こんな時代だからこそ教育で起業を!教育分野で起業はマネタイズが難関?

こんな時代こそ教育で起業!教育分野で起業はマネタイズが難関? 起業のための資金調達 – 教育(塾・スクール・社員研修)
こんな時代だからこそ教育で起業を!教育分野で起業はマネタイズが難関?

新型コロナウイルスの影響で、自宅待機を余儀なくされている小中高校生のための一般企業による無償教材提供が注目を集めています。

例えば、教育大手のベネッセでは、小中高校生向けの学年別ドリル「春の総復習」を無償で郵送するほか、WEBサイトから無償ダウンロードできるようにしました。※無償郵送は現在終了しています。

その他にも、LINEが中高生向けの学習塾が製作した学習動画を無料で配信するなど、ネットを使ったさまざまな学習素材が子供たちの新しい教育基盤となっています。

 教育の大切さが身に染みるいま。教育分野での起業に注目しているひとたちに向けて、教育分野での起業の種類・方法・注意点などをお伝えしたいと思います。

 1.教育分野での起業の種類

ひと昔前であれば、教育分野での起業は学習塾、英会話スクールなど教える場を借りて始めるものがほとんどでした。しかし、いまはインターネットの普及でさまざまなスタイルの企業が可能となっています。

 ①オンライン英会話

スカイプや独自システムを使ってフィリピン人講師などと英会話レッスンができるオンライン英会話。日本では既に10年以上前から存在していますが、実際の利用者はまだ一部のスカイプ利用に抵抗のない層でした。

 しかし、いまでは小さなこどもからネット利用の多いご年配までオンライン英会話は特別なものではなくなっています。

 オンライン英会話は主に①ビジネス英会話コース②日常会話コース③旅行会話コース④こども英会話コース、の4つに分かれ、最近ではこども専用のオンライン英会話スクールも増えています。

 ②学習アプリやサイト

リクルートホールディングスの「受験サプリ」やジャストシステムの「スマイルゼミ」など、大手企業が手掛ける教育系アプリやタブレットを使ったコンテンツは会員数も多く需要も高くなっています。

 特に、今回の新型コロナの影響を受け、自宅学習の大切さが注目を浴びているため、自宅学習用の学習コンテンツは今後も需要が増えるでしょう。

 ③YouTubeでの学習コンテンツの配信

今や、小学校の先生も「学習する内容によっては、YouTubeの方がわかりやすいかも」と納得するほど、YouTubeでの教育の効果は認知されています。

 YouTuberの中には「教育系Youtuber」も登場し、現役医学生のザビエルさんの英単語のが覚え方など、視聴者(10代)はよりじぶんに近いYouTuberを身近に感じて親しみがあるのかもしれません。

 ④昔ながらの学習教室・塾

共働き世帯が増え、小学生や幼児が通う学習系の教室も依然と人気があります。ネット利用の教育には抵抗がある層や「預け先」としての習い事を探している親には助かる存在です。

 ネットと違い実際の学習教室では、先生と生徒とのコミュニケーションがとりやすく、信頼関係が築きやすいのがポイントです。一斉配信するサイトとは違い、個々の生徒に合わせて課題を出せる、質問に答えられるという利点があります。

 2.教育分野で起業するひとの経歴はどんな人が向いている?

教育系分野で起業するひとの多くは、もともと先生や教師をしていた方が多いと思われるでしょう。しかし、必ずしもそうではありません。

 【教育分野で起業するひとの経歴】

  • ①もと小学校、中学校、高校の教師
  • ②もとIT系のエンジニア・プログラマー
  • ③もと別の分野での起業家 

教育系のビジネスは、「教える場所の提供(例、教室、サイト)」と「教える人(例、先生)」と「教えることの中身(例、数学)」の3つで構成されています。ネットがなかった時代は教える場所は実際の空きスペース(テナント)でしたが、ネットの普及で「教える場所」はインターネットの中でできるようになりました。

 「教える場所」がネットの中の場合、もとITエンジニアやプログラマーは教える場所をつくるのが得意な人びとです。そのため、教育系での起業はITと非常に親和性が高いビジネスなのです。

3.教育分野での起業の方法

①ゼロからつくる場合

教育系起業の3要素である「どこで」「何を」「誰が」教えるのか、について考えて紙にまとめてみましょう。大切なポイントとして、誰を相手に教えるかという顧客層の決定もあります。

ネット系の教育ではなく実際の学習教室であれば、まずは自宅を教室にしたお金をかけない起業をおすすめします。軌道に乗ったら、融資を受けて広い教室を借りましょう。

 【経験者が語る】自宅で英会話スクールを開業するための必読マニュアル!

 YouTubeの場合は、比較的すぐに実行できます。課金方法は「アフェリエイト」です。

稼ぐ方法は、当サイトの以下関連記事をぜひご参照ください。

動画制作で沢山稼ぐ!?成功のための4つのポイント

動画制作で楽しく起業!おすすめコンテンツ・起業方法・流れとは?

 教育系アプリを作成する場合は、最初は無料会員で一定期間が過ぎたら有料会員にするのか、などの課金方法を決めてきましょう。いまは無料で使える教育アプリが多いため、競合他社を研究して月額課金を決めるとよいでしょう。

 ②今ある事業から発展させる場合

今すでに何かのビジネスをしていて、教育系のビジネスと親和性が高い場合は、起業での成功率も高くなります。例えば、WEB制作会社がつくる教育系コンテンツや動画制作などであれば、教える場の提供はエンジニアやWEBデザイナーなどが作れますので、あとは教育系の経験者をひっぱってきて配信する中身をつくればいいのです。

 ③すでにある教育サービスを買収する場合

資金力や事業の経験は豊富にあるけれど、教育系ビジネスの経験がない場合。そんな場合はすでにある教育系サービスをM&Aで買い取り、広げていくということもできます。

 5.良い事業なのはわかっているが、マネタイズが難しい

今後ますます、教育の重要性をわたしたちは痛いほど痛感することでしょう。会社も人間の活動で結果が決まり、地球の環境も中にいるわたしたち人間の活動で結果(=状態)が決まるからです。

 教育が不足すれば、それだけ社会は物質的にも精神的にも貧困になっていきます。教育の重要性はわたしたちみんなが知っているところであり、オンライン英会話の最大手の「レアジョブ」は、ベンチャーキャピタルから3億3千万円の資金調達に成功しています。

 教育分野はレアジョブ、ベネッセなどの経験や資金力のある大手企業が良質のサービスを安く提供できるため、必然的に業界内のシェアを独占しています。

 けれども、大手企業以外でも教育系起業で融資に成功する事例はたくさなります。事実、当サイトを運営する株式会社Solabo(ソラボ)では、以下のように英会話スクールを手掛けるMさんの資金調達のお手伝いに成功した事例があります。 

【英会話スクール開業のための融資】創業で800万円融資を受けたMさんの事例

 教育系の起業で融資を受けるには、通常の融資で大切な3要素の①自己資金②経験③事業計画、も大切ですが、③事業計画が最も重要視されることでしょう。美容院や整骨院と同様、教育系ビジネスでも既存の生徒がいてその人たちが引き続き生徒になってくれると確定している場合は、融資に通りやすくなります。

 そのため、現在フランチャイズの塾などの講師をしている方の場合は、いまいる生徒たちが自分の独立後いついてきてくれる場合は資金調達しやすいケースといえるでしょう。

 まとめ

教育系の起業はネットの普及でさまざまな形に変化しています。テナントを使った学習塾以外にも、少ない資金で可能なアプリ開発やサイト運営などでも教育ビジネスは実現可能です。

 ただし、教育系ビジネスはユーザーが中身を吟味しますので、起業で成功するには大手にはない特徴や工夫が必要です。

 

 

 

 

資金調達についてプロに相談する(無料)>
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。