オウンドメディア制作は実績がカギ?!提案力をもつための3つのヒント

オウンドメディア制作は実績がカギ?!提案力をもつための3つのヒント 起業のための資金調達 – IT(WEB・アプリ・ゲーム・情報処理・システム開発)
オウンドメディア 起業後

オウンドメディアは最近注目されているWeb媒体の一つです。

ネットの普及で紙媒体よりもWebメディアに比重がシフトされたため、ホームページだけでなくプラスアルファとしてオウンドメディアを使う企業が増えています。

今後ますます発注が増えると予測されるオウンドメディアですが、制作する側と発注する側の温度差があるのも事実です。今回の記事では、オウンドメディア制作でより収益に結び付けるための方法をいくつかご紹介します。

 1.近頃オウンドメディアの増加している背景とは

オウンドは英語にするとOwnedです。Ownには「所有する」という意味があり、-edの受動態ですのでOwnedでは「所有された」という訳になります。つまり、企業により「所有されるメディア」がその直訳です。では、どういったメディア(情報媒体)なのでしょうか。

 オウンドメディアはテレビや新聞・雑誌などの公的な側面の強いメディアとは違い、企業や個人事業主が自社のプロモーションのために作成するWeb媒体です。 

画像

 この表は、企業が使うことのあるメディア媒体別に一般人への影響力と広告掲載についてまとめたものです。集客や求人を目的にテレビや新聞といったビッグ・メディアを使う企業もありますが、掲載には資金が莫大にかかります。

 また、企業のホームページは通常会社の顔として中立的な内容(宣伝広告を含まない)を掲載しますので、広告掲載には向きません。オウンドメディアは自社が運営するWebサイトでその内容は自由ですので、広告掲載も自由にできるという利点があります。

 【オウンドメデイアで成功している企業の一例】

・サイボウズ株式会社のサイボウズ式 サイボウズ式

・オーマイグラス株式会社のメガネスタイルマガジン OMG PRESSメガネスタイルマガジン

・株式会社一蔵のICHIKURAマガジン ICHIKURAマガジン

 これらを見て気が付く点は、企業側がフランクになって消費者に近づきやすい雰囲気を与えているという点です。例えば、学校の授業でも教科書をただ読む先生よりも手を変え品を変え、様々なアプローチをしてくる先生の方が人気はあったりします。そして、その先生の授業内容の方が頭に残るものです。

 多くの企業がオウンドメディアを利用する一つの理由はここにあります。自社メディアを通して消費者に近づきやすいアプローチをし、結果的に企業のファンになってもらい収益に結び付けるのです。

 2.オウンドメディアの受注は実績がカギ!まずは1社に大集中

画像

筆者の経験ですが、最初は1件だけのオウンドメディア制作でもその1件を大切にすることで次第に依頼が増えていきます。1件の大成功があれば、「弊社の実績ですが」と実際のWebサイトや業績推移をパワーポイントにして見せることでかなりの確率で受注は可能です。

 適当な仕事で件数をこなすのではなく、最初の1社の仕事を全力で行い、次の仕事も全力で行う。それを続けることで、次第に業績は上がっていきます。受注件数が増えれば、あなたの会社のホームページ上で実績として紹介も可能です。

 3.提案力を持つには?

画像

①マネだけではなく、オリジナリティを

オウンドメディアは現在様々な成功例がネット上に溢れています。しかし、例えば「サイボウズ式みたいなサイトを作りたい」と表面上だけマネしたところで、本当に成功するかは疑問です。

大切なのは、依頼主の商品やサービスを誰が使うかとペルソナを想像すること。お年寄りにはお年寄りにあった内容、若者でも海外志向が強い人なのかそうでないのか、など、企業に合った消費者をイメージしてからサイトの企画書を作成します。

 ②コンテンツマーケティングに精通していること

オウンドメディア制作の提案を行うのであれば、コンテンツマーケティングについて一通りの知識が必要です。どんなに良い内容のサイトを作成しても、アップの仕方やカテゴリ分けやタグ付けが誤っていれば拡散効果は得られません。

また、日本のWebサイトだけでなく海外のサイト事情にも精通している方がいいでしょう。また、業界ごとのオウンメディアの活用事例も多数提案資料には盛り込みましょう。

 ③営業力があるか

提案しても断られる営業マン、そうではない営業マンと差が出るのはなぜでしょう。メールや電話でひっきりなしに押しても、意味はありません。やはり、相手側と信頼関係を構築できたかがカギとなります。

 ある意味、営業マンは心理カウンセラーのような側面も持ち合わせるべき場面が契約の段階では出てきます。

 4.オウンドメディア制作&運営会社の平均的な収益とは?

画像

さて、資金調達ノートをご覧の皆様はお客様側ではなく事業主側に立っておられる方々であると自負しております。そのため、少しオウンドメディア業界の資金について解説していきましょう。

 オウンドメディアのWeb構築自体はさほど難しいものではなく、ワードプレスとWebの知識があれば十分制作できるはずです。しかし、オウンドメディアを始めたい企業側にその人材がいつかは別の問題です。 外注としてオウンドメディア制作を請け負う場合、30~40万円程度で受注するのが平均的なようです。オウンドメディア制作のメリットとして、制作したあとの運営も任せてもらえる可能性が高いという点があります。

 オウンドメディアはどれだけコンテンツが面白く、継続できるかが最大のカギです。記事数のボリュームは最低でも500はないと認知がされづらいでしょう。敷居が低く、一般の方の興味を引き続けられる記事を常に量産していくのは、意外に簡単ではないものです。

 まとめ

これからもっと活用する企業が増えると予測されるオウンドメディア業界のご紹介を致しました。コンテンツ作成ができる人間が足りない!営業マンが欲しい!という事であれば、是非融資を効果的に活用させて業績を伸ばしてください。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。