不動産賃貸業として開業するときのポイントを解説

不動産賃貸業として開業するときのポイントを解説 更新日:2023.10.02 公開日:2018.03.29起業のための資金調達 – 不動産(販売・仲介・内外装・リフォーム)
不動産 賃貸業 開業

不動産賃貸業として開業する場合、不動産賃貸業特有のポイントがあります。不動産賃貸業を始めたい人は、まずそのポイントを押さえておきましょう。

当記事は、不動産賃貸業として開業するときのポイントを解説します。不動産の貸し出しを事業として考えている人は参考にしてみてください。

まずは開業前のポイントを押さえる

不動産賃貸業を始めるときには、開業前に把握すべきポイントがあります。開業前のポイントを押さえなければ、開業することが難しくなることも考えられるため、不動産賃貸業を始めたい人は開業前のポイントを理解しておきましょう。

【開業前のポイント】

  • 開業資金
  • 物件取得
  • 委託会社

開業前のポイントとして挙げられるのは「開業資金」「物件取得」「委託会社」です。いずれも不動産賃貸業における開業前のポイントとなるため、不動産賃貸業を始めたい人は各項目を確認してみましょう。

開業資金

不動産賃貸業として開業するときのポイントのひとつは「開業資金」です。不動産賃貸業を開業する場合は物件を取得するための費用を見積もることになるため、不動産賃貸業を始めたい人は開業資金の内訳を確認してみましょう。

【不動産賃貸業における開業資金の内訳の例】

  • 物件取得費
  • 仲介手数料
  • 管理委託費

不動産賃貸業として開業する場合、物件を購入するための費用として「物件取得費」がかかります。不動産賃貸業は土地や建物などの不動産を賃貸する事業(=貸し出す事業)となるため、開業資金の大部分は物件取得費が占める傾向があります。

また、不動産賃貸業として開業する場合、仲介業者に支払う費用として「仲介手数料」がかかります。不動産賃貸業を目的した物件の購入は仲介業者を介する傾向があるため、仲介業者に依頼するときは仲介業者に支払う仲介手数料がかかることになります。

なお、取得した物件を管理会社に委託する場合は「管理委託費」もかかることになります。オーナー自身が管理せず、取得した物件を管理会社に委託するときは管理委託費を支払うことになるため、不動産賃貸業を始めたい人はその点を踏まえておきましょう。

物件取得

不動産賃貸業として開業するときのポイントのひとつは「物件取得」です。不動産賃貸業を開業する場合は取得する物件を決めることになるため、不動産賃貸業を始めたい人は物件を取得するときのポイントを押さえておきましょう。

【物件を取得するときのポイント】

項目 具体例
物件の種類 居住用物件/事業用物件
所有の規模 区分所有/一棟所有
立地の条件 住宅立地/商業立地
物件の状態 中古/新築

物件を取得するときのポイントとして挙げられるのは「物件の種類」です。物件の種類は「アパートやマンションなどの居住用物件」や「貸店舗や貸事務所などの事業用物件」に分けられ、想定している事業内容から取り扱う物件の種類を考えることになります。

また、物件を取得するときのポイントとして挙げられるのは「所有の規模」です。所有の規模は「一室を所有する区分所有」や「全体を所有する一棟所有」に分けられ、想定している事業内容から取り扱う物件の規模を考えることになります。

なお、取得する物件を決めるときは「立地の条件」や「物件の状態」を考慮することもポイントになります。いくつかの視点から考えることになるため、取得する物件を決めるときは想定している事業内容から希望条件を整理することを検討してみましょう。

委託会社

不動産賃貸業として開業するときのポイントのひとつは「委託会社」です。不動産賃貸業を開業する場合は委託会社に依頼することを考えることになるため、不動産賃貸業を始めたい人は候補となる委託会社を押さえておきましょう。

【候補となる委託会社】

  • 入居者募集と賃貸契約を行う不動産仲介業者
  • 入居者管理と建物管理を行う不動産管理会社

委託会社の候補として挙げられるのは「入居者募集と賃貸契約を行う不動産仲介業者」です。物件の賃貸借契約は宅地建物取引業の免許が必要となる業務となるため、委託会社に依頼する場合は入居者募集と賃貸契約を行う不動産仲介業者が候補として挙げられます。

また、委託会社の候補として挙げられるのは「入居者管理と建物管理を行う不動産管理会社」です。家賃の徴収や建物の保守点検などの業務はコストがかかるため、委託会社に依頼する場合は入居者管理と建物管理を行う不動産管理会社が候補として挙げられます。

なお、委託会社の選定は開業後の経営を左右する可能性があります。委託会社に依頼する場合は管理委託費がかかることになるため、不動産賃貸業を始めたい人は想定している業務内容を整理しつつ、複数の委託会社に相談することを検討してみましょう。

次は開業後のポイントを押さえる

開業後のポイントを押さえることにより、開業後の経営を軌道に乗せるヒントを得られる可能性があります。開業後の経営を左右することも考えられるため、不動産賃貸業を始めたい人は開業後のポイントも押さえておきましょう。

【開業後のポイント】

  • 人脈作り
  • 空室対策

開業後のポイントとして挙げられるのは「人脈作り」と「空室対策」です。開業後の経営を左右することも考えられるため、不動産賃貸業を始めたい人はそれぞれの項目を確認してみましょう。

人脈作り

開業後のポイントとして挙げられるのは「人脈作り」です。不動産賃貸業として開業する場合、人脈作りは開業後の経営を左右する可能性もあるため、不動産賃貸業を始めたい人は開業後のポイントとして押さえておきましょう。

【人脈作りのポイント】

  • 金融機関との関係作り
  • 不動産仲介業者との関係作り

人脈作りのきっかけとして挙げられるのは「金融機関との関係作り」です。物件を取得するときは銀行や信用金庫などの金融機関とのやり取りが発生する可能性があるため、金融機関との関係作りは開業後の経営を左右することも考えられます。

また、人脈作りのきっかけとして挙げられるのは「不動産仲介業者との関係作り」です。物件を取得するときは不動産仲介業者とのやり取りが発生する可能性があるため、不動産仲介業者との関係作りは開業後の経営を左右することも考えられます。

なお、人脈を広げたいときは交流会やセミナーに参加することも方法のひとつです。交流会やセミナーに参加することにより、不動産や経営に関する知識を学びつつ、人脈を広げられる可能性があるため、人脈を広げたいときは検討してみましょう。

空室対策

開業後のポイントとして挙げられるのは「空室対策」です。不動産賃貸業として開業する場合、空室対策は開業後の経営を左右する可能性もあるため、不動産賃貸業を始めたい人は開業後のポイントとして押さえておきましょう。

【空室対策のポイント】

  • 空室期間を短くする施策
  • 入居期間を長くする施策

空室対策を考えるときのポイントは「空室期間を短くする施策」です。空室期間が長ければ長いほど、開業後の経営が厳しくなる可能性があるため、空室対策を考えるときは空室になる要因を突き止めつつ、空室期間を短くする施策を検討することになります。

また、空室対策を考えるときのポイントは「入居期間を長くする施策」です。入居期間が短ければ短いほど、開業後の経営が厳しくなる可能性があるため、空室対策を考えるときは入居になる要因を突き止めつつ、入居期間を長くする施策を検討することになります。

なお、開業後は空室期間や入居期間に関するデータを分析することも検討してみてください。空室期間や入居期間に関するデータを分析することにより、空室対策を考えるときのヒントを得られる可能性があるため、空室対策を考えるときは検討してみましょう。

まとめ

不動産賃貸業における開業前のポイントは「開業資金」「物件取得」「委託会社」です。これらのポイントを押さえておかなければ、開業することが難しくなることも考えられるため、不動産賃貸業を始めたい人はそれぞれのポイントを押さえておきましょう。

また、不動産賃貸業における開業後のポイントは「人脈作り」と「空室対策」です。これらのポイントを押さえることにより、開業後の経営を軌道に乗せるヒントを得られる可能性があるため、不動産賃貸業を始めたい人はそれぞれのポイントを押さえておきましょう。

なお、開業に関する不安や悩みがある人は専門家に相談することも検討してみてください。専門家に相談することにより、開業後の経営に関するヒントを得られる可能性もあるため、開業に関する不安や悩みがある人は専門家に相談することも検討してみましょう。

資金調達についてプロに相談する(無料)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
経営支援ガイド » https://support.so-labo.co.jp/

融資支援実績 6,000件超独立・開業・事業用資金の資金調達を
ソラボがサポートします。

  • 独立するための資金調達をしたい
  • 金融機関から開業資金の融資を受けたい
  • 手元資金が足りず資金繰りに困っている

中小企業庁の認定を受けた認定支援機関である株式会社SoLabo(ソラボ)が、
あなたの資金調達をサポートします。

ソラボのできること

新規創業・開業の相談受付・融資支援業務、既存事業者の融資支援業務(金融機関のご提案・提出書類作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

今すぐ融資の無料診断