行政書士の開業って難しいの?

行政書士の開業って難しいの? 起業のための資金調達 – コンサル・士業
行政書士のイメージ画像

開業に必要なことをチェック!

行政書士が個人で開業し成功させるのは難しいという声をよく聞きます。 実務的な事務所運営のスキルや長い準備期間、戦略が必要なため、安定した収入を得ることが出来るようになるのは難易度が高く感じられるかもしれません。 しかし、世間では行政書士への需要も高く、多くの場面で行政書士の力が求められています。行政書士としての道を志し、資格を取得したのであれば、ぜひ独立をして事務所を開業しましょう。 今回は、行政書士として開業したい方のために、個人で開業するために必要なことを説明していこうと思います。

1.行政書士の開業手順

行政書士 開業は難しい 図1

まず、実際に行政書士として開業するために必要となる手順の大まかな流れについて説明します。

(1)開業資金の獲得

事務所を開業するにあたって、まず考えなければならないのは開業資金をどのように集めるかということです。

行政書士の場合は行政書士会への登録に約30万円かかる上に、事務所を運営・維持するための必要経費もかかることから、合計で約50万円~100万円ほど用意しておくようにしましょう。なお、事務所の賃料を抑えるために自宅を事務所として活用することも出来ます。

開業したからといってすぐに仕事を得られるということはありません。始めのうちは思うように収入を得る事ができずに、赤字が続く可能性が高いです。そのためにも、前もって開業資金をしっかりと用意しておく必要があります。

行政による創業者を支援する目的で補助金や低金利の融資も用意されております。これらの制度を使うと開業するにあたって大きな助けとなります。

(2)行政書士の開業のための手続きの流れ

開業資金を用意出来たら、開業のための手続きを行います。まず、自分の事務所の立地と事務所の名前を決めます。次に、行政書士会への登録申請を行うための書類を準備します。行政書士会は各都道府県にありますので、事務所のある都道府県の行政書士会へ申請します。

次に、事務所の開業を周囲に知らせるために名刺や開業挨拶状、ホームページを作成しておきます。そして、行政書士会へ登録申請をしたら、登録証授与式に参加をします。

最後に、開業届を税務署に提出すれば完了です。

 

2.行政書士の開業を成功させるためのコツ

行政書士 開業は難しい 図2

行政書士として開業しても、すぐには仕事が見つからずに安定した収入を得るのに苦労するかと思います。

そこで、行政書士の開業後、なるべく早く事務所を軌道に乗せるためのコツを説明していきます。

(1)広告活動に力を入れる

開業したばかりの行政書士の場合、はじめから多くの顧客を抱えているということはほとんどありません。顧客を得るためには、広告を活かして宣伝をしていくことで事務所の知名度を上げる必要があります。

しかし、ただやみくもに宣伝すればよいという訳ではありません。広告の使い方にも注意が必要です。

例えば、多くの事務所はホームページを作って、宣伝しておりますが、しっかりとSEO(サーチエンジン最適化)対策をしておかないと、ネットで検索しても上位に表示されないため、思うように知名度が伸びません。ホームページの閲覧者を増やして知名度を上げたいのでしたら、WEBマーケティングも意識すると良いでしょう。

(2)自分の専門分野を作って他と差別化を図る

行政書士が対応することが出来る分野が幅広い反面、自分の専門分野を明確にしておかなければ顧客が集まりにくくなります。

そのため、他の多くの行政書士の中から自分の事務所を選んでもらえるように、自分が自信のある分野を専門分野として掲げましょう。

例えば、建築や相続、著作権、会社法といった分野が行政書士の専門分野として多いです。また、複数の分野を組み合わせて差別化を図っていくのも有効です。

 

まとめ

多くの行政書士の資格保持者にとって、独立して自分の事務所を持つことは憧れです。しかし、実際に開業して成功するには多くの土台や工夫が必要なため、並大抵のことではありません。

まず、事務所を開業するにしても開業資金や複雑な手続きが必要です。

また開業後も、まずは仕事を取ってこなければいけません。そのためには、自分の事務所の知名度を上げるために宣伝活動を工夫しなければなりません。

しかし、これらの項目をしっかりと行っていれば開業の成功も夢ではありません。一定数の顧客を集めることが出来れば、安定した収入を維持することが出来ます。

これから行政書士としての開業を考えている方は是非この機会に、自分の開業を成功させるためにもう一度必要なことを確認してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
【プロフィール】
平成22年04月 資格の学校TAC入社、財務諸表論講座講師を5年間務める
平成24年04月 税理士事務所で勤務
平成24年08月 個人で融資サポート業務をスタート
平成27年12月 株式会社SoLabo設立
現在までの融資実績は1600件以上

【書籍】
『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』(幻冬舎)

【運営サイト】
資金調達ノート » https://start-note.com/
創業融資ガイド » https://jfc-guide.com/
inQup     » https://inqup.com/

【 動画で確認! 】株式会社SoLabo代表 田原がチバテレビに出演しました。