コインランドリーを開業するデメリットとは?

コインランドリーを開業するデメリットとは? 起業のための資金調達 – フランチャイズ
コインランドリーを開業するデメリットとは

コインランドリー経営は失敗する?

持っている土地活用の方法として、コインランドリーの経営は根強い人気があります。
一般的に簡単に儲けることができるイメージが強いコインランドリーですが、本当に儲けることが簡単なのでしょうか。
今回は、コインランドリーを開業することのデメリットとして、どのようなものがあるのか、説明していきたいと思います。

コインランドリー経営の概要

 

コインランドリー経営とは、空き物件などを利用してコインランドリーに改装し、その売上を稼ぐ投資方法です。

コインランドリーを出店するのに、必ずしも自分で土地を持っている必要はなく、フランチャイズ契約や代理店契約によって始められるという手軽さが特徴です。

手軽に始められることから、年々コインランドリーの数は増加しています。

 

コインランドリー経営のデメリット

 

たしかに、手軽に始められるコインランドリーの開業ですが、それなりにデメリットが存在することも事実です。

 

初期投資が大きい

コインランドリーは気軽に始められるのですが、初期投資が大きいという特徴があります。

土地や建物、機械を自分で用意するのであれば、2000万円ほどかかることも多いです。

つまり、普通に家を一軒建てるくらいの費用がかかります。

ただし、上記のようにコインランドリー投資の場合はフランチャイズ契約や代理店契約によって土地や店舗を借りて、初期費用を抑えることができます。

その場合は、売上の一部を運営会社に支払うことになります。

また、コインランドリーの場合は、重篤とは違って収益を生みます。

多額の初期費用が必要であっても、頭金の分を用意できれば、銀行からの借入で賄うことができます。

そして、毎月の収入から借入金を返済していきます。

 

トラブルが起きやすい

コインランドリーは置いておくだけで、お金を稼いでくれるものだというイメージが強いです。

しかし、コインランドリーはさまざまなトラブルが起きやすいため、日頃からの対応が必要です。

 

  • 機械トラブル

コインランドリーは機械に依存したビジネスであり、その機械にトラブルが起こるというリスクがあります。

例えば、コインランドリーは様々な人が利用しますが、利用者の洗濯物のポケットに釘や石が入っており、機械を壊してしまったり、次の利用者の衣服を傷つけてしまったりということがあります。

コインランドリー経営はそのようなトラブルとは常に隣り合わせであることを忘れてはいけません。

また、他にも両替機や作動しなかったり、お金を入れても乾燥機が動かなかったりとトラブルの原因はさまざまです。

そのため、常にトラブルに対応できるようにしておかなければいけません。

  • 人的トラブル

コインランドリーでは機械トラブルだけでなく、人的トラブルも発生します。

特に利用者からのクレームは多く、「洗濯物の汚れが取れていない」、「洗濯物に異臭が移った」といった内容は多いです。

また、地域によっては酔っ払いが店内を汚したり、不良が問題を起こしたりというケースもあります。

コインランドリーはそのような人的トラブルのリスクも高い事業であると言えます。

 

防犯対策は必須

コインランドリーは無人の施設のため、防犯対策が必須です。

特に、両替機や衣服を狙った盗難は多いです。そのため、盗難保険に入っておくことは必須です。

また、不良などのたまり場になることもあり、暴行事件などが起こるリスクもあります。

 

利用者が思うように伸びないことも

コインランドリーの数は年々増加していますが、その中には廃業するところもあります。

その原因として、思うように利用者を集めることができず、売上を伸ばすことができない事です。

たしかに、コインランドリー経営は成功すればそれなりに稼ぐことができる投資方法ですが、そのためには潜在顧客の多い地域を選ばなければいけません。

また、利用者が多そうな地域であってもライバル店にも注意しましょう。

競争が激化すれば、その分収益を上げるのが難しくなります。

コインランドリーを開業する前に、しっかりと地域について調査をしたうえで出店場所を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 

上記のように、コインランドリー経営は資金の運用方法として人気がありますが、その半面さまざまなデメリットが多いことに気を付けなければいけません。

もしこれからコインランドリーの開業を考えているという方は、しっかりとそのリスクも把握したうえで、その対処方法も考えておくようにしましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。