保証人と連帯保証人の違いとは?融資の際の保証人は要注意!

保証人と連帯保証人の違いとは?融資の際の保証人は要注意! 起業後の資金調達 – 担保・保証人
保証人 融資

事業ローンや事業融資で保証人が必要な場合、誰に保証人になってもらいますか?

保証人をつければ融資の審査で有利になりますが、その反面、保証人になる側には大きなリスクが伴います。

事業開始後の融資で保証人について悩む方は意外に多いもの。今回の記事では、保証人とよく比較される「連帯保証人」との違い、また保証人をつける融資の注意点などを解説します。

 1. 保証人と連帯保証人の違いとは?

画像

融資の条件で「無担保・無保証!」とアピールする広告を見かけることがありますが、逆に「法人貸付の場合、代表者の方に連帯保証人となっていただく場合があります」と記載があることもあります。

 保証人とは融資やローンなどの契約者が支払いできない場合、代わりにその借金を支払う義務がある人です。また、似たような言葉で連帯保証人という言葉もあります。

  • 保証人とは⇒借り入れをした契約者へお金を貸す業者(賃金業者)が保証人に代わりにお金を払ってと催促する場合、「まずは契約者(主債務者)に請求してください」「先に契約者(主債務者)の財産を強制執行してください」と主張できる権利を持つのが保証人です。この権利はそれぞれ、催告の抗弁・検索の抗弁と法律用語で呼ばれます。
  • 連帯保証人とは⇒保証人が主債務者のサブ的な意味合いを持つのに対し、連帯保証人の場合は主債務者と全く同じ義務を持ち合わせます。あなたが連帯保証人の場合、賃金業者は主債務者と連絡が取れなければすぐにあなたに請求をしても法律上問題はありません。

 2. 連帯保証人は要注意!できれば家族や友人には頼まない