中古キッチンカーの費用相場と購入前の注意点

中古キッチンカーの費用相場と購入前の注意点 起業のための資金調達 – 飲食(飲食店・外食・デリバリー)
中古キッチンカーの費用相場と購入前の注意点

中古と新車でいくら違う?

「キッチンカーで開業しよう!」と思った時、キッチンカーの車両を当然探しますよね。

新車で購入するのはお金がかかりそう、なるべく開業資金はおさえたいという方には中古キッチンカーの購入がおすすめです。

今回の記事では、中古キッチンカーの費用相場はどのくらいか、中古で調達することをおすすめする理由と購入前の注意点についてご紹介します。

1.中古キッチンカーの費用はどのくらい?改造済み車両を購入するケースと中古車を改造するケース

キッチンカーの調達には、中古車の利用をおすすめします。

中古でないと絶対に駄目!というわけではないですが、中古でキッチンカーを調達することには車両本体の購入費用が大幅に安く抑えられるという大きなメリットがあるからです。

中古でキッチンカーを調達する方法は、次の2パターンが考えられます。

  • 普通の中古車両を購入してキッチンカーに改造する
  • 中古のキッチンカーを購入する

(1)普通の中古車両を購入してキッチンカーに改造する

こちらは改造前の「普通の車」を最初に入手し、キッチンカーに改造する方法です。

改造の手段も自分で改造する方法と、専門店に改造を依頼する方法がありますが、知識や技術があり自力で完璧に理想通りの改造ができます!という方以外は、キッチンカー製作の専門業者と打ち合わせをした上で改造を依頼することになるでしょう。

軽トラックなどの中古車両であれば、50万円程度で購入できることもありますが、改造を専門の業者に依頼した場合、改造費用として100万円~300万円ほどかかりますので、トータルの金額を考えると400万円弱と費用がかさんでしまいます。

しかし、デザインや細かい仕様を自分の好きなように指定できるため、キッチンカーを営む上でのモチベーションや営業効率に繋げることができます。

(2)中古のキッチンカーを購入する

もともとキッチンカーとして利用されていた中古車両を購入するのがこちらのパターンです。

改造の仕様や車両の状態で大きく左右されますが、価格は150万円~250万円ほど。普通の中古車両を購入して改造するよりも安く済むことが多いです

また、一度はキッチンカーとして営業許可を受けて稼働していた車なので、再び営業許可を取るための難易度も高くはありません。

ただし、中古車両ですので、事前に整備状況や設備の劣化状況など確認しておき、購入時の仕様のままではモチベーションや効率が少し落ちるかも知れないと思ったら、修理や多少の改造のためのコストは惜しまない方が良いでしょう。

キッチンカー(移動販売車)で融資を受ける方法と手順をわかりやすくご紹介!

2.キッチンカーを中古で購入するメリット・デメリット

キッチンカーは中古で調達するとメリットが大きいのでおすすめ、とお伝えしましたが、新車のキッチンカーと比較した時、デメリットも当然存在します。

メリットとデメリット、それぞれのどの項目が自分にとってどの程度大きな問題となるのかをきちんと検討した上で、キッチンカーの調達方法を決定しましょう。

(1)中古でキッチンカーを購入するメリット

新車で購入するより費用が抑えられる

新車のキッチンカーを購入する場合、200万円~500万円ほどが相場ですので中古車と比較して費用が高いです。

これからビジネスを立ち上げようという時、初期投資費用の他に事業が軌道に乗るまでの運転資金も考えたら、手元に残しておく資金は多いに越したことはありません。

中古でキッチンカーを購入することで、初期投資の金額を節約でき車両以外に多くの資金を充てることができます。資金を手元に残しておくことで精神的にも余裕が出て、事業を行う上で冷静な判断を保つこともできるでしょう。

開業までの期間を短縮できる

一からキッチンカーを製作する場合、仕様を考えたり実際に改造したりする期間に2か月~3か月程度はかかると見積もっておく必要があります。

しかし、中古のキッチンカーであれば、食品営業許可の手続きなどにかかる数週間程度で営業できるようになります。開業までの期間が短く済みますので、早く営業開始したい、出店したいイベントまで時間がないという方におすすめです。

また、初期費用が安く抑えられるので短期間で開業資金を貯められ、早期に事業を開始することができます。

(2)中古でキッチンカーを購入するデメリット

メンテナンスや新たな設備の導入に高い費用がかかってしまうことがある

メンテナンスは車両を使っていれば必要になることですが、中古で購入した車両は新車に比べてトラブルの可能性が高くなります。

事故などの明らかな損傷はなくても、経年劣化による整備不良など、車両ごとに状態は異なります。特に経年劣化での不具合は車両を見ただけでは発見しづらく、簡単な動作確認では見つからない可能性もあります。

購入前に車体の状態確認に加え、エンジンや水道管、ガス管などの入念なチェックはもちろん、購入後にも日々のチェックを欠かさない方がよいでしょう。

使い勝手が良くないケースがある

もともとキッチンカーとして使われていた中古車両は、当然「前オーナーにとって」使いやすい、事業が運営しやすい作りになっています。

一見して「これなら自分もこのまま使えそう!」と思っても、実際に営業を始めたら棚の配置や高さなどに使いにくい点があった…というケースも少なくありません。

購入に踏み切る前に必ず使用感を確認しておきましょう。

3.中古キッチンカーを購入する前に保健所への相談を

「キッチンカーの外装や内装も理想どおり、事業運営の計画も全部完璧」と思っても、いきなりキッチンカー購入はちょっと待ってください。

キッチンカーで営業を始めるためには、保健所の営業許可取得が必要です。

まずは事業展開しようと考えている地域の保健所にキッチンカーの設備条件や取り扱う商品などの確認や事前相談を行いましょう。

購入予定の中古キッチンカーが決まっている場合は、開業予定の自治体で許可条件を満たしているのかどうかの確認は必須です。

なお、中古キッチンカーの販売業者のなかには、保健所の営業許可取得のサポートをしてくれる会社もありますので、保健所への相談とは別に販売業者に相談してみるのもひとつの手です。

おすすめのキッチンカー販売会社

フードトラックカンパニーはキッチンカーの製作や中古キッチンカーの売買を行っている会社です。

自分で購入した中古車を持ち込み製作してもらうこともできます。

また、販売している中古のキッチンカーは販売前に必要な修理や清掃、営業許可が取得できるよう内装の改造なども行っていますので、安心して営業を始められます。

さらにフードトラックカンパニーでは、保健所への営業許可取得代行も依頼可能です。

最終的には自分で申請するつもりでも、事前に正しい知識が得られたりアドバイスも受けられたりしますので、まずは相談・問い合わせをしてみることをおすすめします。

フードトラックカンパニー【公式】

まとめ

中古のキッチンカーと言っても、追加で改造をする内容や車両の状態によって価格は変動します。とは言え、開業までに時間を短縮できることや新車を購入するより安く購入できることから、中古キッチンカーで事業開始することはメリットが大きいです。

ただし、信頼できる販売業者から購入しないと、車両の劣化が激しく想定以上の出費になってしまう可能性もありますので、キッチンカーの販売実績が多く、事業を始めるためのサポートも充実している会社から購入することをおすすめします。

資金調達についてプロに相談する(無料)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。