自宅でハンドメイドサロンを開業!必要な段取りや宣伝方法とは

自宅でハンドメイドサロンを開業!必要な段取りや宣伝方法とは 起業のための資金調達 – スペース貸し
自宅 開業

毎日仕事と家の往復だから、何か趣味が欲しいなあと考える方は意外に多いものです。

女性の場合は料理、手芸などのハンドメイド好きな方が一定数いらっしゃいます。

今回の記事では、自宅をハンドメイドサロンとして開業する場合の段取りや宣伝方法をご紹介しましょう。

 1.自宅でサロン開業が流行っている!

画像

自宅で好きな時間に生徒に来てもらい、直接代金を支払ってもらうという自宅サロン開業。以前から料理教室やヨガ、フラワーアレンジメントなどはありましたが、いずれもかなりプロ級の腕前の方が起業するという印象でした。

 今年に入り、筆者が3回ほど訪れたサロンはいずれも自宅サロンでした。その内容は、ハーバリウムとシェルアートです。ハーバリウムは瓶の中にドライフラワーや砂などをピンセットで入れて、あとから特殊オイルを流し込むもの。シェルアートは、貝殻を使ってリースやツリーを作るもので、グルーガンで貝殻を固定します。

 2.プロ級の腕前でなくてもOK!完璧を求めなくなった時代性

画像

1回3000円程度の料金で材料費も込みなので、気軽に「やってみようかな」と参加する人が増えています。土日を中心に子育て中の女性やOLさんなどでいずれのサロンも賑わっていました。

 サロンは自宅なのでテレビや台所もあるのですが、清潔で可愛らしくデコレーションされています。今は100円ショップが非常に優秀なので、よく見ると100円ショップで売られている小物も上手に活用されていますが、先生のセンスがよいのでチープな感じはあまりしません。

 また、先生の方も非常に親しみやすいのが特徴です。ハーバリウムもシェルアートも最近はやったものなので、その道何十年というプロの先生ではないはずです。しかし、生徒の私たち側もそんなプロの先生を求めているわけではないのです。

 3.EPARKスクールを始めとしたレッスン予約サービスを利用する

画像

お店予約などで人気のあるEPARKですが、最近評判なのはEPARKスクールというサービスです。この中では様々な習いごとが掲載されていて、自宅サロンを開業したい場合はこちらに掲載することで以下の手続きをEPARK側が行います。

  •  生徒を集めること(集客)
  • 生徒から予約を受け付けること(予約フォーム)
  • 生徒からの問い合わせや苦情を受け付ける(カスタマーサポート)

 これらのことをご自身で行うことももちろん可能ですが、一番難しいのは集客でしょう。EPARKを始めとする習い事掲載サイトの利点としては、多数の習いやレッスンがまとまっているため多くの人が訪れるのです。EPARKを利用する場合はもちろん掲載料を支払わなくてはいけません。費用帯効果を考え、掲載を検討しましょう。

 4.女性にオススメ!自宅でハンドメイドサロンのメリットとは

画像

女性は男性とは違い、妊娠・出産を経て子育て期に突入する方が多くいらっしゃいます。上手に育休を利用して元の会社で働き続けられればいいのですが、すべての方がそのような生活をできるとは限りません。

 旦那の稼ぎだけではムリ、でも今は子供が小さいから働ける時間が限られる。こんな厳しい条件をお持ちの方は、是非自宅サロンの開業を検討してみてはいかがでしょうか。自分が趣味としていつも作っているものがあればOK!あとは、材料と自宅を提供し宣伝をすれば、何か作りたい女性が集まってきてくださいます。何か作りたい女性は、少し心に余裕のある女性の場合が多いようです。あまり細かいことで文句を言うクレーマーも少なく、ハンドメイドを楽しむ素敵な方が多い印象を受けました。

 まとめ

自宅で開業するメリットは、子育てや介護中でもできる。通勤しなくてよい。趣味を生かせる、会社のしがらみが皆無という点が挙げられます。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。