第三者割当増資」があり、両方にメリットとデメリットがあります。

 

【株主割当】

既存の株主に対し、所有している株式数に応じて新株を割り当てる資金調達方法です。

株主は、割当てられた株式に対して払込をする義務はなく、払込期限を過ぎると新株の権利を失います。

既存の株主に新株を割り当てる方法なので、株主の構成にあまり変化がないことがメリットと言えるでしょう。

しかし、既存の株主に新株を発行する場合、時価よりも高い株主に不利にならない価格で株式の発行をしなければなりません。

反対に、既存の株主に有利な条件で新株を発行することで、ほぼ確実な調達が可能になります。

 

【第三者割当増資】

会社の取引先や親会社など、特定の関係にある第三者に対して新株を発行して資金調達をする方法です。

株主である必要はなく、特定の関わりがある者に対して、とても有利な条件での新株を発行するため、株主総会で「有利な株式を発行する理由」を開示し議決を受ける必要があります。

 

(2)新株予約権発行

今すぐ新株を発行する必要はなく、将来会社の株式を購入することが出来る権利を発行します。

持株比率や会社法の内容にのっとって発行する必要がありますが、株式を実際に発行せずに資金調達をする事が可能です。

 

(3)新株予約権付社債発行

新株予約権と社債のどちらかを選択してもらう資金調達方法です。

社債を選択した場合は、満期に返済する必要があります。

 

4.上手なエクイティファイナンスをするために

 

上手なエクイティファイナンスを実行するためには3つのポイントがあります。

 

(1)利益の増大が見込まれますか?

利益の増大が見込まれない場合、エクイティファイナンスを利用した資金調達はあまりオススメできません。

利益増大の可能性がある時期でなければ、株主は新株を購入してくれないかもしれません。

事業の成長が見込めるタイミングで実行しましょう。

 

(2)株主に理解してもらう

既存の株主や関係性のある第三者に向けて、新株を発行して資金調達をするため、株主からの理解を得ておく必要があります。

エクイティファイナンスが、企業発展に必要不可欠である、と判断出来る場合のみに実施するようにしましょう。

また、新株を発行することで、会社の経営権が脅かされてしまう可能性もあります。

むやみに発行せず、株主の割合なども考慮して利用することが大切です。

 

(3)会社法を確認しよう

株主や債権者を守るための法律が規定されている「会社法」を守って新株を発行しましょう。

 

5.エクイティファイナンスのメリット・デメリット

 

(1)メリット

①返済不要の資金調達

新株を発行する資金調達方法で、負債とは異なり会社の資本を増やす増資であるため、返済の必要はない。

 

②会社の資本を増やす

新株発行によって増資をすることで、会社の財務体質を改善し、より良いものにできる。

 

(2)デメリット

①会社の経営権が脅かされる

株式を不特定多数に発行することで、株主割合が増加し、会社の経営権が脅かされる可能性があります。

 

②株主に納得してもらう必要がある

新株を、地価より良い条件で発行するため、既存の株主にエクイティファイナンスを実施することに対して理解してもらう必要があります。

 

まとめ

今回は新株を発行することで資金調達をする「エクイティファイナンス」についてご紹介しました。

会社の利益が増加することがほぼ確実である場合にはオススメの資金調達方法ですが、注意する点も多くあります。

まずは資金調達の専門家に相談し、エクイティファイナンスを実行するべきか相談してみると良いでしょう。

また、創業後間もない企業の場合、政府系の金融機関である日本政策金融公庫の融資制度を利用することで、好条件での融資を受けることができます。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。