中華料理店を開業するために必要な準備を解説

中華料理店を開業するために必要な準備を解説 2018.03.23起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
中華料理店を開業する際の注意点と資金調達

中華料理店の開業を考えている人の中には、どのような準備が必要なのかを知りたい人もいますよね。

当記事では、中華料理店を開業するために必要な準備を解説していきます。資金調達方法も解説しているので、参考にしてみてください。

中華料理屋は内装や雰囲気が大切

(1)コンセプトに合った内装にする

提供する料理に応じて、内装をアレンジしていくことが重要です。

高級食材を提供するお店であれば、個室で回転テーブルがあり、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめる店内を演出したり、きらびやかな内装でゴージャスな雰囲気に仕上げたりすると、集客につながる場合があります。

また、大衆的な中華料理を提供する場合もコンセプトに合うようにするだけでなく、清潔感のある内装にすることにより、集客できることがあります。

 

 

(2)エンターテインメント性

料理の味を楽しむ以外にも中華料理の場合には、オープン型のキッチンを採用して、作り手の臨場感あふれる調理風景をお客さんが見ることのできる内装にするのも良いでしょう。

たとえば、中華鍋で具材を炒めるときに火がボーっと上がる様子や、刀削麺の生地を包丁で削って鍋に飛ばし入れる様子など、中華料理ならではの見て楽しめる工夫をしていくことも検討してみましょう。

(3)雰囲気作りも重要なポイント!

家具やインテリアでの雰囲気作りも有効です。

たとえば、中国の絵画を飾ったり、椅子や扉に精巧な模様が施されていたりすると、雰囲気をだすことができます。

お酒を取り扱うお店であれば、紹興酒をディスプレイとして飾るのも良いかもしれません。内装に気を配ることで、料理の味も良く見せることができる場合があります。

味や立地条件について

(1)料理の味

四川料理や広東料理など、中華料理といっても種類がさまざまです。

香辛料などを豊富に使い本場の味で勝負するのか、大衆的な中華料理屋を目指すのであれば、日本人の好みに合う味にカスタマイズすることも重要なポイントです。

他のお店にはない味と地域密着型で営業していくことが、中華料理店を成功させるために求められる傾向があります。

(2)立地条件

ターゲットとなる顧客層によって、立地条件は異なります。

とくに、大衆的な中華料理店であれば駅からの距離やオフィス街、商店街の近辺など、集客力の高い立地が適している傾向があります。

他にも、駐車場を完備したり、出前をやったりするなど、収益アップが期待できるため、検討してみるのも良いかもしれません。

資金調達方法

中華料理店を開業するには、物件取得費用や内装工事、厨房機器など1,000万円程度のお金がかかる場合があります。

居抜き物件を探したり、内装のグレードを下げたりするなど、費用を抑えることも可能ですが、それでも高額な資金が必要なことに変わりはありません。

資金調達の手段として、金融機関からの融資を検討してみましょう。

融資を受ける場合であっても、自己資金を貯めることは大切です。コツコツと通帳にお金が貯まっているのを見せることで計画性があると判断され、融資を成功させる確率が上がることがあります。

まとめ

中華料理店を開業するためのポイントを紹介しました。

お店を繁盛させるには、味はもちろんですが、内装やインテリアでの魅せ方も大切な要素です。

内装にこだわるには、資金を確保することが必要不可欠になるため、開業に向けて計画的に準備をしていきましょう。

資金調達についてプロに相談する(無料)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
経営支援ガイド » https://inqup.com/