ドッグトレーナーとして開業したい!資格は必要??

ドッグトレーナーとして開業したい!資格は必要?? 起業のための資金調達 – 教育(塾・スクール・社員研修)
ハイタッチするラブラドールレトリーバー

需要が高まる家庭犬のトレーナー!開業に必要な準備を確認しましょう。

ドッグトレーナーと聞くと、一昔前は警察犬や盲導犬など働くワンちゃんのトレーニングという印象がありました。しかし、近年では家庭犬を取り巻く環境もかわり、家庭犬のトレーニングを行うドッグトレーナーさんの需要は増加傾向にあります。 ドッグトレーナーとはどんなお仕事で、開業する場合にはどんな資格が必要なのでしょうか?

1.ドッグトレーナーのお仕事とは

ドッグトレーナーと一言で言ってもそのお仕事は様々な種類があります。

警察犬や盲導犬などお仕事をするワンちゃんたちは、専門のトレーナーさんによるそのお仕事に必要なトレーニングが行われます。

警察犬や盲導犬は専門の訓練士が訓練をします

家庭犬のトレーニングでは、基本的なしつけや問題行動への対処などが主なお仕事になりますが、飼い主さんの意識を変えてもらう必要があるため、飼い主さんとのコミュニケーションも重要です。

(1)家庭犬のドッグトレーナーが扱うこと

家庭犬を対象としたドッグトレーナーさんの場合、主に以下のような内容のトレーニングを扱うことになります。

 

家庭犬トレーナーが主に扱う内容

生徒として通うワンちゃんはパピーちゃんだけではありません。成犬のしつけなども扱えるようにしておく必要があります。

(2)ドッグトレーナーの仕事方法

ドッグトレーナーのお仕事は、場所を設けてトレーニングを行う形と、飼い主さんのもとに出張してトレーニングを行う方法があります。

店舗を構える場合には、一度に複数のワンちゃんのトレーニングを行うことが出来たり、

色々な手法を取ることができるというメリットがあり、出張トレーニングは問題行動の改善など、問題行動が起こる場所で対策を取ることができるというメリットがあります。

2.ドッグトレーナーになるために必要な資格とは

トレーニングをしているワンちゃん

(1)必要な資格

ペットに関する資格は国家資格ではない民間の資格がほとんどです。

ドッグトレーナーもこの資格がないと仕事ができないということはありません。しかし、ワンちゃんのトレーニングを行うために必要な知識やスキルを身に着ける必要がありますので、できれば、スクールなどで基本的な知識の勉強をした方が良いと言えます。

また、資格を取得していることで、飼い主さんからの信用を得ることができます。

ドッグトレーナーの資格の種類

日本ドッグトレーナー協会ではドックトレーナーのライセンスをA~Dまでの4つにわけて取得することが出来ます。

日本ドッグトレーナー協会

とくにフリーで出張トレーニングなどを行う場合には、ライセンスを取得しておくようにしましょう。 

(2)必要な届け出

ドッグトレーナーとして開業する場合、資格の必要はありませんが届け出は必要となります。

ドッグトレーナーとして開業する際には「動物取扱業」の届け出と「動物取扱責任者」の登録が必要です。動物取扱責任者にとして登録が出来る人は下記の要件のいずれかを満たしている必要があります。

動物取扱業として届け出を行う事業で半年以上の実務経験がある

所定の専門学校で1年以上の就学経験がある

所定の資格を取得している 備考

 

所定の専門学校や所定の資格は各自治体によって異なります。開業場所の自治体にお問合せ下さい。

3.開業にはどのくらいの費用がかかる?

ドッグトレーナーで開業する場合、場所を設けて開業するか出張型で開業するかによって費用は大きく異なります。

物件を取得して開業する場合、物件取得費や内外装工事費用、什器備品などが必要です。

ワンちゃんが利用する施設なので、床の素材やエアコンなどにはこだわりを持ちたいところですね。あとは、クレートやケージなどを準備する必要があります。

30万円の物件を賃貸した場合、物件の取得費だけで240万円~420万円程度かかります。

これに内外装工事費や備品等が加わるので、500万円~1,000万円の費用は必要となります。

一方、出張トレーニングの場合には、トレーニングに使う備品類をそろえておけば後は、身体ひとつで始められます。

移動手段として車を準備する場合は、車の購入費用なども必要ですが、毎回、駐車場を探す必要があるというデメリットがあります。ご自身の拠点からどのくらいの範囲までを対象とするかという点を事前に確認しておく必要がありますね。

4.ドッグトレーナーで開業するために日本政策金融公庫から融資を受けるには?

ドッグトレーナーとして開業するために日本政策金融公庫から融資を受けたいという場合、ポイントは「過去の経験」です!

ドッグトレーナーなど技術を売りとする事業の場合、その方がその事業に必要な知識やノウハウをどれだけ持っているかという点がとても重要になります。

過去の経験から、その方の知識だけではなく人脈をアピールすることも出来ます。

すでに、これだけの顧客が居て、独立後に利用してくれる方がこれだけいますという点を上手にアピールしましょう。

―出張型のトレーニングでも融資は可能?-

物件等を持たない出張型のトレーニングを行う場合、設備資金などの融資は難しいのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、事業に必要な費用は設備だけではありません。

広告宣伝のための費用やドッグトレーナーとして必要となる備品類に準備などで費用が必要なこともありますよね。事業に必要な融資であれば申し込むことは可能です。何にどれだけ費用が必要かをしっかりとまとめておきましょう。

まとめ

ペットとのライフスタイルが変化している昨今、家庭犬のトレーナーさんの需要は高まっています。トレーナーとしての資格も取得しつつ独立開業のサポートをしてくれる学校なども多く存在します。ドッグトレーナーになるためには、まず第一に「ワンちゃんが大好き」という気持ちが大切です。人とワンちゃんがお互いにストレスなく生活していくためにもドッグトレーナーという仕事はとても重要ではないでしょうか?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。