一人で焼肉屋を開業するときのポイントを解説

一人で焼肉屋を開業するときのポイントを解説 更新日:2023.12.12 公開日:2023.12.12起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
一人 焼肉屋 開業

焼肉屋を開業したい人の中には、従業員を雇わず、一人での開業を検討中の人もいますよね。また、一人で開業準備を進めることになるため、不安に感じている人もいるでしょう。

当記事では、一人で焼肉屋を開業するときのポイントを解説します。開業までの流れも解説するため、一人での開業を検討中の人は参考にしてみてください。

ポイントは業務の効率化を考えること

一人で焼肉屋を開業するときのポイントは「業務の効率化を考えること」です。従業員が複数人の場合は業務を分担できますが、従業員が一人の場合はすべての業務をこなさなければならないため、一人での開業を検討中の人は業務の効率化を考えてみましょう。

【業務を効率化する方法】

  • オンライン予約システムを導入する
  • セルフオーダーシステムを導入する
  • 在庫管理システムを導入する

業務を効率化させる方法として挙げられるのは「自動化できるシステムの導入」です。自動化できるシステムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人はそれぞれの項目を確認してみましょう。

オンライン予約システムを導入する

業務を効率化させる方法として挙げられるのは「オンライン予約システムを導入する方法」です。オンライン予約システムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人はオンライン予約システムの概要を押さえておきましょう。

オンライン予約システムとは、インターネット上から予約できるデジタルシステムのことです。デジタル化が進む現代では、オンライン予約システムを取り入れる飲食店が増加しているため、焼肉屋においてもオンライン予約システムの導入を検討する余地があります。

たとえば、オンライン予約システムを導入することにより、顧客の予約にかかる時間を短縮できる可能性があります。顧客側はスマートフォンやタブレットなどの専用のアプリから来店を予約できるため、店員側は顧客の予約にかかる時間を短縮できます。

また、オンライン予約システムを導入することにより、顧客の二重予約を予防できる可能性があります。システム上から来店を予約してもらうことになるため、予約が埋まっている時間帯は予約を入れることができず、顧客の二重予約を予防できます。

オンライン予約システムは業務を効率させる方法のひとつです。導入するコストはかかりますが、オンライン予約システムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人はオンライン予約システムの導入を検討してみましょう。

セルフオーダーシステムを導入する

業務を効率化させる方法として挙げられるのは「セルフオーダーシステムを導入する方法」です。セルフオーダーシステムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人はセルフオーダーシステムの概要を押さえておきましょう。

セルフオーダーシステムとは、顧客自身が注文を行うためのデジタルシステムのことです。デジタル化が進む現代では、セルフオーダーシステムを取り入れる飲食店が増加しているため、焼肉屋においてもセルフオーダーシステムの導入を検討する余地があります。

たとえば、セルフオーダーシステムを導入することにより、顧客の注文にかかる時間を短縮できる可能性があります。顧客側はスマートフォンやタブレットなどの専用のアプリからメニューを注文できるため、店員側は顧客の注文にかかる時間を短縮できます。

また、セルフオーダーシステムを導入することにより、店員の注文ミスを予防できる可能性があります。システム上からメニューを注文してもらうことになるため、対面での注文を受ける機会が減少し、店員の注文ミスを予防できます。

セルフオーダーシステムは業務を効率させる方法のひとつです。導入するコストはかかりますが、セルフオーダーシステムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人はセルフオーダーシステムの導入を検討してみましょう。

在庫管理システムを導入する

業務を効率化させる方法として挙げられるのは「在庫管理システムを導入する方法」です。在庫管理システムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人は在庫管理システムの概要を押さえておきましょう。

在庫管理システムとは、数量や期限などの在庫情報を管理するためのデジタルシステムのことです。デジタル化が進む現代では、在庫管理システムを取り入れる飲食店が増加しているため、焼肉屋においても在庫管理システムの導入を検討する余地があります。

たとえば、在庫管理システムを導入することにより、在庫の管理にかかる時間を短縮できる可能性があります。「牛肉」「豚肉」「鶏肉」など、焼肉屋の場合は肉の種類ごとに在庫数をデータ化することもできるため、在庫の管理にかかる時間を短縮できます。

また、在庫管理システムを導入することにより、食材の廃棄率を低下できる可能性があります。「肩ロース」「サーロイン」「ランプ」など、焼肉屋の場合は肉の部位ごとに消費期限を追跡することもできるため、食材の廃棄率を低下できます。

在庫管理システムは業務を効率させる方法のひとつです。導入するコストはかかりますが、在庫管理システムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人は在庫管理システムの導入を検討してみましょう。

一人での開業に不安がある人は専門家に相談することも考える

焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、開業準備が進むにつれ、疑問や不安が生まれることも考えられます。とくに、一人の場合は自分一人が開業準備を進めることになるため、開業準備に関する疑問や不安が生まれたときは専門家に相談することも考えてみましょう。

【相談先の具体例】

項目 概要
商工会議所 商工会議所は、商工会議所法に基づき設立された特別認可法人。法律、税務、金融、登記など、幅広い支援サービスを提供し、各分野の専門家に無料相談できる点が特徴のひとつ。
よろず支援拠点 国が全国に設置した無料の経営相談所。豊富な活動実績から経営者の課題に応じたワンストップサービスを提供し、各分野の専門家に無料相談できる点が特徴のひとつ。
中小企業基盤整備機構 3つの特殊法人を統合し設立された独立行政法人。企業の成長ステージに合わせた幅広い支援メニューを提供し、各分野の専門家に無料相談できる点が特徴のひとつ。

相談先として挙げられるのは「商工会議所」「よろず支援拠点」「中小企業基盤整備機構」です。これらの相談先は無料の開業支援を実施しているため、一人での開業に関するアドバイスに加え、焼肉屋の開業における成功事例や失敗事例を教えてもらえる可能性もあります。

また、これらの相談先は個別の無料相談に加え、「創業セミナー」や「創業塾」などの講習会を開催している地域もあります。創業者向けの講習会となるため、焼肉屋を開業するための知識を習得したい人は講習会に参加することも方法のひとつです。

ただし、専門家に相談する場合は依頼料として所定の費用がかかるところもあります。今回紹介した相談先は無料相談窓口を設けていますが、説明会やセミナーに参加するときは事前予約が必要になることもあるため、専門家に相談したい人は留意しておきましょう。

手続きに関する疑問や不安がある人は自治体の担当者に相談する

焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、手続きに関する疑問や不安が生まれることも考えられます。とくに、一人の場合は自分一人が手続きを進めることになるため、手続きに関する疑問や不安が生まれたときは自治体の担当者に相談することを検討してみましょう。

【相談内容と相談先の例】

相談内容の例 相談先の例
必要となる営業許可は? 保健所
自宅でも開業できる? 保健所
防火対象物の区分は? 消防署

たとえば、営業許可に関する内容を相談したい場合、まずは保健所の担当者に相談することになります。営業許可の申請は開業予定地を管轄する保健所となるため、営業許可に関する内容を相談したいときは保健所の担当者に相談することになります。

また、防火対象物に関する内容を相談したい場合、まずは消防署の担当者に相談することになります。防火対象物の申請は防火対象物を管轄する消防署となるため、防火対象物に関する内容を相談したいときは消防署の担当者に相談することになります。

なお、手続きを円滑に進めるためのポイントは事前相談です。担当者に事前相談することにより、手続きを円滑に進められる可能性があるため、手続きに関する疑問や不安が生まれたときは自治体の担当者に相談しながら手続きを進めることを検討してみましょう。

まとめ

一人で焼肉屋を開業するときのポイントは「業務の効率化を考えること」です。従業員が複数人の場合は業務を分担できますが、従業員が一人の場合はすべての業務をこなさなければならないため、一人での開業を検討中の人は業務の効率化を考えてみましょう。

また、業務を効率化させる方法として挙げられるのは「自動化できるシステムの導入」です。自動化できるシステムを導入することにより、業務を効率化できる可能性があるため、一人での開業を検討中の人は自動化できるシステムの導入を検討してみてください。

なお、焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、開業準備が進むにつれ、疑問や不安が生まれることも考えられます。とくに、一人の場合は自分一人が開業準備を進めることになるため、開業準備に関する疑問や不安が生まれたときは専門家に相談することも考えてみましょう。

資金調達についてプロに相談する(無料)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
経営支援ガイド » https://support.so-labo.co.jp/

融資支援実績 6,000件超独立・開業・事業用資金の資金調達を
ソラボがサポートします。

  • 独立するための資金調達をしたい
  • 金融機関から開業資金の融資を受けたい
  • 手元資金が足りず資金繰りに困っている

中小企業庁の認定を受けた認定支援機関である株式会社SoLabo(ソラボ)が、
あなたの資金調達をサポートします。

ソラボのできること

新規創業・開業の相談受付・融資支援業務、既存事業者の融資支援業務(金融機関のご提案・提出書類作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

今すぐ融資の無料診断