アパレルで開業するためのコンセプトを決めておこう!

アパレルで開業するためのコンセプトを決めておこう! 起業のための資金調達 – ファッション・アパレル
アパレル 開業

どんなアパレルショップにする?

アパレルショップを開業する前に、お店のコンセプトを決めておきましょう。
その事業でも、コンセプトを決めておくことはとても大切です。
今回は、アパレルショップを開業する際のコンセプトの決めかたをご紹介します。

1.アパレルショップのコンセプトの重要性

 

アパレルショップを開業したい!という漠然とした考えで開業した場合、誰に向けて何を販売するべきなのかを決めることが出来ません。

アパレルブランドを立ち上げてショップを開く場合、すべての年齢層と性別を対象として経営することは非常に難しいでしょう。

開業の前にコンセプトを決めることで、どのような商品をどの層に向けて販売するかが決まるため、おのずとブランドイメージも固まってきます。

事前にアパレルブランドのイメージを決めておくことは、アパレルショップの開業を成功させるためのポイントの一つです。

 

2.コンセプトを決める方法

 

アパレルショップのコンセプトを決める場合、まず4つの項目について考えます。

 

①販売する商品

もちろん、アパレルショップを開業するので衣料品販売することになるでしょう。

販売する衣料品の中でもコンセプトを設定するためには

・単価はどれくらいに設定するのか

・カジュアル・フォーマル・古着などのテーマは何にするのか

などと言った、販売する商品の詳細までを絞って設定しておきましょう。

 

②販売する客層は?

商品をどのような客層に向けて販売するかを決めます。

・性別や年齢

・家族構成や収入

・居住地

・古着が好き

・雑誌やテレビは何を見ているのか

など、ターゲットとする客層についてできるだけ細かく設定しておきましょう。

細かく設定しておくことで、開業するブランドイメージの設定がしやすくなります。

 

③販売方法を決めよう

商品の販売は店舗でしますか?

近年では、事業が軌道に乗るまではネットのみでの販売から開始する方も多くいらっしゃいます。

開業時から店舗で販売をする場合は、

・どの地域で

・内外装はどのようにするのか

・決済はカードも利用できるようにするか

・レイアウトはどのような感じにするか

などの大まかなイメージを決めておきましょう。

また、開業の前に、開業予定地の立地について調査をして、内外装にどれくらいの費用をかけるのか、等を決めておくとより良いです。

 

④キャッチコピーは一言で言える?

これまで考えてきたコンセプトを、わかりやすくひとことで言えるようにしましょう。

一言でまとめられない場合は、もう一度誰に何をどのような方法で販売するかを考えなおします。

簡潔で分かりやすいキャッチコピーでなければ、なかなかブランドは定着しないでしょう。

3.開業したアパレルショップ経営を続けるために・・・

アパレルショップを開業した場合、ブランド独自の特徴を持っておくことが大切です。

ブランドらしさを失わないようなコンセプトを決めておきましょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。