事業拡大の資金調達に事業者ローンはおすすめなのか

事業拡大の資金調達に事業者ローンはおすすめなのか 起業後の資金調達 – 事業者ローン・カードローン
事業拡大の資金調達に事業者ローンがおすすめ

資金調達方法のひとつである「事業者ローン」とは?

自分で何か事業をされている方にとって、事業の拡大は目標の一つなのではないでしょうか。
事業を拡大するにあたっては資金が必要になります。
資金を調達する方法は幅広く存在しますが、事業拡大の為であれば事業者ローンが良いのではないでしょうか。
今回は、個人事業主の方におすすめする事業拡大のための資金調達方法について説明していきます。

1.事業者ローンとは

事業者ローンとは事業者を対象とした金融商品です。事業のための融資は銀行も行っていますが、事業者ローンはノンバンク系金融機関が扱っている金融商品を指しています。

融資の形態としては、担保や保証が必要な有担保ローンと無担保・無保証でも良い無担保ローンの2種類が存在しています。

2.事業拡大には事業者ローンがおすすめ

事業拡大のために資金調達をするのであれば、事業者ローンがおすすめです。

まず事業者ローンであれば、無担保・無保証で資金を借りることができます。

また、用意しなければいけない資料も少ないので、他の融資制度に比べて融資を受けるまでのスピードが速くなります。

ビジネスにおいてスピードは非常に大切です。新規事業においては、競合他社に遅れをとらないために融資でもできるだけ早く借りられる方法を選ぶようにしましょう。

また、事業者ローンでは他の銀行や金融機関と比べて、成長度や信頼性で判断することが多いです。そのため、事業拡大のための融資であれば審査に通りやすくなります。

もちろん、公的融資や銀行の融資を選んでも問題ありません。事業者ローンと組み合わせて、長期的な資金計画を検討していけば良いでしょう。うまく使い分けることが大切です。

新規店舗を展開しできるだけ早く条件の良い物件を確保したい、事業を拡大しできるだけ優秀な人材を集めたいといった場合は、事業者ローンを使うのが賢明だと言えます。

ただし事業者ローンは他のローンに比べて金利が高めに設定されているケースが多いです。

また、無担保では借入限度額も低いことが多いので、融資の目的に合わせた使い方をすることが重要です。

3.公的融資や銀行融資では融資までの期間が長い

事業主の方が事業拡大を検討するのは、事業の経営が安定し、さらなる設備投資によって規模を大きくしたいというケースが多いです。

事業拡大のためには、それだけ大きな資金を用意する必要があります。自分自身の資金だけでは不足する場合や、さらなる余裕を持って事業を進めたい場合には公的機関や銀行からの融資を検討する方が多いです。

もちろん、今までの経営が安定していて収益がしっかりと出ているのであれば、金融機関は積極的に融資を検討してくれます。しかし、そのためには審査に通らなければいけませんので事業計画書や決算書などの資料を用意しなければいけません。

また、事業拡大をすることでどれくらいの収益を見込むことができるのか、資金はどのように使うのか、どのような業務内容にするのかなどを説明し、融資担当者に納得してもらわなければいけません。

そのため、審査を受けてから融資が決定するまでの期間が長くなってしまうことが多いです。

公的機関からの融資では低金利で額の大きな融資を狙うことができますが、銀行よりもさらに長い時間がかかってしまいます。

そのため、事業拡大のために長期的な視点で資金調達を考えている場合は問題がありませんが、急を要するような場合でしたらチャンスを逃してしまう可能性があります。

まとめ

事業拡大の場合、最もおすすめの融資は事業者ローンです。

事業者ローンであれば、無担保・無保証ですぐに資金を調達できるというメリットがあります。そのため、これから事業拡大のために資金を調達したいと検討している場合は、今回説明した内容を参考に事業者ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。