結婚相談所の開業で必要な資金の本当に低い?いくらあれば起業できるのか

結婚相談所の開業で必要な資金が低いって本当? 起業のための資金調達 – その他
結婚相談所を開業するのに資金はどれぐらいかかるのでしょうか。

日本人の未婚率が90年代と比べて上昇中ですが、一方で、「婚活」ビジネスも日本では盛り上がっています。

そんな背景から、最近では結婚相談所を開業したい方が増えています。

今回の記事では、最近注目を浴びている、結婚相談所の開業資金について深掘りしてまとめていきます。

 1.結婚相談所の形態により開業資金は異なります

晩婚化で初婚が30代半ばから後半までシフトしている現代では、結婚相談所の形態も以前より広がりを見せています。結婚相談所の開業を検討しているあなたは、まず「どのような規模」「店舗を持つのか持たないのか」といった2点で開業したい結婚相談所のイメージをより具体的に詰めていきましょう。

 以下、いま日本で展開されている結婚相談所ビジネスの種類をご紹介していきます。 

①規模が大きく店舗ありの結婚相談所

(1)【大手】Nozze(ノッツェ)などのチェーン展開の結婚相談所

名前を聞けば誰でも知っている大手チェーン店がまず結婚相談所としては大きなパワーを持ちます。昔から知られている有名どころは、以下3つの結婚相談所です。 

・ZWEI(ツヴァイ)

イオングループの結婚相談所。年間5,259人の成婚実績を誇る。

ZWEI(ツヴァイ)

※上記URLをクリックすると、ZWEIの公式ページへリンクします

・Nozze(ノッツェ)

シングルマザー限定プラン、20代女性のための限定プラン、など独自のプランが人気。

Nozze(ノッツェ)

上記URLをクリックすると、Nozzeの公式ページへリンクします

・サンマリエ

会員数は6万人以上!昭和56年創業の結婚相談所の老舗。

サンマリエ

上記URLをクリックすると、サンマリエの公式ページへリンクします

 (2)【WEB】ネット系の結婚相談所

WEBで気軽に結婚相手候補を検索し、気になる相手がいれば全国の支店で紹介してもらえる結婚相談所。最も勢いのあるネット結婚相談所は楽天オーネットです。楽天が老舗結婚相談所を買収する形で合併した楽天オーネットの利益はなんど250億円とも言われています。

 携帯電話事業に参入する「楽天」に250億円もの利益をもたらすオーネットとは?

※上記URLをクリックすると、外部ページへリンクします 

WEBの手軽さや便利さを最大限に生かし、WEBページを中心に集客できるのがネット結婚相談所の魅力です。 

(3)セレブや医者が登録?!ハイクラス系の結婚相談所

いわゆるセレブ限定の結婚相談所というのも一定の需要があります。会員の70%以上が年収1,000万円以上、またはステータスが医者やパイロットなどといった高給職に就く方々限定としている結婚相談所です。例えば、ネットで探すとフェリーチェやスターマリアージュ青山といったセレブ結婚相談所を見つけられます。 

フェリーチェ

スターマリアージュ青山

※上記URLをクリックすると、外部ページへリンクします 

こういったセレブ結婚相談所を開業するには、開業地を青山や広尾などセレブに憧れる女性が好む地域でスタートする方がうまくいくことでしょう 

②規模は小さく、店舗も質素な結婚相談所

(1)【官民系】月額1,000円から利用OK!激安の結婚相談所

未婚率が上昇中ということはそれだけ少子化が深刻になっていることを意味します。未婚率の上昇は民間だけでなく、日本全体の大きなテーマでもあります。少子化を打破するための出産率を増加させるには、必然的に婚姻率を高めなければいけません。

 東京・千代田区で官民一体となって開業された「JUNOALL(ジュノール)」はわずか月額1,000円で利用でき、他に入会金や手数料などは一切かかりません。 

JUNOALL(ジュノール) | 行政や公的機関・地元企業と連携した非営利の婚活支援団体

※上記URLをクリックすると、JUNOALL(ジュノール)の公式ページへリンクします

 本格的に婚活したいけど、何かと費用がかかりそう、とお金が気になって前に進めない方はたくさんいらっしゃいます。JUNOALLの出現は、婚活業界に一石を投じたと言っても過言ではないほどのインパクトを与えています。 

(2)【協会系】安心がウリの一般社団法人の結婚相談所

結婚相談所ビジネスを一般社団法人という形態で展開している組織もあります。例えば、東京都仲人協会です。結婚相談所というと、「初期費用が高いのかな」「本当に結婚できるの?」と必ずしも絶対的な信頼を寄せていない人々もたくさんいらっしゃいます。

 そんな中、〇〇協会という形でビジネスを始めると、「協会がやっている結婚相談所だから大丈夫だろう」と心理的ハードルが下がる可能性があります。月額はかからず、年間で5万円以下の料金で婚活をお手伝いしてもらえます。 

一般社団法人 仲人協会連動会 直営|東京都仲人協会

※上記URLをクリックすると、東京都仲人協会の公式ページへリンクします 

2.結婚相談所の開業資金はズバリいくら?

①規模が大きく店舗ありの結婚相談所を開業したい場合

画像

大手やセレブ結婚相談所をあなた個人で開業する場合、婚活をする会員から信頼を得るため数千万円規模の資金の準備が絶対的に必要になります。しかし、一般的にそれほどの資金を準備して結婚相談所を開業するのはとても難しく、現実的ではありません。

 昔から長く経営している結婚相談所と大手チェーンの結婚相談所は、複数の支店を持つことが婚活ビジネスの強みとなっており、資金源やノウハウがあります。そのため、日本結婚相談所連盟(株式会社IBJ)、Nozze(ノッツェ)などの大手結婚相談所はこれから結婚相談所を開業したい事業主希望の個人へ向け、結婚相談所開業の支援を行っています。 

  • 結婚相談所連盟に加盟する際の入会金・加盟金の目安→50万円~120万円ぐらい(例、良縁会の場合は加盟金60万円)
  • 結婚相談所連盟に加盟する際のランニングコスト→月10,000円~15,000円(例、良縁会の場合は毎月のランニングコスト10,000万円)
  • 結婚相談所連盟に加盟する際の会員登録料→月5200~2,000円(例、良縁会の場合は毎月の会員登録料は500円) 

大手の結婚相談所の開業支援を受ける場合、もちろん無料ではできません。コンビニのフランチャイズビジネスと同じで、最初に加盟金を支払わなければいけません。フランチャイズとして開業する場合、個人として経験やノウハウもない中での起業とみられるため、事業融資の世界では融資に通りづらくなる可能性があります。 

②規模が小さく店舗も質素な結婚相談所を開業したい場合

画像

結婚相談所はネット上でWEBページを立ち上げ、SEOなどの知識があり集客できるのであれば、かなりの少額でビジネスをスタートできるタイプの事業です。これまで結婚相談所を開業した方の情報を参照すると、小規模(ワンルームマンション)の結婚相談所で必要となる資金はだいたい以下の種類になります。 

  • WEBページ制作費(初期:50~100万円)
  • 宣伝・広告費(毎月:10~100万円程)
  • 入会案内・カウンセリングシート・規約などの婚活キット制作費(初期:5~10万円)
  • 物件取得費(家賃6か月分・不動産仲介手数料で60~120万円)
  • PC購入費(初期:5~10万円)
  • 通信費・光熱費(毎月:1万円)
  • 運転資金6か月分 ※広告宣伝費+家賃+通信・光熱費×6(初期:126万円)
  • 計:257万円~467万円(起業時に必要なお金)

 お気づきの通り、結婚相談所で必要となる資金はほとんどが集客のための広告宣伝費と対面で面談するためのテナント料です。 

家賃を最低の10万円で計算した場合は起業時に257万円、家賃を20万円で計算した場合は起業時に467万円の資金があるとスムーズに開業できることでしょう。副業として自宅の一部で面談する場合は家賃がまるまるかかりませんし、もともと何かのビジネスを個人で長くやっていて、その顧客を引っ張ってこられるのであれば広告宣伝費はもっと抑えられることでしょう。

 3.いきなり開業しても軌道に乗るビジネスではないから準備をしよう

画像

①結婚相談所の開業に必要な経験はどんな経験?

結婚相談所とはマッチングビジネスです。まだ出会っていない男女を引き合わせ、結婚させるのですから非常にやりがいのある仕事であることは間違いありません。

 あった方が良いスキルは「傾聴」です。これは多くの結婚相談所でも実際に言われていることですが、相手の話を聞かずに自分の話ばかりする人物をいいなと信頼する人は少ないからです。

 結婚相談所での勤務歴が長ければそれだけ話す内容に説得力が出ます。結婚相談所というダイレクトの経験がなくても、イベントを企画する仕事や飲食店での責任者など、人と人をまとめる職に就いた経験がある方が結婚相談所の事業はうまくいくことでしょう。

 ②結婚相談所の開業で必要な自己資金とは?

上記でお伝えした資金が一度に用意できない場合、日本政策金融公庫などの事業融資(300万円~1,000万円程度)を受けて開業することが可能です。日本政策金融公庫の場合、審査基準はとてもシンプルです。以下の3つをクリアしていると、事業融資の審査に通りやすいと言われています。

  •  経験
  • 自己資金
  • 事業計画

 この中で、近頃審査に落ちる方が多いのは自己資金です。自己資金は、自分でコツコツ貯めたお金であり、通帳で確認できるお金のことです。 

③結婚相談所の開業で必要な資格とは?

結婚相談所を開業するのに必要な資格はありません。個人事業主としても開業でき、準備ができたら開業届を税務署に提出することで開業が可能です。 

まとめ

 結婚相談所を開業するのに必要な資金は最低で257万円程度ですが、自宅を利用する場合やカフェやコミュニティスペースを利用する場合は不動産取得費用を節約できます。

資金調達で悩むならまずは専門家に相談を!融資専門の無料相談と資金調達Q&Aは

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。