イタリアンレストランを開業しよう!必要な手続きと資金調達方法

イタリアンレストランを開業しよう!必要な手続きと資金調達方法 起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
イタリアン

イタリアンレストランの開業はお金がかかる?

ピザやパスタなどイタリアンと呼ばれる料理は日本人にも馴染みが深く、本格的なレストランからファミリーレストランまで数多くのお店があります。 イタリアンレストランでの経験を生かしてイタリアンレストランを開業したい!と思った場合、どのくらい費用がかかるのか、どんな準備をしたら良いのかを知っておくことも大切ですね。イタリアンレストラン開業に向けた準備や資金についてご紹介します。

1.イタリアンレストランを開業するための準備

イタリアンレストランを開業するためには、お店のコンセプトをしっかりと決めておく必要があります。

○どんな種類のイタリアンレストランにする?

イタリアンレストランと言っても、少し高級な「リストランテ」から、大衆向けの「トラットリア」、もっとカジュアルに「ピッツェリア」などタイプは様々です。

まずは、ご自身が開業しようと考えているイタリアンレストランはどんなタイプのイタリアンレストランなのか決めておきましょう。

イタリアンレストランのタイプ

○誰をターゲットにどこに出店する?

お店のタイプが決まったら、ターゲット層、出店する立地を考えましょう。立地やターゲットは売上にも繋がる大切な要素です。

ターゲット層と立地を絞り込むと、営業時間や定休日も見えるようになります。

○メニュー構成と価格帯

お店のタイプ、ターゲット層、立地がだいぶ絞れました!次は、メニュー構成と価格帯です。お店のタイプに合わせた価格帯にしないと、お客様の想定するイメージとギャップが生まれてしまいます。

良いギャップであればお店にとってプラスとなりますが、そうでない場合にはマイナスになってしまうので、ここはしっかりと検討していきましょう。

メニュー構成では、こだわりをおく部分など他店との差別化も大切になります。また、仕入先の選定もしっかりと行ないましょう。

物件探しや内外装業者探しもしっかりと

コンセプトを含むお店のイメージが決まったら、実際に出店するための物件や店舗の内外装を依頼する業者さんなども探しておく必要があります。

物件は、実際にその場所に行って、実際の通行量などを調査することも大切です。賃料等はもちろん重要ですが、賃料が安くて全く人がこない場所では売上を伸ばしていくことが難しくなる可能性もあります。曜日や時間を変えて調査を行ないましょう。

そして、その際に、周辺の競合店調査もしておくようにしましょう。

2.イタリアンレストラン開業に必要な手続

イタリアンレストランに限らず、飲食店を開業する場合には、いくつかの手続が必要です。

(1)飲食店開業のための手続

保健所での手続き

飲食店の営業では「営業許可」という許可をとる必要があります。営業許可は店舗の住所地を管轄する保健所で申請することが出来ます。この際に、店舗の図面などが必要となる事があります。

営業許可の申請を行うと、後日、保健所から担当の方が現地調査にいらっしゃいます。

・食器棚などは扉がついているか

・従業員、お客様用の手洗いがあるか

・厨房と客席の区切りに扉があるか 等

細かなところまで確認されます。食品を扱うため、衛生には最大限に気を配ってくださいね。

消防署での手続き

防火対象設備使用開始届などの届出が必要となります。また、収容人数が30人以上(従業員を含む)になる飲食店の場合には、防火管理者の選任届けも必要となります。

(2)飲食店開業のために必要な資格

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、各店舗に必ず1人必要となります。

調理師や栄養士、製菓衛生師等の特定の資格を取得していれば食品衛生責任者になることが出来ます。どの資格も取得していないという人は、都道府県の自治体や保健所毎に行っている食品衛生責任者講習に参加すると資格を取得することが出来ます。

ちなみに、東京都の食品衛生責任者養成講習会は下記のリンクで日程等を確認出来ます。費用は10,000円です。(全国的に10,000円が基本のようですが、違う地域もあるかもしれませんので、受講前に自治体や保健所にご確認くださいね)

食品衛生責任者養成講習会

防火管理者

防火管理者はすべての飲食店に必要という訳ではありません。消防署の手続でもお伝えしたように、収容人数が30人以上(従業員を含む)になる飲食店の場合、選任する必要があります。

都道府県や市区町村など地域によって異なりますが、甲種新規講習は2日間、乙種は1日で取得することが出来ます。受講料は、甲種新規講習が7,500円、乙種講習が6,500円です。

イタリアンレストラン開業にあると素敵な資格

3.イタリアンレストラン開業に必要な資金の目安

ここでは、開業に必要な資金の目安を算出するための方法を2つご紹介しておきます。

(1)売上予測から開業資金の目安を計算する

まず、お店の営業日数、客単価、席数、回転数から月の売上予測を算出します。

売上予測を算出する

売上の予測が出来ました!

開業資金は年商の半分程度が目安と言われています。従って、上記で算出した月商に12ををかけて年商を算出します。236万円✕12ヶ月=2,832万円となりました。

つまり、開業資金の目安は2,832万円の半分、1,416万円となります。

売上予測から開業資金の目安を算出する

上記は簡易的に計算しているため、席数は満席の状態です。実際には2名席に1名が座るなど満席の状態になることは少ないため、そのあたりも考えて計算するとより実績に近い数字を算出することが出来ます。

イタリアンレストランの多い地域

(2)見積等から開業資金のシミュレーションを行う

イタリアンレストランの開業に必要な資金は「物件取得費」「設備工事費」「什器備品」「開業資金」に分類されます。

見積やおおよその目安からそれぞれに数字を当てはめて開業資金をシミュレーションしてみるという方法もあります。

開業にかかる費用の目安

家賃が30万円の物件で開業する場合でざっくりと数字を入れてみましょう。

必要な費用からシミュレーション

イタリアンレストランの場合には、ピザ窯やワインセラーなど、お店の特徴として必要な設備があります。お金をかけるべきところ、あまりかけなくても出来るところを事前にしっかり考えておくようにしましょう。また、開業資金の他にも運転資金としてある程度の余剰は持っていたほうが安心です。

美味しいピッツァにはピザ窯が必須

4.イタリアンレストランを開業するための資金調達方法とポイント

開業資金の目安が算出されたら、その資金の調達方法についても検討する必要があります。金融機関からの融資で資金調達をするのであれば日本政策金融公庫の融資をオススメします。

(1)新創業融資制度を利用して無担保・無保証人で融資を受ける!

日本政策金融公庫の新創業融資制度は、新たに事業を始める方に対して、無担保・無保証人で融資を行ってくれる制度です。また基準金利が2.26~2.85%と低く設定されており、条件によっては、さらに低い金利で融資を受けることが出来ます。

日本政策金融公庫の融資で資金調達!新創業融資制度って何?

(2)日本政策金融公庫の融資を受ける際のポイント

ポイント1:自己資金

自己資金はお店を開業するための準備としてご自身がコツコツと貯めてこられたお金です。自己資金がある程度準備されていないと融資が難しくなってしまいます。

特に、新創業融資制度は制度の利用要件に自己資金の要件があります。創業時に必要な資金の10分の1以上の自己資金の準備が条件です。

つまり、創業時に1,500万円かかる場合、最低でも150万円の自己資金が必要となります。

ポイント2:過去の経験

創業時の融資で自己資金と同様に重要視されるポイントは「過去の経験」です。これから創業される方は、事業の実績を見ることが出来ません。そのため、その人の過去の経験からその事業がどうなるかを予測します。

イタリアンレストランを開業する場合には、過去にイタリアンレストランで働いた、修行をしたなどイタリアンレストランでの経験が必要となります。

ポイント3:創業にかける想い

創業にかける想いを表すツールが「創業計画書」です。

創業計画書は「創業の動機」「経営者の略歴」「取扱商品・サービス」「取引先・取引関係」「従業員」「お借入の状況」「必要な資金と調達方法」「事業の見通し(月平均)」の8つの項目で構成されています。

それぞれの項目をしっかりと作成していく必要があります。用紙の枠内では書ききれない内容や、根拠をしっかりと説明する必要がある部分などは別紙を添付するなど万全の体制を整えましょう。

創業にかける想いをこの用紙に託して融資の申込みを行ないます。

創業計画書の書き方は下記をご確認下さい。

創業融資成功の鍵!「創業計画書」書き方とポイントを徹底解説!

ポイント4:日本政策金融公庫の融資は認定支援機関に相談!

認定支援機関とは経済産業省が認定した中小企業の支援を行う専門家です。

認定支援機関を経由して日本政策金融公庫の融資の申込みを行うと以下のようなメリットがあります。

認定支援機関を経由するメリット

融資は申込書を出せばOKというわけではなく、資料の準備や資料作成など時間がかかることが多いです。専門家に依頼することでスピーディーに融資を受けることが出来ます。

開業前は色々とやることが多いので、任せられるところは専門家に任せるという判断も必要ですね。ただし、専門家に依頼する場合には報酬がかかります。報酬金額などもしっかりと確認するようにしましょう。 

まとめ

イタリアンレストランの開業には1,000万円以上の費用がかかります。すべてご自身で準備できることが理想ですが、融資を受けて事業を始めるという方法も悪いことではありません。とはいえ、融資を受ける場合にも自己資金は必要となりますので、計画的に貯蓄をしていくようにしましょう。

しっかりと準備をして、お客様に愛されるあなたらしいイタリアンレストランを開業してくださいね。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。