元保育士だからこそできる!保育事業を起業したい

元保育士だからこそできる!保育事業を起業したい 起業のための資金調達 – 教育(塾・スクール・社員研修)
起業 保育士

保育士不足が問題となっている今、「保育士として起業したい」という方がいるのが意外に感じるかもしれません。

しかし、保育士を経験した方でなければ分からない現場の空気を感じれば、世のお母さんや子供を助けたいという気持ちになるのも納得できます。

1.元保育士でなければできない事業がある

保育や子育ては実際に経験しないと分からない点が多くあります。子供ってかわいいし、何が大変なの?という男性は、実際に赤ちゃんや子供と朝から晩まで15時間以上一緒にいればクタクタになることでしょう。

 元保育士の視点を上手に生かし、新たな事業を始められた方をご紹介しましょう。

  •   保育士情報共有サイト「Hoicle(ホイクル)」を立ち上げた雨宮みなみさん

保育の楽しさだけでなく大変さも知った雨宮さん。保育を取り巻く厳しい環境を身をもってしり「このままでいいのか」と自問自答したそうです。保育園は保育園でも、違う園では全く環境が違うことから、保育の安定的な環境作りに貢献したいと保育士情報サイトを立ち上げました。

  •  バーチャル保育園「ほうかご保育園」は元保育士2名が起業

また、元保育士同士が立ち上げた「園舎を持たない保育園」というコンセプトのほうかご保育園は、Web上で親子対象に会費1500円で参加できるバーチャルサロン。子育ての悩みの共有やアドバイスを受けられるだけでなく、実際に科学館などに行ったりゲスト講師を呼んだ企画もある日を「登園日」として設定している。

 2.起業するのに元「〇〇士」という士業は有利

 画像

保育士だけでなく、税理士や弁護士など〇〇士という士業は起業をする上である意味有利です。なぜなら、新しい事業を行う場合に融資を受ける場合でもチラシを作る場合でも「元」〇〇士であるというブランド力を利用できるからです。

 様々な情報が錯そうするネット情報社会の中、「FPが教えるお金の教室」や「現役弁護士が回答するお悩み相談室」など、最初に自分の職業を名乗ることで、その情報の一定の正確性をアピールすることができます。

 3.元保育士が認可外保育園を作ったら?

認可保育園を作るのは自治体の許可を得なければいけないという点と資金が莫大にかかるため、非常にハードルは高いことでしょう。補助金を得るための基準も厳密にあるため、あなたの思い描く園を運営できるかは不確かです。

 しかし、認可外保育園であればどうでしょうか。現在、保育園の運営は社会福祉法人でなくとも株式会社やNPO法人でも可能な法律となっています。また、保育園の規模としてもアパートの一室のように小規模なものでも十分地域の親御さんは助かることでしょう。

 認可外保育園の場合、初期費用が少なくても運営は可能です。年齢が低い子供を預かる場合は、その子たちが小学生になるまでずっと通ってきてくれることでしょう。安定収入にもつながります。

 まとめ

元保育士でなくては分からない気づきや視点は社会の財産です。保育園の経営以外にも、Web媒体の運営や子育て支援サービスなど様々な可能性が元保育士さんの起業には可能性があります。社会貢献となるため、融資の際にも有利になる業種でしょう。

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。